健康情報ニュース.com >  その他関連情報  > 行政・政治 > 消費者庁、体験談の打ち消し表示 景表法に抵触も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者庁、体験談の打ち消し表示 景表法に抵触も

<小さな文字による表示も問題>

 体験談などで見られる「個人の感想です」といった打ち消し表示で、景品表示法に抵触しかねないケースが氾濫している状況が14日、消費者庁の調査結果からわかった。

 2016年10月31日~今年3月31日までの期間、一般消費者を対象にグループインタビュー調査(6人のグループで2回)と、ウェブアンケート調査を実施(回答者数1,000人)。収集した表示物は、新聞広告・動画広告・ウェブ広告(パソコン、スマートフォン)の合計494点に上った。

 新聞広告については、8ポイント未満の小さな文字で打ち消し表示を表示しているものが56.9%。動画広告では、表示時間が2秒以下のものが42.4%を占めた。ウェブ広告(パソコン)では、訴求したい表示(強調表示)と同一画面内に打ち消し表示が表示されておらず、スクロールが必要なものが21.2%に上った。

 消費者庁では打ち消し表示の表示方法に関する考え方を説明。次のような場合には、景表法で問題になるとしている。

・打ち消し表示の文字が見落としてしまうほど小さい。

・打ち消し表示の文字と背景の区別がつきにくい。

・動画広告で、打ち消し表示の表示時間が短い。

・動画広告で、強調表示とは別の画面に、打ち消し表示が表示されている。

・動画広告で、音声などにより強調表示に注意が向けられ、打ち消し表示に注意が向かない。

・ウェブ広告で、強調表示から1スクロール以上離れている。

 また、調査結果から、打ち消し表示を見てもその内容を理解できずに誤認する消費者も、一定割合を占めることがわかった。消費者が打ち消し表示の内容を理解できない場合も、景表法で問題になるとしている。

 体験談を用いる場合の打ち消し表示についても注意を呼び掛けた。「商品を使用しても効果をまったく得られない消費者が相当数いるにもかかわらず、商品の効果があったという体験談を表示した場合、打ち消し表示が明記されていても、消費者の多くが何らかの効果を得られるという認識を抱くと考えられるため、景表法で問題になる恐れがある」(表示対策課)との見解を示している。

おススメ記事

消費者庁、SAKLIKITに景表法に基づく措置命令

 下着を着用するだけで、短期間に著しい痩身効果を得られると誤認させる広告を行ったとして、消費者庁は14日、(株)SAKLIKIT(大阪市中央区、安井由佳代表)に対し、景品表示法に基づく措置命令を出した。  同社は自社のウ […]

2017年12月14日

【2018/2/5】愛媛県が食品表示・安全講習会

 愛媛県は来年2月5日、食品表示・安全に関する講習会をテクノプラザ愛媛テクノホール(愛媛県松山市)で開催する。定員200人、参加費は無料。  プログラムは、県からの情報提供「食べ物の安全性について~リスクとうまく付き合う […]

鹿児島くみあい食品、賞味期限切れの漬物を自主回収

 (一財)食品産業センターの食品事故情報告知ネットは13日、鹿児島くみあい食品(株)による漬物の自主回収情報を掲載した。  今月9日に開催されたイベントの「屋外特設テント」で、賞味期限が切れた『寒干し かつお風味たくあん […]

2017年12月14日

大塚製薬、コーポレートサイトを刷新

 大塚製薬(株)は13日、使いやすさと見やすさを向上させるため、コーポレートサイトを全面リニューアルしたと発表した。  レスポンシブウェブデザインを採用し、パソコンやスマートフォン、タブレットなど多様なデバイスの画面サイ […]

島根県、若者のマルチ商法被害で注意喚起

 島根県消費者センターは13日、若者の間でマルチ商法による被害が広がっていることを受けて、「親しい間柄でもはっきりと断る」ことが必要とする注意喚起を行った。  相談事例として、20代の女性が大学時代の先輩に勧められて、浄 […]