健康情報ニュース.com >  健康食品  > 行政・政治 > 東京都、医師会等を通じた健康食品による被害351件
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都、医師会等を通じた健康食品による被害351件

<ダイエットや関節痛などの健康食品で多発>

 東京都は7月31日、東京都食品安全情報評価委員会を開き、「2017年度第1回『健康食品』による健康被害事例専門委員会」の結果を報告した。

 健康被害事例専門委員会では、2006年7月~今年5月までに、都の医師会・薬剤師会を通じて収集した健康食品による健康被害事例が351件に上ったと報告。ただし、製品と症状の因果関係が確定された事例はなかった。

 医師会から157人・延べ228製品、薬剤師会から112人・延べ123製品の事例が寄せられた。年代別の患者数は、20代が27人、30代が28人、40代が30人、50代が39人、60代が54人、70代が55人、80代が21人など。とくに50~70代で多くなる傾向がみられた。性別では、女性が74%を占めた。  

 20~40代ではダイエット・美容を目的とする健康食品による被害が多く、60代以上では腰痛・関節痛を目的とするものが多かった。また、20代ではバストアップを目的とした健康食品が原因と疑われる事例が2件あった。

 症状別で見ると、発疹・発赤・掻痒が98人、肝機能障害・肝機能検査値異常が40人、胃痛・胃部不快感・吐き気が31人、下痢・軟便が23人、出血・出血傾向が10人、頭痛・吐き気が9人、めまい・ふらつきが7人などだった。

 出席した委員からは、「プエラリア・ミリフィカの被害事例についても集まっているのか」との質問が寄せられた。都の担当官は「数事例を検討しているが、因果関係を確定できなかった」(健康安全研究センター)と説明した。

【木村 祐作】

おススメ記事

2017年10月18日

機能性表示「NG表現集」は効力なし

 健康産業新聞など一部の業界紙がNG表現集などとして報じた機能性表示のいわゆるネガティブリストについて、健康食品産業協議会は「効力を持つ文書としてこのようなものが存在することは承知していない」とその存在を否定した。消費者 […]

北海道、「ヘルシー・Do」フェアを大丸札幌で開催

 北海道経済部食関連産業室は18日、北海道食品機能性表示制度「ヘルシー・Do」の認定を受けた商品を販売する「ヘルシー・Do フェアin大丸札幌店」を大丸札幌店(札幌市中央区)地下1階でスタートさせた。24日まで開催する。 […]

2017年10月18日

プロテインケミカル、機能性表示食品『グルコサミン』の届出を変更

 プロテインケミカル(株)(本社:東京都千代田区、飯田公則社長)は18日、グルコサミン塩酸塩を配合した機能性表示食品『グルコサミン』の届出内容を変更し、消費者庁のホームページに公開されたと発表した。同社は論文を4報追加し […]

ユーグレナ、オールインワンスキンケアクリーム発売

  (株)ユーグレナ(本社:東京都港区、出雲充社長)は17日、オールインワンスキンケアクリーム『oneオールインワンセンシティブスキンクリーム』を新発売する。同社のECサイトで扱う。ユーグレナエキスを配合し、オールインワ […]

コカ・コーラシステム、『リアルゴールド 牡蠣ウコン』を発売

 全国のボトリング会社や日本コカ・コーラ(株)(本社:東京都渋谷区、ホルヘ・ガルドゥニョ社長、TEL:0120-308509)などで構成するコカ・コーラシステムは30日、炭酸飲料『リアルゴールド 牡蠣ウコン』(100ml […]