健康情報ニュース.com >  健康食品  > 行政・政治 > 厚労省、プエラリア・ミリフィカ対策を近日中に通知へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厚労省、プエラリア・ミリフィカ対策を近日中に通知へ

<指導内容を守れない場合、販売中止を求める方針>

 プエラリア・ミリフィカを含む健康食品の安全性確保に向けて、厚生労働省は21日、薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会(分科会長:村田勝敬氏)に、事業者に対して製造管理の見直しなどを求める対応策を報告した。近日中に自治体や関係団体へ通知し、指導内容の周知徹底を指示する。順守できない事業者には、販売中止を含む対応を取る方針だ。

きょう(21日)開かれた食品衛生分科会

 製造管理の見直しでは、原材料の安全性管理を含む全製造工程で品質を確保するとともに、文献調査によって原材料の安全性情報を収集するように指導する。活性成分の分析も求める。

 消費者への情報提供の拡充では、「1日摂取目安量」、「健康被害の発生が知られていること」、「妊娠中・授乳中の方、初経前の方、基礎疾患、医薬品を服用している方などは摂取を控えること」を表示するように指導する。事業者は商品パッケージやホームページなどで、これらの内容を表示することになる。

 健康被害情報の収集・報告についても対応策を講じる。事業者に対し、消費者からの体調不良に関する相談を受け付けて、行政へ報告することを求める。厚労省の担当官は、「国が聞き取る項目を示して、それに従って事業者には消費者から聞き取ってもらう」(食品基準審査課)と述べた。

 出席した委員からは「食品安全委員会にリスク評価を依頼しないのか」、「当面の対策としてはよいが、フォローアップしないと今後も健康被害が出る」といった質問や意見が寄せられた。これに対し、厚労省は「通知に基づく行政指導が順守されていないことがわかったため、まずは再徹底を求めたい」(同)と説明した。

 自治体を通じて実施したプエラリア・ミリフィカに関する調査の結果、製品仕様書を作成していない事業者や、製品知識を保有していない事業者が散見された。さらに、製造工程で健康食品GMPを順守していないケースが19%、活性成分の定量を実施していないケースが56%に上るなど、ずさんな品質管理が行われている状況も浮かび上がった。

 

<食品衛生法改正の論点も議論>

 この日の会合では、厚労省の「食品衛生法改正懇談会」で検討中の食品衛生法改正の論点も議論した。

 健康食品の製造管理のあり方をめぐり、「安全性の担保が第1であり、まずはサプリメント形状などの(規制するための)理屈を立てやすいものから規制に乗せていくことが必要」との意見が出た。

 また、健康食品による健康被害情報の収集体制の構築については、「医薬品との相互作用による健康被害も多く、薬局からの情報収集を充実させる必要がある」との声が聞かれた。

【木村 祐作】

おススメ記事

瀧川オブラートが製品回収

 (一財)食品産業センターの食品事故情報告知ネットは14日、瀧川オブラート(株)(愛知県新城市)による製品の自主回収情報を掲載した。  自主回収の対象商品は、オブラートに可食インクでデザインを施し、食品にイラストをプリン […]

雪印メグミルク、ビタミンC補給の果汁飲料発売

 雪印メグミルク(株)(本社:東京都新宿区、西尾啓治社長、TEL:0120-301-369)は26日、果汁飲料『Dole Winter Yellow』(450ml)を新発売する。  グレープフルーツ・オレンジ・レモンを使 […]

大分県、「健康寿命日本一おうえん企業」にオハヨー乳業

 大分県は14日、県が推進している「健康寿命日本一おうえん企業」に、新たにオハヨー乳業(株)(本社:岡山市中区、野津基弘社長)が加わったと発表した。同おうえん企業は66件となった。  同おうえん企業とは、「大分県民の健康 […]

アイセイ薬局と東急スポーツオアシス、健康情報の相互提供を開始

 (株)アイセイ薬局(本社:東京都千代田区、藤井江美社長)はこのほど、総合フィットネスクラブを運営する(株)東急スポーツオアシス(本社:東京都港区)と、健康維持・増進に関する情報コンテンツの相互提供を開始した。  アイセ […]

カナダ保健省、Robert社製品の不使用を勧告

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は14日、Robert Lamberton Consulting社がインターネット通販で販売する全ての製品について、使用しないように勧告した。  カナダ保健省は、同社の健康食品で医薬品 […]