健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品の「糖質・糖類」を考察(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年05月09日

機能性表示食品の「糖質・糖類」を考察(前)

関西福祉科学大学 健康福祉学部 福祉栄養学科 講師 竹田 竜嗣 氏

 消費者庁の「機能性表示食品制度における機能性関与成分の取扱い等に関する検討会」で、一部の糖質・糖類を制度の対象に加えることが決まった。制度が改正されると、オリゴ糖などが対象になると考えられる。届出を行う上での留意点などを考える。

 

<主役はオリゴ糖>

 機能性表示食品制度の対象となる糖類は、オリゴ糖が主体になると考えられる。現在、特定保健用食品(トクホ)の規格基準型(整腸作用)で認められているオリゴ糖類は6種類。これらはトクホでの実績があり、ヒト試験によるエビデンスもあると思われる。そのため、これらの6種類の糖については、整腸作用に関するシステマティック・レビュー(SR)の実施が可能と考えられる。整腸作用については現行の機能性表示食品制度でも実績があり、オリゴ糖による届出の受理が期待できるだろう。

 オリゴ糖のその他の機能性について、文献を調査してみた。オリゴ糖で報告されている機能性は、腸内細菌叢の改善や便通改善といった整腸作用、BMIが高めの人の体脂肪の軽減作用、食後血糖値の上昇抑制作用、血清脂質や中性脂肪の上昇抑制、抗う蝕性、ミネラルの吸収促進などがある。

 しかし、ヒト試験レベルまで十分なエビデンスがあるか、という観点で絞り込むと、整腸作用や体脂肪などが有望であるが、その他の機能性については一部のオリゴ糖で報告されているものの、ヒト試験レベルの報告は十分でない可能性がある。

 動物試験レベルのエビデンスも多いことから、今後はさらにヒトレベルでの試験が望まれる。オリゴ糖だけでなく、イヌリンなどの多糖類についても、UMIN-CTRなどの臨床試験データベースや文献検索結果を見ると、さまざまな機能性に関する試験を実施または計画中である。今後は、ヒト試験によるエビデンスデータが一層構築されて行くものと思われる。

(つづく)

※詳細は「I.Bヘルスケア44号」に掲載予定

おススメ記事

農水省、β-クリプトキサンチンの定量法で意見募集

 農水省はこのほど、「ウンシュウミカン中のβ-クリプトキサンチンの定量――高速液体クロマトグラフ法の日本農林規格(案)」について、パブリック・コメントの募集を開始した。2月15日に締め切る。

カゴメと産総研、オープンイノベーションに向け始動

 カゴメ(株)(本社:名古屋市中区、寺田直行社長)と(国研)産業技術総合研究所(産総研)は18日、昨年10月1日付で締結した包括的共同研究契約に基づき、共同研究活動を本格的にスタートさせると発表した。  カゴメは産総研生 […]

2018年01月19日

「葛の花」事件で9社に課徴金納付命令~消費者庁

<課徴金額はステップワールドの4,893万円がトップ>  消費者庁は19日、葛の花由来イソフラボンを配合した機能性表示食品の広告で、事実と異なる痩身効果を標ぼうしていた販売会社9社に対し、景品表示法に基づく課徴金納付命令 […]

データ・マックス新年会、130人の業界関係者が参加

 (株)データ・マックスは18日、「データ・マックス新年会」を都内ホテルで開催した。ヘルスケア業界を中心とする130人の業界関係者が参加。懇親会のほか、国際政治経済学者の浜田和幸氏によるセミナーも行われた。  浜田氏は「 […]

東京都、不適正計量商品の割合 過去10年で最高

 東京都計量検定所は18日、年末期の商品量目立入検査結果を発表した。検査対象となったスーパーなどの158事業所中、不適正商品率が5%を超える事業所は23件(14.6%)、対象商品6,674点のうちラベル不適正商品は150 […]