健康情報ニュース.com >  健康食品  > 企業 > ビルベリーエキスが価格高騰、天候不順に円安が追い討ち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月03日

ビルベリーエキスが価格高騰、天候不順に円安が追い討ち

 ビルベリーエキスの価格高騰が取り沙汰されている。原因は、欧州全域を襲った異常気象による冷夏と円安。原料果実の収穫は今期、8月中旬に開始され9月上旬までと短期で終了したとされ、原料である果実ベース(ユーロ建て)で約2倍近くの高値となっている。これにともない、エキスの価格は今年から来年にかけて高騰が予想される。複数の原料サプライヤーが危機感を募らせている。

 欧州は冷夏の影響を受けて果実が損壊するなどし、スウェーデンの一部を除く欧州全域で8割減という供給難に陥っているという。これに2011年以来の円安が追い討ちをかけた(1ユーロ131.35円、17年9月現在)。都内の原料会社は、「ビルベリーエキスの価格は円建てで、06年以来の高値に達した」と話す。別の原料サプライヤーは「値上げ幅は過去最大になるだろう」と予想している。

 欧州を視察した原料会社では、「5月に降雪する地域があるなど、異常気象により収穫はすべての地域で2週間の遅れが発生した。また、冷夏に加えて予想よりも早い秋の到来が確認され、“収穫時期が遅い”という状況ではなく、“収穫期間が短い”“収穫を断念した”という状況が確認された」と話している。「例えば、ウクライナやロシアで1,000トン規模を収穫しているある事業者はわずか5トンしか集められず、ヨーロッパ全体の収穫数量としては過去30年間で最も少ないのではないか」とにらむ。「北欧では活発な国内需要ファーストで、エキス原料向け果実は市場に乏しい」という。

【田代 宏】

おススメ記事

消費者庁、ジャパンライフに4度目の行政処分

<4度にわたる違反、「前例がない」>  家庭用永久磁石磁気治療器の連鎖販売取引と預託等取引契約を行うジャパンライフ(株)(本社:東京都千代田区、山口ひろみ社長)に対し、消費者庁は15日、異例となる4度目の行政処分を行った […]

2017年12月15日

【2018/1/27】秋田県、スポーツ選手の栄養をテーマに講演会

 秋田県教育委員会は来年1月27日、運動部活動サポート事業「食で創るスポーツ選手の育成講演会」を湯沢文化会館(秋田県湯沢市)で開催する。  香川栄養学園女子栄養大学の上西一弘教授による講演「スポーツ選手への栄養サポート~ […]

瀧川オブラートが製品回収

 (一財)食品産業センターの食品事故情報告知ネットは14日、瀧川オブラート(株)(愛知県新城市)による製品の自主回収情報を掲載した。  自主回収の対象商品は、オブラートに可食インクでデザインを施し、食品にイラストをプリン […]

雪印メグミルク、ビタミンC補給の果汁飲料発売

 雪印メグミルク(株)(本社:東京都新宿区、西尾啓治社長、TEL:0120-301-369)は26日、果汁飲料『Dole Winter Yellow』(450ml)を新発売する。  グレープフルーツ・オレンジ・レモンを使 […]

大分県、「健康寿命日本一おうえん企業」にオハヨー乳業

 大分県は14日、県が推進している「健康寿命日本一おうえん企業」に、新たにオハヨー乳業(株)(本社:岡山市中区、野津基弘社長)が加わったと発表した。同おうえん企業は66件となった。  同おうえん企業とは、「大分県民の健康 […]