健康情報ニュース.com >  健康食品  > 学術 > 日本食品安全協会、保健機能食品をテーマに公開講演会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年08月08日

日本食品安全協会、保健機能食品をテーマに公開講演会

<機能性表示食品の3分の1は地方>

 (一社)日本食品安全協会は7日、保健機能食品をテーマとする公開講演会を都内で開催し、消費者庁食品表示企画課調査官の久保陽子氏とFOOCOM(フーコム)ネット主幹の森田満樹氏が、機能性表示食品制度の現状などを解説した。

 消費者庁の久保氏は機能性表示食品の届出状況について、7月28日時点で公表件数が995件となり、現在は1,000件を超えていると説明。食品形態別の内訳はサプリメント形状が456件、加工食品が531件、生鮮食品が8件。届出者の所在地別で見ると、東京・大阪・愛知が655件、それ以外の33道府県が340件に上るという。「大都市圏以外が約3分の1を占め、中小企業にも利用されている」と話した。

 また、保健機能食品や栄養成分表示の消費者教育を推進するため、今年度中に徳島県をモデル地域とした実証事業を行う計画を紹介。昨年度に作成したツールや指導要領を用いて、表示の活用を促す考えだ。検証事業の成果を踏まえ、来年度以降には全国展開を目指すと説明した。

 

<フーコム森田氏、機能性表示食品「問題が多い」>

 フーコムの森田氏は、機能性表示食品制度の問題点を解説した。安全性では、安全性が評価できないために特定保健用食品(トクホ)として却下された商品が公表されたことや、販売実績を食経験とする場合の判断が不明確なことを問題点に挙げた。機能性については、研究レビューの結果、科学的根拠が弱い商品が届け出されている状況を問題視した。品質面では、分析方法が公開されていないために第三者が確認できない点や、品質にばらつきがある点を指摘。このほか、「広告表現にも大いに問題がある」と述べた。

 また、消費者庁の「機能性表示食品制度における機能性関与成分の取扱い等に関する検討会」報告書に、「届出者等自らが倫理観を持って本制度の信頼の確保のために努力することが求められる」と明記されたことにも言及。「わざわざ報告書に、このようなことを書かなければならないくらい問題が多いと言える」と業界の取り組み姿勢を批判した。

【木村 祐作】

おススメ記事

エヌティコーブン、青汁を発売

 ムコ多糖商品の製造・販売を行う(株)エヌティコーブン(本社:東京都八王子市、岩崎勉社長、TEL:042-629-9144)はこのほど、『大麦若葉青汁』を発売した。大分県産の大麦若葉と、乳酸菌1,500億個、難消化性デキ […]

東京都、健康食品5品からイブプロフェンなど検出

 東京都は22日、健康食品『スーパーイヌトウキ』など5商品からイブプロフェンやシルデナフィルなどの医薬品成分が検出されたと発表した。これらの商品による健康被害は発生していないが、都民に向けて使用中止を呼びかけるとともに、 […]

2017年08月23日

IL-1RAが老化防止のメカニズムに関与

 (株)ファンケルは22日、角層バイオマーカーの1つの「IL-1RA」が、老化の原因となる細胞増殖の停止を防ぐメカニズムに関与していることを確認したと発表した。  試験では、IL-1RAを減少させた表皮角化細胞を人工的に […]

特定適格消費者団体、品川美容外科への申し入れ終了

 フェイスリフト施術の広告が景品表示法に抵触するとして、医療法人社団翔友会(品川美容外科)に改善を申し入れていた特定適格消費者団体の消費者機構日本は22日、一定の改善が見られたことから取り組みを終了すると公表した。  消 […]

日本気象協会、商品需要の予測サービスを開始

 (一社)日本気象協会(東京都豊島区、石川裕己会長)は21日、気象情報をもとにした法人向け商品需要予測情報の提供と、コンサルティングサービス「商品需要予測事業」を開始すると発表した。  同協会は、調査会社の(株)インテー […]