健康情報ニュース.com >  化粧品  > 企業 > 岩瀬コスファ、CITE Japanで紫外線吸収剤など提案
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年05月19日

岩瀬コスファ、CITE Japanで紫外線吸収剤など提案

 大手化粧品原料商社の岩瀬コスファ(株)(本社:大阪市中央区、岩瀬由典社長)は、5月末から開催される化粧品産業技術展「CITE Japan2017」に出展する。トレンドを踏まえて、注力商材を中心に展示する。

 同社が取り扱う化粧品原料は1,000品目を超える。「CITE Japan」では化粧品原料を中心に、内外美容の提案や受託試験事業など、同社が提案できるさまざまなサービスも紹介する。

 化粧品関連では、(1)紫外線吸収剤系、(2)洗浄系、(3)パラベンフリーの防腐剤などを中心とした展示を行う。紫外線吸収剤系では、新規紫外線吸収剤の『TINOSORB(チノソーブ) A2B』(BASF社の登録商標)を紹介。同原料はUV-A波・B波と端境期の幅広い波長領域の紫外線を吸収する機能が一番の特長。サンスクリーン系の増粘剤処方も施し、使用感も向上させている。

 洗浄系では増粘剤の『Carbopol(カーボポール)』(ルーブリゾール社の登録商標)などを提案。今回新たに洗浄系の機能を付加し、より低刺激で安全性が高く、環境に負荷の少ない処方に仕上げている。『Symsave H(シムセーブ)』(シムライズ社の登録商標)は、ラテンアメリカ原産のハーブやホロムイイチゴに含まれる天然成分の「ヒドロキシアセトフェノン」と同一の化学合成品。香料原料として使用されてきたが、最近では幅広い機能性も注目されている。

 「今回は紫外線対策のほか、機能性や使用感にも留意したさまざまな原料の提案も進めていく」(担当者)としている。

おススメ記事

2018年04月27日

オリザ油化、「イサダオイル」を開発

 オリザ油化(株)(本社:愛知県一宮市、村井弘道社長、TEL:0586-86-5141)はこのほど、日本国産オキアミとして知られるイサダ(ツノナシオキアミ)を原料とした食品用クリルオイル素材「イサダオイル」を開発した。 […]

雪メグ、家庭用マーガリンのパッケージ変更

 雪印メグミルク(株)(本社:東京都新宿区、西尾啓治社長)は26日、家庭用マーガリン類・ショートニングの全12商品のパッケージデザインを変更すると発表した。新パッケージの商品は5月中旬から順次出荷する。  「雪印メグミル […]

2018年04月27日

ファンケル3月期、大幅な増収増益に

 (株)ファンケル(本社:神奈川県横浜市、島田和幸社長)が26日に発表した2018年3月期決算(連結)は、売上高が1,090億1,900万円(前年比13.2%増)、営業利益が84億4,800万円(同276.4%増)の増収 […]

厚労省、食薬区分を改正

 厚生労働省はこのほど、通知「無承認無許可医薬品の指導取り締まりについて」(46通知)で定める医薬品の範囲に関する基準(食薬区分)を改正した。  「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)リ […]

消費者庁のセカンドオピニオン事業、昨年度は48件実施

<ルテイン、テアニン、グルコサミンなど対象に>  健康食品の機能性などを専門家が検証する消費者庁の「セカンドオピニオン事業」は、2016年度に34件、17年度に48件が実施された。厚生労働省が2月に開催した全国生活衛生・ […]