健康情報ニュース.com >  介護・病者用食品  > 行政・政治 > 消費者庁、「経口補給液」「熱中症対策」など法違反の恐れ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者庁、「経口補給液」「熱中症対策」など法違反の恐れ

<事務連絡で都道府県などに周知を指示>

 「脱水時」などと表示した清涼飲料水の問題を受けて、消費者庁は31日、国の許可を受けた特別用途食品と誤認されるような表示を行った場合、健康増進法に違反する恐れがあるとし、都道府県などに対して関連業者に周知するよう指示した。

 食品表示企画課長名の事務連絡「特別用途食品と誤認されるおそれのある表示について(周知)」を発信。そのなかで、「経口補水液」の名称とともに、「脱水時」や「熱中症対策」などと、あたかも脱水症状の人を対象とした病者用食品であるかのような表示を行う清涼飲料水が見られると指摘。そうした商品のなかには、脱水でない状態で大量摂取した場合に、ナトリウムの過剰摂取につながる可能性もあると懸念している。

 消費者庁は都道府県などに対し、「経口補水液」、またはこれに類する表示を行うためには特別用途食品の許可が必要であることを周知するように指示。また、「熱中症対策」と標ぼうして、清涼飲料水と特別用途食品を同一の棚に陳列することなどによって、消費者に誤認を与えるような場合は、健康増進法(第31条第1項)に違反する恐れがあることなどについても、周知徹底を求めている。

【木村 祐作】

おススメ記事

農水省、β-クリプトキサンチンの定量法で意見募集

 農水省はこのほど、「ウンシュウミカン中のβ-クリプトキサンチンの定量――高速液体クロマトグラフ法の日本農林規格(案)」について、パブリック・コメントの募集を開始した。2月15日に締め切る。

カゴメと産総研、オープンイノベーションに向け始動

 カゴメ(株)(本社:名古屋市中区、寺田直行社長)と(国研)産業技術総合研究所(産総研)は18日、昨年10月1日付で締結した包括的共同研究契約に基づき、共同研究活動を本格的にスタートさせると発表した。  カゴメは産総研生 […]

2018年01月19日

「葛の花」事件で9社に課徴金納付命令~消費者庁

<課徴金額はステップワールドの4,893万円がトップ>  消費者庁は19日、葛の花由来イソフラボンを配合した機能性表示食品の広告で、事実と異なる痩身効果を標ぼうしていた販売会社9社に対し、景品表示法に基づく課徴金納付命令 […]

データ・マックス新年会、130人の業界関係者が参加

 (株)データ・マックスは18日、「データ・マックス新年会」を都内ホテルで開催した。ヘルスケア業界を中心とする130人の業界関係者が参加。懇親会のほか、国際政治経済学者の浜田和幸氏によるセミナーも行われた。  浜田氏は「 […]

東京都、不適正計量商品の割合 過去10年で最高

 東京都計量検定所は18日、年末期の商品量目立入検査結果を発表した。検査対象となったスーパーなどの158事業所中、不適正商品率が5%を超える事業所は23件(14.6%)、対象商品6,674点のうちラベル不適正商品は150 […]