健康情報ニュース.com >  健康食品  > 学術 > 野草発酵エキスの白血球調節機能を確認~越後薬草
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年08月03日

野草発酵エキスの白血球調節機能を確認~越後薬草

 (株)越後薬草はこのほど、健常者を対象とした臨床試験を実施し、野草発酵エキスに白血球を量的・質的に調節する機能があることや、長期摂取の場合でも血糖値(ヘモグロビンhA1cレベル)を制御することを確認したと発表した。研究成果は学術誌「Open Journal of Rheumatology and Autoimmune Diseases February2017」「Nat Prod Chem Res 2017, 5:3」に掲載された。

 試験には、80種類の野草をラクトバチルス乳酸菌や酵母で発酵させたエキス(試験群)と、市販の80種類の野草ハーブを98℃の温水で焙煎したエキス(対照群)を使用。白血球への作用を調べるための臨床試験は、20人の健常者を顆粒球数が60%以上の「G型群」と、リンパ球数が40%以上の「L型群」の2つのグループに分けて行った(最終的に転居などで脱落者を除く17人を選択)。摂取の1時間前と30日後の同時刻帯に、被験者の白血球数を測定した。

 試験の結果、白血球の総数については、投与の前後で有意差が認められなかったが、白血球サブセット、顆粒球、リンパ球の相対的な割合が有意に変化した。L型群では、30日目にリンパ球数が減少傾向を示し、対照群は顆粒球数の増加をともなったが、試験群では変化がなかった。G型群では、30日目に試験群で顆粒球数の減少傾向が確認されたが、対照群では減少しなかった。

 さらに、野草発酵エキスを長期摂取した場合の血糖値への影響も調査した。試験は、最終的に17人の健常者を対象に行った。  

 投与後に、ヘモグロビンhA1cレベルを3カ月、6カ月、12カ月後まで追跡して調べた。その結果、少なくとも12カ月後まで、ヘモグロビンhA1cレベルが安定していたことを確認。論文では3カ月後のデータを掲載しているが、その後、6カ月後、12カ月後でも安定していることを確認しているという。

 

<COMPANY INFORMATION

所在地:新潟県上越市小猿屋73(本社)

TEL:025-544-3050

FAX:025-544-3074

URL:http://www.echigoyakuso.co.jp

事業内容:健康食品・キムチの製造販売

おススメ記事

エヌティコーブン、青汁を発売

 ムコ多糖商品の製造・販売を行う(株)エヌティコーブン(本社:東京都八王子市、岩崎勉社長、TEL:042-629-9144)はこのほど、『大麦若葉青汁』を発売した。大分県産の大麦若葉と、乳酸菌1,500億個、難消化性デキ […]

東京都、健康食品5品からイブプロフェンなど検出

 東京都は22日、健康食品『スーパーイヌトウキ』など5商品からイブプロフェンやシルデナフィルなどの医薬品成分が検出されたと発表した。これらの商品による健康被害は発生していないが、都民に向けて使用中止を呼びかけるとともに、 […]

2017年08月23日

IL-1RAが老化防止のメカニズムに関与

 (株)ファンケルは22日、角層バイオマーカーの1つの「IL-1RA」が、老化の原因となる細胞増殖の停止を防ぐメカニズムに関与していることを確認したと発表した。  試験では、IL-1RAを減少させた表皮角化細胞を人工的に […]

特定適格消費者団体、品川美容外科への申し入れ終了

 フェイスリフト施術の広告が景品表示法に抵触するとして、医療法人社団翔友会(品川美容外科)に改善を申し入れていた特定適格消費者団体の消費者機構日本は22日、一定の改善が見られたことから取り組みを終了すると公表した。  消 […]

日本気象協会、商品需要の予測サービスを開始

 (一社)日本気象協会(東京都豊島区、石川裕己会長)は21日、気象情報をもとにした法人向け商品需要予測情報の提供と、コンサルティングサービス「商品需要予測事業」を開始すると発表した。  同協会は、調査会社の(株)インテー […]