健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > ASCON、機能性表示食品で意見交換会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月10日

ASCON、機能性表示食品で意見交換会

<「合剤の科学的根拠が不明確」と問題視>

 (一社)消費者市民社会をつくる会(ASCON、阿南久理事長)は10日、「ASCON科学者委員会報告と意見交換会~機能性表示食品制度の現状と課題~」を都内で開催し、機能性表示食品制度をめぐる問題をテーマに議論した。

きょう(10日)開催されたASCONの意見交換会の様子

 ASCON科学者委員会副委員長の鈴木勝士氏は、被験者の成人年齢について消費者庁の運用が柔軟なことを受けて、「今後は18、19歳の被験者が少数含まれているケースでは、合理的な理由がある場合には例外的に扱う」との考え方を示した。この結果、従来は「見解不一致」としていた10件で適合性の一致を見たと報告した。

 また、「見解不一致」となった事例として、複数の機能性関与成分を配合した商品による届出を挙げた。鈴木氏は、複数の機能性関与成分を配合する理由や、合剤にした場合の作用が不明確な点を問題視した。科学的根拠をベースに据えた制度であることから、「論文の用量と実際の商品の用量に違いがあったり、複数の機能性関与成分の配合理由が不明確であったりする届出は、科学的に受け入れられない」と話した。 

 機能性表示食品をテーマとするパネルディスカッションも行われた。パネリストとして、消費者庁食品表示企画課の赤﨑暢彦課長、消費生活コンサルタントの森田満樹氏、(一社)健康食品産業協議会の木村毅会長、(株)グローバルニュートリショングループの武田猛代表が参加。コーディネーターは消費者市民社会をつくる会の阿南久理事長が務めた。

 消費者庁の赤﨑課長は、「機能性表示食品制度はポテンシャルが高く、消費者の身近なものになっている。消費者の信頼を確保しながら制度の改善を図る。今日の鈴木氏や阿南氏の指摘も踏まえて取り組む」と述べた。また、機能性関与成分検討会の結論を踏まえた取り組みについて、「今年度中にある程度かたちにして、体制整備をにらみながら施行に結び付けていく。糖質・糖類とエキス等の2つの課題があるが、場合によってはそれぞれの施行時期を切り離すことも念頭に置いている」と説明した。

【木村 祐作】

おススメ記事

消費者庁、SAKLIKITに景表法に基づく措置命令

 下着を着用するだけで、短期間に著しい痩身効果を得られると誤認させる広告を行ったとして、消費者庁は14日、(株)SAKLIKIT(大阪市中央区、安井由佳代表)に対し、景品表示法に基づく措置命令を出した。  同社は自社のウ […]

2017年12月14日

【2018/2/5】愛媛県が食品表示・安全講習会

 愛媛県は来年2月5日、食品表示・安全に関する講習会をテクノプラザ愛媛テクノホール(愛媛県松山市)で開催する。定員200人、参加費は無料。  プログラムは、県からの情報提供「食べ物の安全性について~リスクとうまく付き合う […]

鹿児島くみあい食品、賞味期限切れの漬物を自主回収

 (一財)食品産業センターの食品事故情報告知ネットは13日、鹿児島くみあい食品(株)による漬物の自主回収情報を掲載した。  今月9日に開催されたイベントの「屋外特設テント」で、賞味期限が切れた『寒干し かつお風味たくあん […]

2017年12月14日

大塚製薬、コーポレートサイトを刷新

 大塚製薬(株)は13日、使いやすさと見やすさを向上させるため、コーポレートサイトを全面リニューアルしたと発表した。  レスポンシブウェブデザインを採用し、パソコンやスマートフォン、タブレットなど多様なデバイスの画面サイ […]

島根県、若者のマルチ商法被害で注意喚起

 島根県消費者センターは13日、若者の間でマルチ商法による被害が広がっていることを受けて、「親しい間柄でもはっきりと断る」ことが必要とする注意喚起を行った。  相談事例として、20代の女性が大学時代の先輩に勧められて、浄 […]