健康情報ニュース.com >  健康食品  > 学術 > 麹菌発酵大豆胚芽抽出物に子宮内膜症抑制作用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年04月18日

麹菌発酵大豆胚芽抽出物に子宮内膜症抑制作用

 ニチモウバイオティックス(株)(本社:東京都品川区、天海智博社長、TEL:03-3458-4180)はこのほど、麹菌発酵大豆胚芽抽出物に子宮内膜症の抑制作用があることを確認したと発表した。研究は京都府立医科大学産婦人科教室(北脇城教授)と共同で実施し、16日まで開催されていた第69回日本産婦人科学会学術講演会で研究成果を報告した。

 麹菌発酵大豆胚芽抽出物の摂取によるヒト子宮内膜症間質細胞、および子宮内膜症モデルマウスにおける影響を評価した。その結果、同抽出物の摂取により、ERβ-NF-kB経路を介して子宮内膜症の細胞増殖を抑制し、さらに子宮内膜症モデルマウスの病変形成を抑制することが確認された。同抽出物ではメカニズムを含め、子宮内膜症の病態に対する治療的効果が確認されたが、配糖体イソフラボンでは同様の効果は確認できなかったという。

 同社では、「今回の研究結果により、麹菌発酵大豆胚芽抽出物が子宮内膜症に悩む人に対して効果が出ることを大いに期待する」とコメントしている。

おススメ記事

2017年07月26日

ラクトス、乳酸菌飲料『NN12ドリンク』の代理店販売を強化

 乳酸菌飲料『NN12ドリンク』を販売する(株)ラクトス(本社:千葉県市川市、萩原孝子社長)は、代理店を通じた一般消費者への販売を強化している。  萩原社長は「インターネット通販は広がっているが、『NN12ドリンク』は対 […]

2017年07月26日

グルコサミンの機能性表示食品、3社目の届出撤回

 「グルコサミン」を機能性関与成分とする機能性表示食品の届出(1件)が新たに撤回されたことが、26日わかった。「グルコサミン」を配合した機能性表示食品の届出撤回は、今回で3社目(合計6商品)となる。  撤回されたのは、日 […]

エスビー、スーパーフードのスープトッピング発売

 エスビー(株)(本社:東京都中央区、小形博行社長、TEL:0120-120-671)は8月14日、スープトッピング『SUPERFOOD DELI スープトッピング 4種のスーパーフードとひよこ豆 ジンジャー』『――バジ […]

トモズ、阿佐ヶ谷駅にトモズビーンズをオープン

 ドラッグストアチェーンの(株)トモズ(本社:東京都文京区、徳廣英之社長)は25日、JR阿佐ヶ谷駅直結の商業施設内に「トモズビーンズ阿佐ヶ谷店」(東京都杉並区)をオープンした。  同エリアでは7店舗目となる。医薬品、サプ […]

2017年07月26日

データ・マックス、きょうからWFJ展で無料相談窓口を設置

 (株)データ・マックスはきょう(26日)から27日までの2日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される食品・飲料・素材専門展「ウェルネスフードジャパン(WFJ)」で、無料相談窓口を開設する(ブース番号3H-420 […]