健康情報ニュース.com >  健康食品  > 行政・政治 > 機能性表示食品の認知度「3割」に~愛知県が調査
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

機能性表示食品の認知度「3割」に~愛知県が調査

<健康食品のトラブル、6.4%が「経験あり」>

 保健機能食品制度について言葉も内容も知っている人は特定保健用食品(トクホ)で約6割、機能性表示食品で約3割に上ることが、愛知県が11日に発表した「健康食品と保健機能食品等に関するアンケート調査」からわかった。一方、いわゆる健康食品では機能性を表示できないことを知っている人は約4割にとどまった。

 調査は7月19日~8月18日の期間、愛知県消費生活モニター197人(回答者数174人)を対象に、郵送とインターネットにより実施。保健機能食品の各制度について、言葉と内容を知っているかどうかを聞いたところ、「言葉も内容も良く知っている」と回答した人は、トクホが10.9%、栄養機能食品と機能性表示食品がそれぞれ7.5%だった。「言葉は知っており、内容は何となく知っている」は、トクホが49.4%、栄養機能食品が32.8%、機能性表示食品が21.8%だった。

 これらを合わせると、消費者の認知度はトクホが約6割、栄養機能食品が約4割、機能性表示食品が約3割に達した。

 また、健康食品の購入・摂取にともなうトラブル経験については、「トラブルはない」が93.6%、「ある」が6.4%を占めた。「ある」と回答した人のトラブル内容を見ると、「酵素関係の商品摂取でお腹をこわした」、「ある商品を摂取したら手、足、顔、目の周り、眉に発疹が出た」、「お試しで購入したら、その後、定期コースへの勧誘の電話やダイレクトメールが頻繁に来た」などがある。

 食品を購入する際にとくに注意している点についても調査した。その結果、「期限表示(消費期限・賞味期限)」がもっとも多く、次に「生産地名(原産国名)」、「食品添加物」、「価格」、「原材料名」、「遺伝子組み換え食品の表示」、「製造者・販売者の信頼性」の順。「アレルギー物質の表示」や「栄養成分に関する表示」に注意を寄せている人は少数にとどまった。

おススメ記事

2018年05月25日

【6/1】農水省、日本農林規格調査会(第1回)

 農林水産省は6月1日、「日本農林規格調査会(2018年度第1回)」を同省本館(東京都千代田区)で開催する。  議題はJAS制度の今後の展開、試験方法分科会報告など。傍聴人数は30人程度を予定している。

カネボウ化粧品、美容液『カネボウ リフト セラム』を発売

 (株)カネボウ化粧品(本社:東京都中央区、村上由泰社長)は9月7日、美容液『カネボウ リフト セラム』(医薬部外品)と『カネボウ AW マッサージ クリーム』を新発売する。  『カネボウ リフト セラム』は、年齢を重ね […]

森永乳業、タニタ食堂監修のパンナコッタ風プリン発売

 森永乳業(株)(本社:東京都港区、宮原道夫社長、TEL:0120-369-744)は6月5日、(株)タニタ(本社:東京都板橋区、谷田千里社長)とコラボレーションした『タニタ食堂監修のデザート パンナコッタ風プリン ベリ […]

オーストラリア、医薬品成分を含む健康食品で注意喚起

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は24日、オーストラリア保健省薬品・医薬品行政局(TGA)が医薬品成分を含む健康食品『Hypnotic poisom capsules』について、国民へ注意喚起を行ったことを公表した。 […]

ノエビア、有胞子性乳酸菌のサプリメント発売

 (株)ノエビア(本社:東京都港区、海田安夫社長、TEL:0120-401-001)は7月5日、有胞子性乳産菌を配合したサプリメント『ノエビア 乳酸菌 BC』(1.5g×30包)を全国の販売店と通信販売で発売する。  有 […]