健康情報ニュース.com >  健康食品  > 学術 > エッセンシャルターメリックオイルに大腸炎改善作用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年07月31日

エッセンシャルターメリックオイルに大腸炎改善作用

 セティ(株)(本社:東京都千代田区、ギヨーム・カルー社長、TEL:03-5510-2658)は28日、マウスを使った動物実験により、エッセンシャルターメリックオイル(ETOクルクミン)に大腸炎改善作用が認められたと発表した。研究成果は英国の査読付き学術誌「Scientific Reports」に掲載された。

 試験には、デキストリン硫酸Na(DSS)を経口摂取させた潰瘍性大腸炎モデルマウスを用いた。(1)DSS投与マウスに通常のクルクミンを摂取させた群(クルクミン群)、(2)DSS投与マウスにETOクルクミンを摂取させた群(ETOクルクミン群)、(3)DSS投与マウスに何も投与しない群(DSS群)、(4)何も投与しない群(コントロール群)――の4つのグループに分けて実施。クルクミン群とETOクルクミン群については、1日当たり5mg/kg、25mg/kg、50mg/kgの3パターンを投与した。

 病態スコア(DAI)を用いて、大腸炎に対する影響を調査した結果、投与開始から7日目に、クルクミン群でも改善傾向が見られたが、ETOクルクミン群では有意に改善された。詳しく見ると、体重減少については、DSS群と比べてETOクルクミン群は7日目に有意に抑制。下痢では有意差は見られなかったが、血便については有意差が確認された。

 また、濃度依存性を調べたところ、クルクミン群は必ずしもあるとは言えなかったが、ETOクルクミン群では確認された。25mg/kgと50mg/kg、5mg/kgと50mg/kgの比較で、それぞれ5日目と7日目に有意差が見られた。

 メカニズムについては、T細胞を誘導して抗炎症性サイトカインを産生することによって、炎症を抑制すると考察している。

おススメ記事

2018年06月29日

【7/18】消費者行政新未来創造オフィスシンポジウム

 消費者庁は7月18日、「消費者行政新未来創造オフィス・愛媛県・愛媛大学シンポジウム」を愛媛大学・南加記念ホール(愛媛県松山市)で開催する。定員250人、参加費は無料。  プログラムは「食べきり侍 参上!」、「学生が運営 […]

伊藤園、ポケモンパッケージの『ポケットべジ』発売

 (株)伊藤園(東京都渋谷区、本庄大介社長、TEL:0800-100-1100)は7月2日、(株)ポケモン(東京都港区、石原恒和社長)とタイアップし、パッケージにポケモンたちをデザインした野菜・果実ミックス飲料『充実野菜 […]

永谷園、黄金しじみエキス配合のみそ汁を数量限定発売

 (株)永谷園(東京都港区、飯塚弦二朗社長)は7月から、黄金しじみエキスを配合した『1杯でしじみ70個分のちから みそ汁』『――塩分控えめ』を数量限定で順次発売する。黄金しじみは、台湾の花蓮にある水産養殖専業区で育てられ […]

ル・パティシエヨコヤマ、洋菓子を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは28日、(有)ル・パティシエヨコヤマ(千葉県習志野市)による洋菓子の自主回収情報を掲載した。  対象商品は『谷津干潟の卵』。アレルゲン(小麦)の記載漏れのため、自主回収している。連絡先はT […]

2018年06月29日

ビフィズス菌が産生する酸に新たな作用

 協同乳業(株)(東京都中央区、尾崎玲社長)は28日、腸内ポリアミンが複数の腸内細菌の代謝経路を経由して生合成され、その生合成経路はビフィズス菌などが産生する酸によって作動することを確認したと発表した。研究成果は学術誌『 […]