健康情報ニュース.com >  自然食品  > 行政・政治 > 消費者庁・検討会、GM食品表示で事業者からヒアリング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者庁・検討会、GM食品表示で事業者からヒアリング

<植物油・しょうゆ業界、表示義務化に反対>

 遺伝子を組み換えた(GM)食品の表示制度を見直すため、消費者庁の「遺伝子組み換え表示制度に関する検討会」(座長:湯川剛一郎氏)は19日、事業者団体や企業の関係者からヒアリングを行った。植物油・しょうゆ・コーンフレークなど、現行制度で表示の対象外となっている食品を中心に議論した。

 意見を陳述したのは、日本植物油協会、日本醤油協会、日清オイリオグループ、日清シスコ、イオンリテールの2団体・3社。

 日本植物油協会の関係者は、植物油にはDNAが含まれないことが明らかで、表示の義務化は不適切と主張。組み換えられたDNAが検出できる食品を表示の対象とするべきと述べた。意図せざる混入率の引き下げについては、価格高騰や数量の確保が困難となる場合が予想されることから、現行維持を要望した。

 日本醤油協会の関係者は、大手企業が実施した消費者からの問い合わせに関する調査結果を紹介。GMに関する問い合わせは、最も多い年が全体の0.26%、最も少ない年が0.05%、過去10年間の平均が0.14%にとどまっている現状を説明した。また、既に多くの商品で非GM表示が行われていることから、表示の義務化に反対した。

 一方、最新技術によってDNAの検出が可能と判明したコーンフレークを扱う日清シスコの関係者は、「決められたルールを正しく運用することが企業の責任。今回決められた内容に従う」と話した。

 次回会合は8月2日に開催する。現行制度で表示の対象となっている食品を扱う事業者などを対象に、ヒアリングを行う。

【木村 祐作】

おススメ記事

金ごま本舗、ドレッシングを自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは19日、金ごま本舗(株)(本社:兵庫県宝塚市、藤波孝幸社長)による『金ごまドレッシング 285ml』の自主回収情報を掲載した。  一部商品で誤った賞味期限が印字されていたことが判明した。正 […]

2017年09月20日

【10/6~11/17】静岡県、栄養成分表示講習会

 静岡県は10月6日~11月17日、中小規模の食品製造・加工業者を対象に、栄養成分表示作成講習会を県内3カ所で開催する。食品表示法の施行によって義務付けられた栄養成分表示について、2020年までの猶予期間内に対応できるよ […]

2017年09月20日

クルクミン、糖尿病患者でHDLコレステロール濃度上昇

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所が19日公表した素材情報データベースの更新情報によると、イランの2型糖尿病患者100人を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験で、クルクミノイド500mgとピペリン5mgを1日に2 […]

NACS、消費者契約法見直しで意見提出

 (公社)日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会(NACS)は19日、消費者庁に消費者契約法の見直しに関する意見を提出したと発表した。  見直し案で、合理的な判断ができない事情を利用して契約させる行為や、心 […]

2017年09月20日

【10/15】JAMHAシンポジウム

 日本メディカルハーブ協会(JAMHA)は10月15日、第18回JAMHAシンポジウムを大手町サンケイプラザ(東京都千代田区)で開催する。定員500人、参加費は会員2,000円、一般3,500円。  プログラムは「薬食同 […]