健康情報ニュース.com >  健康食品  > 企業 > JHNFA、健康食品の表示・広告相談を6月に開始
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年04月17日

JHNFA、健康食品の表示・広告相談を6月に開始

<当面、週に1度のペースで実施>

 (公財)日本健康・栄養食品協会(JHNFA)はきょう(17日)開催した「メディア懇談会」で、健康食品の表示・広告に関する相談事業を6月から開始することを明らかにした。健康増進法や景品表示法に抵触しない適正な表示・広告の推進を目的としている。

挨拶する下田理事長(右端)と幹部職員

 地方自治体を退職した専門家をアドバイザーに迎え、6月から試行的に運用を開始する。当面は週に1回(午前9時~午後5時)のペースで実施する計画。各事業者が自社製品の表示・広告が適正かどうかを相談し、専門家が電話や面談でアドバイスする。

 相談件数などの状況に合わせて、実施日を増やすことも検討する。相談事業の詳細は近く公表する予定だ。

 認定健康食品(JHFA)の新たな規格基準となる「フコイダン食品」については、6~7月をめどに、規格基準を策定して公表すると説明した。今月7日には規格基準の原案を確定。今後は認定健康食品規格基準検討会などで詳細を詰める。

 

<健康食品企業向けのHACCP「手引書」作成へ>

 また、厚生労働省がすべての食品製造業者にHACCP導入を義務づけたことを受けて、JHNFAは今年度中をめどに、健康食品製造業者がHACCPを導入するための「手引書」を作成すると発表した。

 手引書は、GMP認定製造所向けとGMP非認定製造所向けの2種類を作成する。GMP非認定製造所向けの手引書は、サプリメント形状製品の製造所に限定する考え。「HACPPと健康食品GMPは衛生管理の要件で共通する部分が多いため、GMP認定製造所向けの手引書については、健康食品GMPをベースとした内容にする」と説明した。

 このほか、特別用途食品について、適正広告自主基準を作成するとともに、国に対して「総合栄養食品」の規格基準の見直しなどを申し入れる計画という。

おススメ記事

2017年10月18日

機能性表示「NG表現集」は効力なし

 健康産業新聞など一部の業界紙がNG表現集などとして報じた機能性表示のいわゆるネガティブリストについて、健康食品産業協議会は「効力を持つ文書としてこのようなものが存在することは承知していない」とその存在を否定した。消費者 […]

北海道、「ヘルシー・Do」フェアを大丸札幌で開催

 北海道経済部食関連産業室は18日、北海道食品機能性表示制度「ヘルシー・Do」の認定を受けた商品を販売する「ヘルシー・Do フェアin大丸札幌店」を大丸札幌店(札幌市中央区)地下1階でスタートさせた。24日まで開催する。 […]

2017年10月18日

プロテインケミカル、機能性表示食品『グルコサミン』の届出を変更

 プロテインケミカル(株)(本社:東京都千代田区、飯田公則社長)は18日、グルコサミン塩酸塩を配合した機能性表示食品『グルコサミン』の届出内容を変更し、消費者庁のホームページに公開されたと発表した。同社は論文を4報追加し […]

ユーグレナ、オールインワンスキンケアクリーム発売

  (株)ユーグレナ(本社:東京都港区、出雲充社長)は17日、オールインワンスキンケアクリーム『oneオールインワンセンシティブスキンクリーム』を新発売する。同社のECサイトで扱う。ユーグレナエキスを配合し、オールインワ […]

コカ・コーラシステム、『リアルゴールド 牡蠣ウコン』を発売

 全国のボトリング会社や日本コカ・コーラ(株)(本社:東京都渋谷区、ホルヘ・ガルドゥニョ社長、TEL:0120-308509)などで構成するコカ・コーラシステムは30日、炭酸飲料『リアルゴールド 牡蠣ウコン』(100ml […]