健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 消費者庁、機能性表示食品で8件受理 公表936件
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年05月29日

消費者庁、機能性表示食品で8件受理 公表936件

 消費者庁は26日、機能性表示食品で新たに8件の届出を受理した。公表件数は合計936件となった。

 (株)富山常備薬グループのサプリメント『富山のグルコサミン 七転び八起き』は、グルコサミン塩酸塩が関与成分。健康のために運動や歩行を心がけている人に向けて提案する。日本コカ・コーラ(株)の清涼飲料水『アクエリアス エスボディ』は、ローズヒップ由来ティリロサイドを含有。「体脂肪を減らす機能があることが報告されている」と表示する。

 カバヤ食品(株)のチョコレート菓子『CACARNAアーモンド』は、難消化性デキストリンを配合。食後の血中中性脂肪や血糖値の上昇が気になる人を対象としている。(株)日田天領水の清涼飲料水『日田天領水の烏龍茶』も難消化性デキストリンを配合し、食後の血糖値が気になる人、脂肪の多い食事を取りがちな人、お腹の調子を整えたい人に向けて販売する。

 日本水産(株)は、EPA・DHAを配合した惣菜『2種のそぼろあんかけ 里芋&茄子』『青椒肉絲(チンジャオロウスー)』『回鍋肉(ホイコーロー)』の3品が受理された。「中高年の方の加齢にともない低下する認知機能の一部である記憶力、注意力、判断力、空間認識力を維持することが報告されている」と表示する。

 また、井原水産(株)の『健康数の子(R)』もDHA・EPAを関与成分とし、「中性脂肪を低下させる機能があることが報告されている」と表示する。

おススメ記事

農水省、β-クリプトキサンチンの定量法で意見募集

 農水省はこのほど、「ウンシュウミカン中のβ-クリプトキサンチンの定量――高速液体クロマトグラフ法の日本農林規格(案)」について、パブリック・コメントの募集を開始した。2月15日に締め切る。

カゴメと産総研、オープンイノベーションに向け始動

 カゴメ(株)(本社:名古屋市中区、寺田直行社長)と(国研)産業技術総合研究所(産総研)は18日、昨年10月1日付で締結した包括的共同研究契約に基づき、共同研究活動を本格的にスタートさせると発表した。  カゴメは産総研生 […]

2018年01月19日

「葛の花」事件で9社に課徴金納付命令~消費者庁

<課徴金額はステップワールドの4,893万円がトップ>  消費者庁は19日、葛の花由来イソフラボンを配合した機能性表示食品の広告で、事実と異なる痩身効果を標ぼうしていた販売会社9社に対し、景品表示法に基づく課徴金納付命令 […]

データ・マックス新年会、130人の業界関係者が参加

 (株)データ・マックスは18日、「データ・マックス新年会」を都内ホテルで開催した。ヘルスケア業界を中心とする130人の業界関係者が参加。懇親会のほか、国際政治経済学者の浜田和幸氏によるセミナーも行われた。  浜田氏は「 […]

東京都、不適正計量商品の割合 過去10年で最高

 東京都計量検定所は18日、年末期の商品量目立入検査結果を発表した。検査対象となったスーパーなどの158事業所中、不適正商品率が5%を超える事業所は23件(14.6%)、対象商品6,674点のうちラベル不適正商品は150 […]