健康情報ニュース.com >  健康食品  > 学術 > 第3回ヒアルロン酸機能性研究会に130人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年09月15日

第3回ヒアルロン酸機能性研究会に130人

14 日に開かれたヒアルロン酸機能性研究会

 ヒアルロン酸機能性研究会(矢澤一良会長)は14日、第3回学術大会を日比谷コンベンションホール(東京都千代田区)で開催した。130人を超える関係者が詰めかけた。

 研究会の副会長で、東京農工大学農学部の野村義宏教授は、「ヒアルロン酸の活用」と題して講演。過去5年間にパブメドで公表されたヒアルロン酸関係の文献について、医学・化粧品・サプリメント・食品関連でそれぞれ393・118・11・52件だったと紹介した。

 抄録・引用文献データベース「Scopus」では、医薬分野725件、化粧品分野560件、食品分野292件だったとし、食品分野におけるヒアルロン酸の注目度は国際的に高いと評価した。同氏は、ヒアルロン酸の利用に関する可能性として、「医療分野では医療用基材としての開発、化粧品分野では浸透型ヒアルロン酸、食品分野では高吸収性ヒアルロン酸として期待できる」と話した。また、「新素材の提供があってほしい」とし、「ベースはヒアルロン酸で、例えばプロテオグリカンなどの他素材をプラスすれば、腸管吸収力が上がる」と述べた。

 キユーピー(株)研究開発本部の木村守氏は、「経口摂取ヒアルロン酸の消化管内動態と吸収評価」と題して講演。食べたヒアルロン酸が体内に吸収されるかどうかについて、インビトロとインビボによる研究成果を発表。「ヒアルロン酸は盲腸内容物によって分解されることで吸収され、血中移行と皮膚移行を通じて全身の組織まで行きわたる」とした。ヒト試験では「吸収されるほど水分が増加することがわかった」(同氏)と報告した。

 このほか、大阪市立大学医学部疲労医学講座・特任教授の梶本修身氏が「疲労低減・回復の機能性表示に向けた健康食品の開発研究について」、(一財)日本食品分析センター試験研究部の小泉慶子氏が「ヒアルロン酸定量の課題と加工品中の定量方法」をテーマに講演するなど、興味深い演題が続いた。

【田代 宏】

おススメ記事

2018年05月25日

【6/1】農水省、日本農林規格調査会(第1回)

 農林水産省は6月1日、「日本農林規格調査会(2018年度第1回)」を同省本館(東京都千代田区)で開催する。  議題はJAS制度の今後の展開、試験方法分科会報告など。傍聴人数は30人程度を予定している。

カネボウ化粧品、美容液『カネボウ リフト セラム』を発売

 (株)カネボウ化粧品(本社:東京都中央区、村上由泰社長)は9月7日、美容液『カネボウ リフト セラム』(医薬部外品)と『カネボウ AW マッサージ クリーム』を新発売する。  『カネボウ リフト セラム』は、年齢を重ね […]

森永乳業、タニタ食堂監修のパンナコッタ風プリン発売

 森永乳業(株)(本社:東京都港区、宮原道夫社長、TEL:0120-369-744)は6月5日、(株)タニタ(本社:東京都板橋区、谷田千里社長)とコラボレーションした『タニタ食堂監修のデザート パンナコッタ風プリン ベリ […]

オーストラリア、医薬品成分を含む健康食品で注意喚起

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は24日、オーストラリア保健省薬品・医薬品行政局(TGA)が医薬品成分を含む健康食品『Hypnotic poisom capsules』について、国民へ注意喚起を行ったことを公表した。 […]

ノエビア、有胞子性乳酸菌のサプリメント発売

 (株)ノエビア(本社:東京都港区、海田安夫社長、TEL:0120-401-001)は7月5日、有胞子性乳産菌を配合したサプリメント『ノエビア 乳酸菌 BC』(1.5g×30包)を全国の販売店と通信販売で発売する。  有 […]