健康情報ニュース.com >  健康食品  > 学術 > 水溶性食物繊維の多量摂取、ホルモン受容体陰性乳がんのリスク上昇
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年04月06日

水溶性食物繊維の多量摂取、ホルモン受容体陰性乳がんのリスク上昇

 食物繊維の摂取量が非常に多いと乳がんのリスクが低下することが5日、(国研)国立がん研究センターの研究班がまとめた多目的コホート研究の結果からわかった。一方、水溶性食物繊維の摂取量が多い女性ではホルモン受容体陰性乳がんのリスクが上昇する傾向にあった。日本人の食物繊維摂取量とホルモン受容体別乳がんの関連性を検討した初の大規模コホート研究という。

 調査は、全国9地域に在住し、1995年と98年にアンケート調査に回答した45~74歳の女性約4万4,000人を対象に実施。2011年まで追跡調査を行って、食物繊維の摂取量と乳がんリスクの関連性を調べた。追跡期間中に681人が乳がんに罹患。アンケート調査結果に基づいて、「総食物繊維摂取量」「水溶性食物繊維量」「不溶性食物繊維量」「納豆・米の摂取量」(納豆は水溶性食物繊維、米は不溶性食物繊維を多く含む)の4グループに分けて、乳がんリスクを比較した。

 調査の結果、4グループと乳がん全体のリスクの関連性は認められなかった。しかし、「総食物繊維摂取量」がもっとも多いグループを詳細に分析すると、摂取量が非常に多いグループでは乳がんリスクが低下する傾向がみられた。

 一方、乳がん組織のホルモン受容体別に見た場合、水溶性食物繊維の摂取量がもっとも少ないグループと比べて、摂取量がもっとも多いグループでは、ホルモン受容体陰性乳がんのリスクが5.45倍も高くなった。ただし、症例数が限られていることから、「慎重に解釈する必要がある」としている。

おススメ記事

正栄食品工業、東証1部へ昇格

 正栄食品工業(株)(本社:東京都台東区、本多市郎社長)は21日、28日付で同社株式が東京証券取引所市場第2部から第1部銘柄に指定されることになったと発表した。  同社では、国内外から厳選された安全・安心の食品を提供する […]

2017年07月24日

バイオヘルスリサーチリミテッド、2件目のアンチ・ドーピング認証

 サプリメントのアンチ・ドーピング認定機関であるLGC社(英国)の日本総代理店を務める(有)バイオヘルスリサーチリミテッド(東京都文京区、池田秀子代表)は24日、日本ハム(株)の『イミダの力(粉末)』が、LGC社のインフ […]

2017年07月24日

味覚糖とのコラボ商品、バカ売れで販売一時停止に

 (株)コンプ(本社:東京都千代田区、鈴木優太代表)は、7月11日から販売しているグミタイプの栄養補助食品『COMPグミ』が、当初の想定を大幅に上回る販売量で供給体制が追い付かないことから、販売を一時停止すると発表した。 […]

2017年07月24日

神明、雪国まいたけの株式取得

 (株)神明(本社:神戸市中央区、藤尾益雄社長)は21日、Bain Capital Private Equity, LP(ベインキャピタル)から(株)雪国まいたけ(本社:新潟県南魚沼市、足利巌社長)の株を49%間接取得す […]

2017年07月24日

【7/26】WFJ、レセプションパーティー開催

 食と健康の展示会「ウェルネスフードジャパン(WFJ)事務局は26日、東京ビッグサイト(東京都江東区)東2ホール「インターナショナルラウンジ」でレセプションパーティーを開催する。参加費は1人2,000円。出展社は2人まで […]