健康情報ニュース.com >  介護・病者用食品  > 行政・政治 > 消費者庁、「経口補給液」「熱中症対策」など法違反の恐れ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者庁、「経口補給液」「熱中症対策」など法違反の恐れ

<事務連絡で都道府県などに周知を指示>

 「脱水時」などと表示した清涼飲料水の問題を受けて、消費者庁は31日、国の許可を受けた特別用途食品と誤認されるような表示を行った場合、健康増進法に違反する恐れがあるとし、都道府県などに対して関連業者に周知するよう指示した。

 食品表示企画課長名の事務連絡「特別用途食品と誤認されるおそれのある表示について(周知)」を発信。そのなかで、「経口補水液」の名称とともに、「脱水時」や「熱中症対策」などと、あたかも脱水症状の人を対象とした病者用食品であるかのような表示を行う清涼飲料水が見られると指摘。そうした商品のなかには、脱水でない状態で大量摂取した場合に、ナトリウムの過剰摂取につながる可能性もあると懸念している。

 消費者庁は都道府県などに対し、「経口補水液」、またはこれに類する表示を行うためには特別用途食品の許可が必要であることを周知するように指示。また、「熱中症対策」と標ぼうして、清涼飲料水と特別用途食品を同一の棚に陳列することなどによって、消費者に誤認を与えるような場合は、健康増進法(第31条第1項)に違反する恐れがあることなどについても、周知徹底を求めている。

【木村 祐作】

おススメ記事

森永乳業、国連「グローバル・コンパクト」に署名

 森永乳業(株)(本社:東京都港区、宮原道夫社長)は26日、CSRの取り組みを推進するため、「国連グローバル・コンパクト(UNGC)」に署名したと発表した。  UNGCは、各企業・団体が社会の一員として行動し、持続可能な […]

テモナ、IT導入支援事業者に2年連続で認定

 サブスクリプションビジネス支援サービスを提供するテモナ(株)(本社:東京都渋谷区、佐川隼人社長、TEL:03-6635-6452)は25日、経済産業省のIT導入支援事業で、IT導入支援事業者に認定されたと発表した。これ […]

国内EC市場、16.5兆円市場に成長

 国内の消費者向け電子商取引(BtoC-EC)の市場規模が16兆5,054億円(前年比9.1%増)に拡大したことが、経済産業省が26日に発表した電子商取引に関する市場調査の結果からわかった。  物販系分野では「衣類・服飾 […]

モンテール、コラーゲン入りケーキを期間限定発売

 洋生菓子を製造・販売する(株)モンテール(本社:東京都足立区、鈴木徹哉代表、TEL:0120-46-8823)は5月9~13日までの期間限定で、コラーゲン入りスイーツ『母の日ストロベリーケーキ』を発売する。コラーゲンを […]

トマト減塩食が減塩評価指標を改善

 カゴメ(株)(本社:名古屋市中区、寺田直行社長)は25日、女子栄養大学との共同研究により、トマト減塩食を摂取することで、減塩効果指標(尿中ナトリウム/カリウム比)が大幅に改善することを確認したと発表した。  試験は、健 […]