健康情報ニュース.com >  健康食品  > 学術 > エッセンシャルターメリックオイルに大腸炎改善作用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年07月31日

エッセンシャルターメリックオイルに大腸炎改善作用

 セティ(株)(本社:東京都千代田区、ギヨーム・カルー社長、TEL:03-5510-2658)は28日、マウスを使った動物実験により、エッセンシャルターメリックオイル(ETOクルクミン)に大腸炎改善作用が認められたと発表した。研究成果は英国の査読付き学術誌「Scientific Reports」に掲載された。

 試験には、デキストリン硫酸Na(DSS)を経口摂取させた潰瘍性大腸炎モデルマウスを用いた。(1)DSS投与マウスに通常のクルクミンを摂取させた群(クルクミン群)、(2)DSS投与マウスにETOクルクミンを摂取させた群(ETOクルクミン群)、(3)DSS投与マウスに何も投与しない群(DSS群)、(4)何も投与しない群(コントロール群)――の4つのグループに分けて実施。クルクミン群とETOクルクミン群については、1日当たり5mg/kg、25mg/kg、50mg/kgの3パターンを投与した。

 病態スコア(DAI)を用いて、大腸炎に対する影響を調査した結果、投与開始から7日目に、クルクミン群でも改善傾向が見られたが、ETOクルクミン群では有意に改善された。詳しく見ると、体重減少については、DSS群と比べてETOクルクミン群は7日目に有意に抑制。下痢では有意差は見られなかったが、血便については有意差が確認された。

 また、濃度依存性を調べたところ、クルクミン群は必ずしもあるとは言えなかったが、ETOクルクミン群では確認された。25mg/kgと50mg/kg、5mg/kgと50mg/kgの比較で、それぞれ5日目と7日目に有意差が見られた。

 メカニズムについては、T細胞を誘導して抗炎症性サイトカインを産生することによって、炎症を抑制すると考察している。

おススメ記事

2017年10月18日

機能性表示「NG表現集」は効力なし

 健康産業新聞など一部の業界紙がNG表現集などとして報じた機能性表示のいわゆるネガティブリストについて、健康食品産業協議会は「効力を持つ文書としてこのようなものが存在することは承知していない」とその存在を否定した。消費者 […]

北海道、「ヘルシー・Do」フェアを大丸札幌で開催

 北海道経済部食関連産業室は18日、北海道食品機能性表示制度「ヘルシー・Do」の認定を受けた商品を販売する「ヘルシー・Do フェアin大丸札幌店」を大丸札幌店(札幌市中央区)地下1階でスタートさせた。24日まで開催する。 […]

2017年10月18日

プロテインケミカル、機能性表示食品『グルコサミン』の届出を変更

 プロテインケミカル(株)(本社:東京都千代田区、飯田公則社長)は18日、グルコサミン塩酸塩を配合した機能性表示食品『グルコサミン』の届出内容を変更し、消費者庁のホームページに公開されたと発表した。同社は論文を4報追加し […]

ユーグレナ、オールインワンスキンケアクリーム発売

  (株)ユーグレナ(本社:東京都港区、出雲充社長)は17日、オールインワンスキンケアクリーム『oneオールインワンセンシティブスキンクリーム』を新発売する。同社のECサイトで扱う。ユーグレナエキスを配合し、オールインワ […]

コカ・コーラシステム、『リアルゴールド 牡蠣ウコン』を発売

 全国のボトリング会社や日本コカ・コーラ(株)(本社:東京都渋谷区、ホルヘ・ガルドゥニョ社長、TEL:0120-308509)などで構成するコカ・コーラシステムは30日、炭酸飲料『リアルゴールド 牡蠣ウコン』(100ml […]