健康情報ニュース.com >  健康食品  > 企業 > JHNFA、健康食品の表示・広告相談を6月に開始
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年04月17日

JHNFA、健康食品の表示・広告相談を6月に開始

<当面、週に1度のペースで実施>

 (公財)日本健康・栄養食品協会(JHNFA)はきょう(17日)開催した「メディア懇談会」で、健康食品の表示・広告に関する相談事業を6月から開始することを明らかにした。健康増進法や景品表示法に抵触しない適正な表示・広告の推進を目的としている。

挨拶する下田理事長(右端)と幹部職員

 地方自治体を退職した専門家をアドバイザーに迎え、6月から試行的に運用を開始する。当面は週に1回(午前9時~午後5時)のペースで実施する計画。各事業者が自社製品の表示・広告が適正かどうかを相談し、専門家が電話や面談でアドバイスする。

 相談件数などの状況に合わせて、実施日を増やすことも検討する。相談事業の詳細は近く公表する予定だ。

 認定健康食品(JHFA)の新たな規格基準となる「フコイダン食品」については、6~7月をめどに、規格基準を策定して公表すると説明した。今月7日には規格基準の原案を確定。今後は認定健康食品規格基準検討会などで詳細を詰める。

 

<健康食品企業向けのHACCP「手引書」作成へ>

 また、厚生労働省がすべての食品製造業者にHACCP導入を義務づけたことを受けて、JHNFAは今年度中をめどに、健康食品製造業者がHACCPを導入するための「手引書」を作成すると発表した。

 手引書は、GMP認定製造所向けとGMP非認定製造所向けの2種類を作成する。GMP非認定製造所向けの手引書は、サプリメント形状製品の製造所に限定する考え。「HACPPと健康食品GMPは衛生管理の要件で共通する部分が多いため、GMP認定製造所向けの手引書については、健康食品GMPをベースとした内容にする」と説明した。

 このほか、特別用途食品について、適正広告自主基準を作成するとともに、国に対して「総合栄養食品」の規格基準の見直しなどを申し入れる計画という。

おススメ記事

2017年04月28日

アムウェイ、5年連続でダイレクトセリング企業1位

 日本アムウェイ(合同)(本社:東京都渋谷区、ピーター・ストライダム社長)は27日、世界のダイレクトセリング企業の売上高ランキングで、2016年もアムウェイ社が第1位になったと発表した。  ダイレクトセリングの専門媒体「 […]

2017年04月28日

乳酸菌にRSウイルス感染防御作用

 雪印メグミルク(株)(本社:東京都新宿区、西尾啓治社長)は27日、乳酸菌ガセリ菌SP株のRSウイルス感染防御作用を確認したと発表した。  試験管内で培養試験を実施したところ、ヒト喉頭がん由来細胞に RS ウイルスを感染 […]

2017年04月28日

龍泉堂、自社原料でコーシャー認証を取得

 (株)龍泉堂(本社東京都豊島区、塩島由晃社長)はこのほど、同社が供給するオニオン・パンプキンエキス末『OPtain120』で国際品質規格基準の「Kosher(コーシャー)」認証を取得したと発表した。  同原料は北海道産 […]

公取、久世に下請法違反で勧告

 下請事業者への支払代金を減額したとして、公正取引委員会は27日、業務用食材を販売する(株)久世(本社:東京都豊島区、久世健吉代表)に対し、下請代金支払遅延等防止法(下請法)に基づく勧告を行ったと発表した。  公取による […]

ナリス化粧品、『食べるシェイクPLUS』発売

 (株)ナリス化粧品(本社:大阪市福島区、村岡弘義社長、TEL:0120-71-9000)は5月21日、スーパーフードが入った『食べるシェイクPLUS 味わい抹茶』、『――香ばしカフェオレ』、『――クリーミー苺』(33g […]