健康情報ニュース.com >  その他関連情報  > 企業 > GP社、中小企業向け越境EC支援サービスを開始
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GP社、中小企業向け越境EC支援サービスを開始

 (株)グローバルパートナーズ(本社:福岡市中央区、津田健吾社長)はこのほど、中小企業向けの中国越境ECを支援する物流・決済サービス「GPマーケット」を開設した。

 「GPマーケット」は、中国・寧波市が越境ECビジネスを展開するために設立した最初のパイロット企業であるzonfoo社との業務提携によるもの。zonfoo社は中国税関総署が作った越境輸入電子商取引の統一システムに指定され、「天猫国際」「京東」「唯品会」など中国上位23社のECサイトの企業との物流・通関・卸事業で取引がある。また、中国国内の約5,000社(個人含む)に上るバイヤー向けの商品サイトを開設しており、同社は同サイト内に「GPマーケット」として取引各社の商品紹介ページを設けて、バイヤー向けに商品の閲覧・取引ができるサービスを行っている。

 依頼企業は商品写真や概要を提供するだけで、中国語の翻訳を含む商品ページを制作してもらえる。受注時には、同社の指定または依頼企業の近隣の倉庫に発送するだけで取引ができる。

 同サービスを開始した経緯として、「zonfoo社の設立時から日本のNB商品を中国に輸出しており、中小企業向けの良いサービスがないかと、半年の構想・開発期間を経て、中国越境ECのビジネスにおいて、参入障壁の高さや不安視されているポイントを解決できる新しいシステムを構築した」(同社)としている。

 導入までの相談やコンサルティングは無料で受け付ける。各決済については日本円で行う。掲載料は年間で約20万円(税別)からで、バイヤーからの一時対応なども含まれる。物流・決済代行の手数料は5%。現地コールセンターも設置し、受注量ごとでの発送体制を敷いており、「低コスト、低リスク、国内決済を強みに引き合いが増えている」という。

おススメ記事

遺伝子組み換え表示、コーンフレークの追加を見送り

<検査法の再現性、確認できず>  消費者庁の「遺伝子組み換え表示制度に関する検討会」は17日、遺伝子組み換え(GM)表示制度の対象品目に追加する方向で検討していた「コーンフレーク」について、再現性のある検査法が確立されて […]

ジャパンライフ、1年以内に3度目の行政処分

<3月の行政処分を受け、新たなビジネス>  装着タイプ磁気治療器の販売取引で特定商取引法に違反したとして、消費者庁は17日、ジャパンライフ(株)(東京都千代田区、山口ひろみ社長)に対し、業務提供誘引販売取引について12カ […]

2017年11月17日

フジッコ、黒大豆種皮抽出物で臨床試験終了

 フジッコ(株)(本社:兵庫県神戸市、福井正一社長、TEL:078-303-5925)は、黒大豆種皮ポリフェノールを豊富(58%以上)に含む『クロノケアSP』で、機能性表示食品制度への届出準備に入った。  今年3月に開催 […]

2017年11月17日

コトブキ薬粧、大阪の展示会で新サービス提案

 コトブキ薬粧(株)(本社:大阪市中央区、和田洋治社長、TEL:06-4963-2877)は28日から30日までの3日間、インデックス大阪(大阪市住之江区)で開催される「中小企業新ものづくり・新サービス展」に出展する。大 […]

クリスマス限定パッケージの『Newヤクルト』発売

 (株)ヤクルト本社(本社:東京都港区、根岸孝成社長)は11月下旬~12月下旬の期間、クリスマスシーズン限定パッケージの乳製品乳酸菌飲料『Newヤクルト』、『Newヤクルトカロリーハーフ』を全国で発売する。容器にクリスマ […]