健康情報ニュース.com >  健康食品  > 学術 > 水溶性食物繊維の多量摂取、ホルモン受容体陰性乳がんのリスク上昇
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年04月06日

水溶性食物繊維の多量摂取、ホルモン受容体陰性乳がんのリスク上昇

 食物繊維の摂取量が非常に多いと乳がんのリスクが低下することが5日、(国研)国立がん研究センターの研究班がまとめた多目的コホート研究の結果からわかった。一方、水溶性食物繊維の摂取量が多い女性ではホルモン受容体陰性乳がんのリスクが上昇する傾向にあった。日本人の食物繊維摂取量とホルモン受容体別乳がんの関連性を検討した初の大規模コホート研究という。

 調査は、全国9地域に在住し、1995年と98年にアンケート調査に回答した45~74歳の女性約4万4,000人を対象に実施。2011年まで追跡調査を行って、食物繊維の摂取量と乳がんリスクの関連性を調べた。追跡期間中に681人が乳がんに罹患。アンケート調査結果に基づいて、「総食物繊維摂取量」「水溶性食物繊維量」「不溶性食物繊維量」「納豆・米の摂取量」(納豆は水溶性食物繊維、米は不溶性食物繊維を多く含む)の4グループに分けて、乳がんリスクを比較した。

 調査の結果、4グループと乳がん全体のリスクの関連性は認められなかった。しかし、「総食物繊維摂取量」がもっとも多いグループを詳細に分析すると、摂取量が非常に多いグループでは乳がんリスクが低下する傾向がみられた。

 一方、乳がん組織のホルモン受容体別に見た場合、水溶性食物繊維の摂取量がもっとも少ないグループと比べて、摂取量がもっとも多いグループでは、ホルモン受容体陰性乳がんのリスクが5.45倍も高くなった。ただし、症例数が限られていることから、「慎重に解釈する必要がある」としている。

おススメ記事

遺伝子組み換え表示、コーンフレークの追加を見送り

<検査法の再現性、確認できず>  消費者庁の「遺伝子組み換え表示制度に関する検討会」は17日、遺伝子組み換え(GM)表示制度の対象品目に追加する方向で検討していた「コーンフレーク」について、再現性のある検査法が確立されて […]

ジャパンライフ、1年以内に3度目の行政処分

<3月の行政処分を受け、新たなビジネス>  装着タイプ磁気治療器の販売取引で特定商取引法に違反したとして、消費者庁は17日、ジャパンライフ(株)(東京都千代田区、山口ひろみ社長)に対し、業務提供誘引販売取引について12カ […]

2017年11月17日

フジッコ、黒大豆種皮抽出物で臨床試験終了

 フジッコ(株)(本社:兵庫県神戸市、福井正一社長、TEL:078-303-5925)は、黒大豆種皮ポリフェノールを豊富(58%以上)に含む『クロノケアSP』で、機能性表示食品制度への届出準備に入った。  今年3月に開催 […]

2017年11月17日

コトブキ薬粧、大阪の展示会で新サービス提案

 コトブキ薬粧(株)(本社:大阪市中央区、和田洋治社長、TEL:06-4963-2877)は28日から30日までの3日間、インデックス大阪(大阪市住之江区)で開催される「中小企業新ものづくり・新サービス展」に出展する。大 […]

クリスマス限定パッケージの『Newヤクルト』発売

 (株)ヤクルト本社(本社:東京都港区、根岸孝成社長)は11月下旬~12月下旬の期間、クリスマスシーズン限定パッケージの乳製品乳酸菌飲料『Newヤクルト』、『Newヤクルトカロリーハーフ』を全国で発売する。容器にクリスマ […]