健康情報ニュース.com >  その他関連情報  > 行政・政治 > 糖尿病が強く疑われる人、過去最多の1,000万人に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

糖尿病が強く疑われる人、過去最多の1,000万人に

<高齢女性の「低栄養」も増加傾向>

 「糖尿病が強く疑われる者」が全国で過去最多の約1,000万人に上ることが21日、厚生労働省の調査結果からわかった。

 2016年国民健康・栄養調査の結果によると、「糖尿病が強く疑われる者」は約1,000万人と推計され、1997年から増加が続いている。「糖尿病の可能性を否定できない者」も約1,000万人と推計され、有病者と予備群を合わせると2,000万人の規模に達する。「糖尿病が強く疑われる者」で治療中の人の割合は76.6%だった。

 身体の状況を見ると、「やせ」の割合は男性が4.4%、女性が11.6%で、女性は増加傾向にある。とくに20代女性の「やせ」は20.7%を占めている。  

 また、65歳以上の高齢者の「低栄養傾向の者」は17.9%。男性が12.8%、女性が22%で、女性で増加していることがわかった。

おススメ記事

2017年10月20日

ヤクルト本社、『リベシィ』がパッケージコンテストで受賞

 (株)ヤクルト本社(本社:東京都港区、根岸孝成社長)は20日、基礎化粧品シリーズ『リベシィ』が、日本包装技術協会主催の「2017日本パッケージングコンテスト」で化粧品包装部門賞を受賞したと発表した。  同シリーズは、加 […]

2017年10月20日

インフォームドチョイス、日本新薬が認証取得

 (有)バイオヘルスリサーチリミテッド(東京都文京区、池田秀子社長)は20日、日本新薬(株)(京都市南区)がサプリメントのアンチ・ドーピング認証である「インフォームドチョイス認証」を取得したと発表した。  認証された『W […]

2017年10月20日

協和、「葛の花」機能性表示食品の広告で謝罪

 (株)協和(本社:東京都新宿区、堀内泰司代表)は20日、機能性表示食品のサプリメントを摂取するだけで痩身効果が得られると誤認させるような表示を行っていたとして、全国紙に謝罪広告を掲載した。  同社は、葛の花由来イソフラ […]

東京都の物産展で「賞味期限切れ」の甘酒を販売

 東京都と全国地方新聞社連合会が共同で開催している「都庁展望室 日本全国物産展」で販売した『酒蔵仕込みのあま酒』(製造元:下関酒造(株))の一部に、賞味期限切れの商品が含まれていたことを受けて、都庁展望室日本全国物産展事 […]

豪州、健康食品から発がん性成分を検出

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は19日、オーストラリアTGAが発がん性の恐れがある成分を含む健康食品について注意喚起を行ったと発表した。  健康食品『Jimpness Beauty Fat Loss capsule […]