健康情報ニュース.com >  その他関連情報  > 学術 > 記憶を思い出すための神経回路を解明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記憶を思い出すための神経回路を解明

 理化学研究所(理研)脳科学総合研究センター理研-MIT神経回路遺伝学研究センター・利根川進センター長らの研究チームは18日、マウスを用いた実験により、脳の海馬支脚を経由する神経回路が、記憶の想起に重要な役割を果たすことを突き止めたと発表した。研究成果は米国の科学雑誌『Cell』オンライン版に掲載された。

 研究チームは、緑色光照射によって、背側海馬支脚の細胞を特異的に制御できる遺伝子改変マウス(dSub-eArchマウス)を作製。背側海馬支脚の細胞が、記憶の書き込みや想起にどのような役割を果たしているのかを調べた。

 特定の箱にマウスを入れて、足に軽い電気ショックを与えると、マウスは怖い体験の記憶を形成し、翌日同じ箱に入れられるとすくむようになった。ところが、dSub-eArchマウスを用いた同様のテストでは、背側海馬支脚の細胞の働きを緑色光で抑制すると、マウスはすくまなかった。一方、背側海馬支脚細胞のうち、乳頭体へつながっている細胞群を緑色光で抑制しても、記憶の形成や想起に影響はなかった。

 このことから、背側海馬支脚の細胞のうち、内側嗅内皮質の第5層につながっている細胞群が、記憶の想起に重要な役割を果たすことがわかったとしている。

おススメ記事

2018年02月23日

自然食品店探訪~サンピュア~

<顧客が毎日通う店に>  自然食品店として創業40年の歴史を持つ「サンピュア」(東京都江戸川区、経営元:(株)サンピュア、坂本卓男代表)。この10年間、自然食品の店舗を取り巻く環境は厳しく、近隣のライバル店が消えていった […]

2018年02月23日

【3/3】健康食品に関するリスクコミュニケーション

 消費者庁は3月3日、(一社)日本食品安全協会、徳島県庁と連携して、健康食品に関するリスクコミュニケーション「健康食品との賢い付き合い方~健康食品と健康食品管理士の役割~」を徳島大学長井記念ホール(徳島市庄町)で開催する […]

2018年02月23日

リパミン広報センター、PSの最新動向を紹介

 リパミン広報センター(DKSHジャパン、ビーエイチエヌ、ヘルシーナビ)は22日、健康食品素材「ホスファチジルセリン(PS)」に関するセミナーを都内で開催した。60人を超える関係者が参加した。  Increnovo社(米 […]

2018年02月23日

中日本カプセル、通販ルート好調で前年比6%増

 中日本カプセル(株)(本社:岐阜県大垣市、山中利恭社長)の2017年10月期の売上高は前年比6%増となった。テレビ通販とネット通販向けの伸びが顕著で、インバウンド向けも「専売品として継続している製品は好調」としている。 […]

消費者庁、規格基準型トクホ1件を許可

 消費者庁は22日、規格基準型特定保健用食品(トクホ)として申請された1件について許可したと発表した。  許可されたのは、イオントップバリュ(株)の茶系飲料『国産茶葉使用食物繊維入り烏龍茶』。難消化性デキストリンを配合し […]