健康情報ニュース.com >  介護・病者用食品  > 企業 > ユニバーサルデザインフード、7年連続2ケタ増
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユニバーサルデザインフード、7年連続2ケタ増

 日本介護食品協議会(東京都千代田区、森佳光会長)は1日、2016年のユニバーサルデザインフード(UDF)の生産量が前年比20%増、生産額が同12%増になったと発表した。生産量・生産額ともに、10年から7年連続で2ケタ増が続いている。

 同協議会は、会員企業を対象にUDFの生産統計を集計している。16年は生産量が1万9,285トン(同20.4%増)、生産額が225億7,500万円(同12.3%増)だった。また、前年よりも69品目増の1,853品目が登録されている。内訳とそれぞれの生産数量・生産額は以下のとおり。

区分1(容易にかめる:398品目)   5,047トン(28%増)  39億4,700万円(20%増)

区分2(歯ぐきでつぶせる:381品目) 2,255トン(34%増)  21億6,600万円(11.6%増)

区分3(舌でつぶせる:850品目)   6,526トン(16.3%増) 66億8,000万円(12.6%増)

区分4(かまなくてよい:138品目)  2,246トン(15.6%増) 20億7,900万円(17.8%増)

とろみ調整(86品目)            3,211トン(13.1%増)  77億300万円(7.2%増)

 区分1・2は利用対象者が多く、UDFの認知が進むにつれて市販用・業務用ともに増加が見込まれている。とろみ調整食品については飲料や調理など活用範囲が広く、家庭や病院・施設での使用が定着していると報告している。

おススメ記事

2018年05月22日

【7/11】ICCRステークホルダーセッション

 日本・米国・EU・カナダ・ブラジルの化粧品規制当局で組織する化粧品規制協力国際会議(ICCR)は7月11日、ICCRステークホルダーセッションをイイノホール&カンファレンスセンター(東京都千代田区)で開催する。化粧品規 […]

ブロイラーなのに「地鶏」、消費者庁が措置命令

<居酒屋「塚田農場」「じとっこ組合」のメニュー表示が景表法違反>  居酒屋で提供する鶏料理にブロイラーを使用していたのにも関わらず、「地鶏」を使用していると誤認させるメニュー表示を行ったとして、消費者庁は22日、居酒屋チ […]

ファンデリー、塩分・タンパク質カットの『ミールタイム五目炒飯』発売

 (株)ファンデリー(本社:東京都北区、阿部公祐代表)は6月1日、味の素冷凍食品(株)と共同開発した『ミールタイム五目炒飯』を発売する。  1袋(200g)当たりの塩分が0.8g、タンパク質が5.4gで、通常のチャーハン […]

大正製薬、コバラサポートシリーズから新製品登場

 大正製薬(株)(本社:東京都豊島区、上原茂社長、TEL:0120-81-8428)は6月4日、空腹感を満たす飲料『コバラサポート ふくらみplus キウイ&パイン風味』を新発売する。全国のドラッグストアや通販「大正製薬 […]

母乳中のオステオポンチン濃度、産後日数にともない低下

<日本・中国・韓国・デンマークの4カ国による共同研究>  雪印ビーンスターク(株)(本社:東京都新宿区、平田公孝社長)は21日、日本・中国・韓国・デンマークの4カ国間の共同研究で、母乳中のオステオポンチン(OPN)濃度が […]