健康情報ニュース.com >  健康食品  > 学術 > 水溶性食物繊維の多量摂取、ホルモン受容体陰性乳がんのリスク上昇
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年04月06日

水溶性食物繊維の多量摂取、ホルモン受容体陰性乳がんのリスク上昇

 食物繊維の摂取量が非常に多いと乳がんのリスクが低下することが5日、(国研)国立がん研究センターの研究班がまとめた多目的コホート研究の結果からわかった。一方、水溶性食物繊維の摂取量が多い女性ではホルモン受容体陰性乳がんのリスクが上昇する傾向にあった。日本人の食物繊維摂取量とホルモン受容体別乳がんの関連性を検討した初の大規模コホート研究という。

 調査は、全国9地域に在住し、1995年と98年にアンケート調査に回答した45~74歳の女性約4万4,000人を対象に実施。2011年まで追跡調査を行って、食物繊維の摂取量と乳がんリスクの関連性を調べた。追跡期間中に681人が乳がんに罹患。アンケート調査結果に基づいて、「総食物繊維摂取量」「水溶性食物繊維量」「不溶性食物繊維量」「納豆・米の摂取量」(納豆は水溶性食物繊維、米は不溶性食物繊維を多く含む)の4グループに分けて、乳がんリスクを比較した。

 調査の結果、4グループと乳がん全体のリスクの関連性は認められなかった。しかし、「総食物繊維摂取量」がもっとも多いグループを詳細に分析すると、摂取量が非常に多いグループでは乳がんリスクが低下する傾向がみられた。

 一方、乳がん組織のホルモン受容体別に見た場合、水溶性食物繊維の摂取量がもっとも少ないグループと比べて、摂取量がもっとも多いグループでは、ホルモン受容体陰性乳がんのリスクが5.45倍も高くなった。ただし、症例数が限られていることから、「慎重に解釈する必要がある」としている。

おススメ記事

コカ・コーラ、『リアルゴールド』に新フレーバー

 全国のボトリング会社と(株)日本コカ・コーラ(東京都渋谷区、ホルヘ・ガルドゥニョ社長、TEL:0120-308509)で構成するコカ・コーラシステムは7月2日、乳性フレーバーをミックスした『リアルゴールド スーパーリフ […]

2018年06月21日

【7/25】「健全な市場流通を考える会」が公開討論会

 「健康食品・サプリメントの健全な市場流通を考える会」(唐木英明会長)は7月25日(午前10時から午後0時30分)、公開討論会「健康食品の健全な発展のために我々は何をしたらいいのか?」を東京ビッグサイト・西ホール会場内( […]

2018年06月21日

キリン、巨人軍とオフィシャル乳酸菌飲料サプライヤー契約

 キリン(株)(東京都中野区、磯崎功典社長)とキリンビバレッジ(株)(東京都中野区、堀口英樹社長)は20日、(株)読売巨人軍とオフィシャル乳酸菌飲料サプライヤー契約を締結したと発表した。乳酸菌を配合した飲料の提供により、 […]

2018年06月21日

全健協、通常総会・懇親会を開催

 特定非営利活動法人全日本健康自然食品協会は20日、通常総会・懇親会を如水会館(東京都千代田区)で開催した。参加者は約50人。通常総会で再任された杢谷正樹理事長は「変化の多いなか、明日への可能性を見つめて進展していく」と […]

成人年齢引き下げ、高校の消費者教育事例集を公表~消費者庁

<ネットトラブル、悪質商法、薬・食品などテーマに>  改正民法の施行により、成人年齢が18歳へ引き下げられることを踏まえ、消費者庁は20日、高校生向けの消費者教育教材「社会への扉」の活用事例集を公表した。2020年度まで […]