健康情報ニュース.com >  健康食品  > 企業 > 大文字会、日興薬品工業・原工場を訪問
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年05月12日

大文字会、日興薬品工業・原工場を訪問

ゼリー製品を説明するビーエイチエヌ(株)の石原社長

 大文字会は10日、12回目となる会合を名古屋市内で開催した。メンバー22人が参加した。訪問したのは日興薬品工業(株)(本社:名古屋市天白区、加納巖社長)のドリンク充填工場(原工場)。同工場は、ビーエイチエヌ(株)(本社:東京都千代田区、石原健夫社長)の名古屋工場も兼ねており、ゼリー製品の受託も行っている。

 日興薬品工業の梅本啓課長は、ドリンク充填の設備について説明。その後、メンバーを2班に分けて工場を見学した。スティックゼリーは平口型スティックと瓶口型スティックの2種類があり、10~100gの充填に対応している。チアシードなどの固形物も充填できる。15gで1日5万包の生産が可能。

 また、手のひらサイズの包装容器Tパウチは、30~50gに対応し、日産2万包の充填が可能という。

活発な議論が行われたホンモノ会議

 ホンモノ会議では、大文字会の代表発起人で(株)てまひま堂(本社:鹿児島市唐湊)の吉岡靖雄社長が「大文字会の目指すべき道」と題して、大文字会の設立から今日までを振り返った。その後、同会の方向性や位置付け、機能性表示食品をめぐる諸課題などについて議論した。

 参加者からは、「業界団体は産業界を代表した意見を発信していない」、「健康食品産業協議会とJADMAは機能性表示食品に関する考え方を統一した方がよい」、「業界の意見が正しく消費者庁に伝わっていない」、「健康食品産業協議会のなかに生鮮食品メーカーが参加していない」などの課題が挙げられた。

懇親会場で挨拶する(株)てまひま堂の吉岡社長

 大文字会の課題として、「参加するメリットを明確にする」、「拡大を図るならば業界団体化を目指してはどうか」、「九州に特化し、県や大学などとの連携を強める」などの意見が出た。

 13回目となる次回の大文字会は今夏、(株)サラダコスモ(本社:岐阜県中津川市、中田智洋社長)を訪問する予定。

 

 

【田代 宏】

おススメ記事

遺伝子組み換え表示、コーンフレークの追加を見送り

<検査法の再現性、確認できず>  消費者庁の「遺伝子組み換え表示制度に関する検討会」は17日、遺伝子組み換え(GM)表示制度の対象品目に追加する方向で検討していた「コーンフレーク」について、再現性のある検査法が確立されて […]

ジャパンライフ、1年以内に3度目の行政処分

<3月の行政処分を受け、新たなビジネス>  装着タイプ磁気治療器の販売取引で特定商取引法に違反したとして、消費者庁は17日、ジャパンライフ(株)(東京都千代田区、山口ひろみ社長)に対し、業務提供誘引販売取引について12カ […]

2017年11月17日

フジッコ、黒大豆種皮抽出物で臨床試験終了

 フジッコ(株)(本社:兵庫県神戸市、福井正一社長、TEL:078-303-5925)は、黒大豆種皮ポリフェノールを豊富(58%以上)に含む『クロノケアSP』で、機能性表示食品制度への届出準備に入った。  今年3月に開催 […]

2017年11月17日

コトブキ薬粧、大阪の展示会で新サービス提案

 コトブキ薬粧(株)(本社:大阪市中央区、和田洋治社長、TEL:06-4963-2877)は28日から30日までの3日間、インデックス大阪(大阪市住之江区)で開催される「中小企業新ものづくり・新サービス展」に出展する。大 […]

クリスマス限定パッケージの『Newヤクルト』発売

 (株)ヤクルト本社(本社:東京都港区、根岸孝成社長)は11月下旬~12月下旬の期間、クリスマスシーズン限定パッケージの乳製品乳酸菌飲料『Newヤクルト』、『Newヤクルトカロリーハーフ』を全国で発売する。容器にクリスマ […]