健康情報ニュース.com >  健康食品  > 行政・政治 > バストアップをうたう健康食品による健康被害が急増
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バストアップをうたう健康食品による健康被害が急増

<国民生活センター、プエラリア・ミリフィカ配合商品をテスト>

 バストアップやスタイルアップを目的とした健康食品による健康被害が急増していることを受けて、(独)国民生活センターは13日、「プエラリア・ミリフィカ」を含む健康食品を対象とした商品テストの結果を公表した。強い女性ホルモン様作用を持つ成分が含まれていることや、商品によってその含有量が大きく異なることがわかった。同センターでは「摂取によってホルモンバランスが崩れるなど、思わぬ健康被害が発生する恐れがある」(商品テスト部)とし、摂取を控えるように呼び掛けている。

商品テストの対象銘柄

 同センターによると、バストアップなどを目的にプエラリア・ミリフィカを配合した健康食品に関する危害情報は、過去5年間ほどで209件に上る。とくに、2015年度から急増し、15年度と16年度には年間100件近い危害情報が寄せられた。被害者の女性を年代別で見ると、20代が33%、30代と40代がそれぞれ20%、10代が18%。危害情報の急増について、同センターは「市場拡大も考えられるが、原因は不明」(商品テスト部)と話している。

 危害の内容は嘔吐や腹痛、下痢などが多いが、月経不順や不正出血といった女性特有の健康被害も多いことが特徴という。

 商品テストは、インターネット通販で売られているプエラリア・ミリフィカを配合した12銘柄を対象に実施。エストロゲン活性について培養細胞を用いて調査した結果、12銘柄のうち10銘柄で活性が見られ、2銘柄では活性がほとんど認められなかった。

 次に、強いエストロゲン活性を持つ成分「デオキシミロエストロール」と「ミロエストロール」の含有量を調査した。その結果、1日最大摂取目安量に含まれる量は、銘柄によって大きな差があり、両成分の比率も異なっていた。また、「プエラリン」という成分の含有量が突出して多い銘柄も見つかった。

 各社のウェブサイト上の広告表現についても調査を実施。「豊富なバストとダイエットは両立できます」、「タイやミャンマーでは“若返りの薬”として古くから言い伝えられています」など関連法規に抵触するような文言が確認された。ほとんどの銘柄の商品パッケージやウェブサイトでは、バストアップを示唆する写真やイラスト、体験談などが記載されていた。

 商品テストの結果を踏まえ、同センターは消費者に向けて、「プエラリア・ミリフィカを含む健康食品を摂取すると、強い女性ホルモン様作用のある成分をどのくらい摂取することになるのかがわからず、健康被害が発生する恐れがある」と警鐘を鳴らしている。行政機関に対しては、被害発生を抑制するための取り組み、広告・表示の指導などを要請した。

【木村 祐作】

おススメ記事

2018年02月19日

JHNFA、GMPで1製造所を認定

 (公財)日本健康・栄養食品協会(JHNFA)は16日、7日付で日健栄協GMP適合認定工場として1製造所を認定したと発表した。認定工場は合計136件となった。  認定されたのは、富士宮通運(株)南陵本社工場(静岡県富士宮 […]

日本マクドナルド、初のトクホ飲料導入

 日本マクドナルド(株)(本社:東京都新宿区、サラ・エル・カサノバ社長兼CEO、TEL:0120-010-916)は20日、サントリー食品インターナショナル(株)がファストフード店向けに提供する特定保健用食品(トクホ)の […]

2018年02月19日

L&K、薬機法に抵触する歯磨き粉を自主回収

 (独)医薬品医療機器総合機構(PMDA)は16日、(株)L&K(東京都新宿区)による歯磨き粉の自主回収情報を掲載した。  対象商品は『VTG歯磨き粉 ホワイト』『――ブラック』。2製品ともに出荷時期は2017年12月と […]

2018年02月19日

消費者庁、機能性表示食品で新たに届出2件

 消費者庁は16日、機能性表示食品の届出2件を公表した。公表されている届出件数は合計1,303件に上る。  (株)テクノフーズのサプリメント『テクノHMB』は、3-ヒドロキシ-3-メチルブチレートを配合。「筋肉量や筋力の […]

GM表示制度検討会、新たな表示ルールを導入

<公定検査法の確立など今後の課題に>  消費者庁の「遺伝子組み換え表示制度に関する検討会」(座長・湯川剛一郎氏)は16日、遺伝子組み換え(GM)表示制度の見直しの方向性を示した報告書(素案)について議論した。3月14日に […]