健康情報ニュース.com >  その他関連情報  > 企業 > GP社、中小企業向け越境EC支援サービスを開始
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GP社、中小企業向け越境EC支援サービスを開始

 (株)グローバルパートナーズ(本社:福岡市中央区、津田健吾社長)はこのほど、中小企業向けの中国越境ECを支援する物流・決済サービス「GPマーケット」を開設した。

 「GPマーケット」は、中国・寧波市が越境ECビジネスを展開するために設立した最初のパイロット企業であるzonfoo社との業務提携によるもの。zonfoo社は中国税関総署が作った越境輸入電子商取引の統一システムに指定され、「天猫国際」「京東」「唯品会」など中国上位23社のECサイトの企業との物流・通関・卸事業で取引がある。また、中国国内の約5,000社(個人含む)に上るバイヤー向けの商品サイトを開設しており、同社は同サイト内に「GPマーケット」として取引各社の商品紹介ページを設けて、バイヤー向けに商品の閲覧・取引ができるサービスを行っている。

 依頼企業は商品写真や概要を提供するだけで、中国語の翻訳を含む商品ページを制作してもらえる。受注時には、同社の指定または依頼企業の近隣の倉庫に発送するだけで取引ができる。

 同サービスを開始した経緯として、「zonfoo社の設立時から日本のNB商品を中国に輸出しており、中小企業向けの良いサービスがないかと、半年の構想・開発期間を経て、中国越境ECのビジネスにおいて、参入障壁の高さや不安視されているポイントを解決できる新しいシステムを構築した」(同社)としている。

 導入までの相談やコンサルティングは無料で受け付ける。各決済については日本円で行う。掲載料は年間で約20万円(税別)からで、バイヤーからの一時対応なども含まれる。物流・決済代行の手数料は5%。現地コールセンターも設置し、受注量ごとでの発送体制を敷いており、「低コスト、低リスク、国内決済を強みに引き合いが増えている」という。

おススメ記事

2018年04月27日

オリザ油化、「イサダオイル」を開発

 オリザ油化(株)(本社:愛知県一宮市、村井弘道社長、TEL:0586-86-5141)はこのほど、日本国産オキアミとして知られるイサダ(ツノナシオキアミ)を原料とした食品用クリルオイル素材「イサダオイル」を開発した。 […]

雪メグ、家庭用マーガリンのパッケージ変更

 雪印メグミルク(株)(本社:東京都新宿区、西尾啓治社長)は26日、家庭用マーガリン類・ショートニングの全12商品のパッケージデザインを変更すると発表した。新パッケージの商品は5月中旬から順次出荷する。  「雪印メグミル […]

2018年04月27日

ファンケル3月期、大幅な増収増益に

 (株)ファンケル(本社:神奈川県横浜市、島田和幸社長)が26日に発表した2018年3月期決算(連結)は、売上高が1,090億1,900万円(前年比13.2%増)、営業利益が84億4,800万円(同276.4%増)の増収 […]

厚労省、食薬区分を改正

 厚生労働省はこのほど、通知「無承認無許可医薬品の指導取り締まりについて」(46通知)で定める医薬品の範囲に関する基準(食薬区分)を改正した。  「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)リ […]

消費者庁のセカンドオピニオン事業、昨年度は48件実施

<ルテイン、テアニン、グルコサミンなど対象に>  健康食品の機能性などを専門家が検証する消費者庁の「セカンドオピニオン事業」は、2016年度に34件、17年度に48件が実施された。厚生労働省が2月に開催した全国生活衛生・ […]