健康情報ニュース.com >  健康食品  > 学術 > 水溶性食物繊維の多量摂取、ホルモン受容体陰性乳がんのリスク上昇
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年04月06日

水溶性食物繊維の多量摂取、ホルモン受容体陰性乳がんのリスク上昇

 食物繊維の摂取量が非常に多いと乳がんのリスクが低下することが5日、(国研)国立がん研究センターの研究班がまとめた多目的コホート研究の結果からわかった。一方、水溶性食物繊維の摂取量が多い女性ではホルモン受容体陰性乳がんのリスクが上昇する傾向にあった。日本人の食物繊維摂取量とホルモン受容体別乳がんの関連性を検討した初の大規模コホート研究という。

 調査は、全国9地域に在住し、1995年と98年にアンケート調査に回答した45~74歳の女性約4万4,000人を対象に実施。2011年まで追跡調査を行って、食物繊維の摂取量と乳がんリスクの関連性を調べた。追跡期間中に681人が乳がんに罹患。アンケート調査結果に基づいて、「総食物繊維摂取量」「水溶性食物繊維量」「不溶性食物繊維量」「納豆・米の摂取量」(納豆は水溶性食物繊維、米は不溶性食物繊維を多く含む)の4グループに分けて、乳がんリスクを比較した。

 調査の結果、4グループと乳がん全体のリスクの関連性は認められなかった。しかし、「総食物繊維摂取量」がもっとも多いグループを詳細に分析すると、摂取量が非常に多いグループでは乳がんリスクが低下する傾向がみられた。

 一方、乳がん組織のホルモン受容体別に見た場合、水溶性食物繊維の摂取量がもっとも少ないグループと比べて、摂取量がもっとも多いグループでは、ホルモン受容体陰性乳がんのリスクが5.45倍も高くなった。ただし、症例数が限られていることから、「慎重に解釈する必要がある」としている。

おススメ記事

農水省、β-クリプトキサンチンの定量法で意見募集

 農水省はこのほど、「ウンシュウミカン中のβ-クリプトキサンチンの定量――高速液体クロマトグラフ法の日本農林規格(案)」について、パブリック・コメントの募集を開始した。2月15日に締め切る。

カゴメと産総研、オープンイノベーションに向け始動

 カゴメ(株)(本社:名古屋市中区、寺田直行社長)と(国研)産業技術総合研究所(産総研)は18日、昨年10月1日付で締結した包括的共同研究契約に基づき、共同研究活動を本格的にスタートさせると発表した。  カゴメは産総研生 […]

2018年01月19日

「葛の花」事件で9社に課徴金納付命令~消費者庁

<課徴金額はステップワールドの4,893万円がトップ>  消費者庁は19日、葛の花由来イソフラボンを配合した機能性表示食品の広告で、事実と異なる痩身効果を標ぼうしていた販売会社9社に対し、景品表示法に基づく課徴金納付命令 […]

データ・マックス新年会、130人の業界関係者が参加

 (株)データ・マックスは18日、「データ・マックス新年会」を都内ホテルで開催した。ヘルスケア業界を中心とする130人の業界関係者が参加。懇親会のほか、国際政治経済学者の浜田和幸氏によるセミナーも行われた。  浜田氏は「 […]

東京都、不適正計量商品の割合 過去10年で最高

 東京都計量検定所は18日、年末期の商品量目立入検査結果を発表した。検査対象となったスーパーなどの158事業所中、不適正商品率が5%を超える事業所は23件(14.6%)、対象商品6,674点のうちラベル不適正商品は150 […]