健康情報ニュース.com >  健康食品  > 企業 > 大文字会、日興薬品工業・原工場を訪問
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年05月12日

大文字会、日興薬品工業・原工場を訪問

ゼリー製品を説明するビーエイチエヌ(株)の石原社長

 大文字会は10日、12回目となる会合を名古屋市内で開催した。メンバー22人が参加した。訪問したのは日興薬品工業(株)(本社:名古屋市天白区、加納巖社長)のドリンク充填工場(原工場)。同工場は、ビーエイチエヌ(株)(本社:東京都千代田区、石原健夫社長)の名古屋工場も兼ねており、ゼリー製品の受託も行っている。

 日興薬品工業の梅本啓課長は、ドリンク充填の設備について説明。その後、メンバーを2班に分けて工場を見学した。スティックゼリーは平口型スティックと瓶口型スティックの2種類があり、10~100gの充填に対応している。チアシードなどの固形物も充填できる。15gで1日5万包の生産が可能。

 また、手のひらサイズの包装容器Tパウチは、30~50gに対応し、日産2万包の充填が可能という。

活発な議論が行われたホンモノ会議

 ホンモノ会議では、大文字会の代表発起人で(株)てまひま堂(本社:鹿児島市唐湊)の吉岡靖雄社長が「大文字会の目指すべき道」と題して、大文字会の設立から今日までを振り返った。その後、同会の方向性や位置付け、機能性表示食品をめぐる諸課題などについて議論した。

 参加者からは、「業界団体は産業界を代表した意見を発信していない」、「健康食品産業協議会とJADMAは機能性表示食品に関する考え方を統一した方がよい」、「業界の意見が正しく消費者庁に伝わっていない」、「健康食品産業協議会のなかに生鮮食品メーカーが参加していない」などの課題が挙げられた。

懇親会場で挨拶する(株)てまひま堂の吉岡社長

 大文字会の課題として、「参加するメリットを明確にする」、「拡大を図るならば業界団体化を目指してはどうか」、「九州に特化し、県や大学などとの連携を強める」などの意見が出た。

 13回目となる次回の大文字会は今夏、(株)サラダコスモ(本社:岐阜県中津川市、中田智洋社長)を訪問する予定。

 

 

【田代 宏】

おススメ記事

2018年04月27日

オリザ油化、「イサダオイル」を開発

 オリザ油化(株)(本社:愛知県一宮市、村井弘道社長、TEL:0586-86-5141)はこのほど、日本国産オキアミとして知られるイサダ(ツノナシオキアミ)を原料とした食品用クリルオイル素材「イサダオイル」を開発した。 […]

雪メグ、家庭用マーガリンのパッケージ変更

 雪印メグミルク(株)(本社:東京都新宿区、西尾啓治社長)は26日、家庭用マーガリン類・ショートニングの全12商品のパッケージデザインを変更すると発表した。新パッケージの商品は5月中旬から順次出荷する。  「雪印メグミル […]

2018年04月27日

ファンケル3月期、大幅な増収増益に

 (株)ファンケル(本社:神奈川県横浜市、島田和幸社長)が26日に発表した2018年3月期決算(連結)は、売上高が1,090億1,900万円(前年比13.2%増)、営業利益が84億4,800万円(同276.4%増)の増収 […]

厚労省、食薬区分を改正

 厚生労働省はこのほど、通知「無承認無許可医薬品の指導取り締まりについて」(46通知)で定める医薬品の範囲に関する基準(食薬区分)を改正した。  「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)リ […]

消費者庁のセカンドオピニオン事業、昨年度は48件実施

<ルテイン、テアニン、グルコサミンなど対象に>  健康食品の機能性などを専門家が検証する消費者庁の「セカンドオピニオン事業」は、2016年度に34件、17年度に48件が実施された。厚生労働省が2月に開催した全国生活衛生・ […]