健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 「目のピント調節」の機能性表示食品で重篤な健康被害~東京都
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年04月11日

「目のピント調節」の機能性表示食品で重篤な健康被害~東京都

<健康食品の「危害」相談が急増>

 「目のピント調節」をうたう機能性表示食品が原因と疑われる重篤な健康被害が発生したことが10日、東京都の「『危害』の消費生活相談の概要」からわかった。

 2016年度上半期に、都内の消費生活センターに寄せられた「危害」に関する相談を分析した結果、相談件数は前年比10.1%増の980件に上った。商品・サービス別では、1位が「健康食品」(158件)、2位が「美容医療」(65件)、3位が「エステティックサービス」(54件)など。「健康食品」は15年度通期で130件だったが、昨年度は上半期だけでそれを上回った。

 「健康食品」の相談(158件)について、危害の程度を分析した結果、「治療1カ月以上」が2件、「治療3週間~1カ月」が6件、「治療1~2週間」が4件、「治療1週間未満」が21件などとなっている。

 また、12年度~16年度上半期までに寄せられた相談を年代別で見ると、20~40代で「美容医療」や「エステティックサービス」、50~70代で「健康食品」や「基礎化粧品」の相談が多くなる傾向がみられた。

 

<医師の所見は「機能性表示食品による薬物性肝炎」>

 都は「健康食品」の相談内容として、機能性表示食品が原因と疑われる健康被害の事例を挙げた。

 それによると、被害者の40代男性は、4カ月ほど前に友人から「目のピント調節の機能性表示食品60粒入り1袋」をプレゼントされ、2カ月前から、表示のとおり1日2粒を朝と晩に分けて摂取し続けたと説明している。1カ月半ほど前に、自宅でオレンジ色の尿が出たため、既往症の尿管結石の再発を疑って医療機関で検査したが、結石ではなかったという。

 その3日後、男性は全にかゆみを感じて、別の医療機関でアレルギー薬の処方を受けたが、もともとアレルギーでなかったため、服用しなかった。全身のだるさとめまいが取れず、5日後に血液検査を受けたが、その翌日に医師から「肝臓検査値が異常に高いので、すぐ来院するように」と指示された。その場で「急性肝炎の疑い」と診断されたとしている。

 3日後の朝、男性はさらに別の医療機関で血液検査を受けたところ、「要入院異常値」と言われ、中核病院を紹介され、緊急入院した。担当医の所見は「当該機能性表示食品による薬物性肝炎」だった。肝疾患の症状である「黄疸、全身のかゆみ、倦怠感の改善と薬物の除去治療」の後、2週間前に退院したという。

 

<機能性表示食品制度、安全対策の強化が優先課題に浮上>

 「健康情報ニュース.com」では、これまでに機能性表示食品が原因と疑われる健康被害が(独)国民生活センターに寄せられていると報じてきたが、今回は行政による公表となった。さらに、「目のピント調節」という受理件数が多い訴求の商品によって健康被害が発生したため、消費者や業界に与えるインパクトは大きいとみられる。

 機能性表示食品制度については「2年後の見直し」が予定されている。見直しの際には、今回の事例などを踏まえ、安全性確保の対策強化が優先課題に浮上しそうだ。

【木村 祐作】

おススメ記事

データ・マックス、東京支店を移転

 (株)データ・マックス(本社:福岡市博多区、児玉直社長)は5月27日、業務拡充にともない東京支店を移転する。5月29日から新オフィスで業務を開始する。セミナールームを常設し、今後は各種セミナーや勉強会などにも注力する。 […]

カネリョウ海藻、海産物2品を通販で発売

 カネリョウ海藻(株)(本社:熊本県宇土市、高木良樹社長、TEL:0120-37-4008)はこのほど、長崎県産のタイを使用した自然食品『鯛の昆布〆』(5切れ(58g)×2P)と、熊本県産の黒磯のりを使用した同『黒磯旨の […]

2017年04月24日

JIHFS、溶出試験の実習セミナーを開催

 (一社)日本健康食品規格協会(JIHFS、池田秀子理事長)は22日、JIHFS GMPセミナー「溶出試験の理論と実際(実習付)」を都内で開催した。約30人の業界関係者が出席した。  池田秀子理事長は挨拶のなかで「崩壊試 […]

2017年04月24日

ダーボン・オーガニック・ジャパン、コロンビア産有機ショートニングの販売強化

 ダーボン・オーガニック・ジャパン(株)(本社:東京都品川区、レオン・ファン・ハゥヴェリンゲン社長)は、コロンビア産パーム油由来「有機ショートニング」の販売を強化する。2016年の売上高は前年比17%増と伸長。引き続き日 […]

2017年04月24日

GNG、日本製サプリの「中国進出」判断サービスを開始

 (株)グローバルニュートリショングループ(本社:東京都豊島区、武田猛代表)はこのほど、(株)クロスボーダーエイジ(本社:東京都千代田区、春山祥一代表)と共同で、日本製サプリメントを対象に、中国の保健食品市場へ進出する際 […]