健康情報ニュース.com >  その他関連情報  > 行政・政治 > 消費者庁、体験談の打ち消し表示 景表法に抵触も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者庁、体験談の打ち消し表示 景表法に抵触も

<小さな文字による表示も問題>

 体験談などで見られる「個人の感想です」といった打ち消し表示で、景品表示法に抵触しかねないケースが氾濫している状況が14日、消費者庁の調査結果からわかった。

 2016年10月31日~今年3月31日までの期間、一般消費者を対象にグループインタビュー調査(6人のグループで2回)と、ウェブアンケート調査を実施(回答者数1,000人)。収集した表示物は、新聞広告・動画広告・ウェブ広告(パソコン、スマートフォン)の合計494点に上った。

 新聞広告については、8ポイント未満の小さな文字で打ち消し表示を表示しているものが56.9%。動画広告では、表示時間が2秒以下のものが42.4%を占めた。ウェブ広告(パソコン)では、訴求したい表示(強調表示)と同一画面内に打ち消し表示が表示されておらず、スクロールが必要なものが21.2%に上った。

 消費者庁では打ち消し表示の表示方法に関する考え方を説明。次のような場合には、景表法で問題になるとしている。

・打ち消し表示の文字が見落としてしまうほど小さい。

・打ち消し表示の文字と背景の区別がつきにくい。

・動画広告で、打ち消し表示の表示時間が短い。

・動画広告で、強調表示とは別の画面に、打ち消し表示が表示されている。

・動画広告で、音声などにより強調表示に注意が向けられ、打ち消し表示に注意が向かない。

・ウェブ広告で、強調表示から1スクロール以上離れている。

 また、調査結果から、打ち消し表示を見てもその内容を理解できずに誤認する消費者も、一定割合を占めることがわかった。消費者が打ち消し表示の内容を理解できない場合も、景表法で問題になるとしている。

 体験談を用いる場合の打ち消し表示についても注意を呼び掛けた。「商品を使用しても効果をまったく得られない消費者が相当数いるにもかかわらず、商品の効果があったという体験談を表示した場合、打ち消し表示が明記されていても、消費者の多くが何らかの効果を得られるという認識を抱くと考えられるため、景表法で問題になる恐れがある」(表示対策課)との見解を示している。

おススメ記事

2018年02月23日

ファンケル、コラーゲンサプリ発表会を開催

 (株)ファンケル(本社:横浜市中区、島田和幸社長)は23日、新商品のサプリメント「ディープチャージ コラーゲン」シリーズ4品(3月20日発売)のプレス発表会を都内ホテルで開催した。  ゲストに招かれた銀座ケイスキンクリ […]

米国FDA、クラトン含有製品の使用禁止を勧告

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は22日、米国食品医薬品局(FDA)がクラトン(アヘンボク)を含む全ての製品について、使用しないように勧告したと発表した。  クラトンを含む製品との関連が疑われる健康被害事例が多数報告 […]

トロナジャパン、糖質40%カットの冷凍ピザ発売

 (株)トロナジャパン(本社:東京都港区、名田陽一社長、TEL:0120-941-035)は3月1日、ピザ生地の糖質を40%カットした冷凍ピザ『ピザ生地糖質40%OFF イベリコ豚ベーコンのピッツァ』を発売する。  使用 […]

2018年02月23日

自然食品店探訪~サンピュア~

<顧客が毎日通う店に>  自然食品店として創業40年の歴史を持つ「サンピュア」(東京都江戸川区、経営元:(株)サンピュア、坂本卓男代表)。この10年間、自然食品の店舗を取り巻く環境は厳しく、近隣のライバル店が消えていった […]

2018年02月23日

【3/3】健康食品に関するリスクコミュニケーション

 消費者庁は3月3日、(一社)日本食品安全協会、徳島県庁と連携して、健康食品に関するリスクコミュニケーション「健康食品との賢い付き合い方~健康食品と健康食品管理士の役割~」を徳島大学長井記念ホール(徳島市庄町)で開催する […]