健康情報ニュース.com >  介護・病者用食品  > 行政・政治 > 消費者庁、改正・特別用途食品制度 来年4月1日施行へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者庁、改正・特別用途食品制度 来年4月1日施行へ

<1年の猶予期間を設定>

 消費者庁は3月31日、改正した新たな特別用途食品制度を来年4月1日に施行すると発表した。登録試験機関の準備調整期間や容器包装の変更に留意して、今後の1年間を猶予期間に当てる。

 改正のポイントは主に5つ。(1)えん下困難者用食品の下に「とろみ調整用食品」を配置、(2)病者用食品に、その食品を使用しなければ食事療法の実施と継続が困難なものを新設、(3)えん下困難者用食品の表示内容を変更、(4)外部の試験検査機関による試験を年1回実施、(5)新たな許可区分の追加と既存の許可基準の見直しを行う場合の方法を規定。 

 えん下困難者用食品の許可基準区分を示す3つのマークも公表した。許可基準1が「そのまま飲み込める性状のもの」(図1)、同2が「口のなかで少しつぶして飲み込める性状のもの」(図2)、同3が「少しそしゃくして飲み込める性状のもの」(図3)としている。

 えん下困難者用食品の下に新設される「とろみ調整用食品」は、えん下を容易にし、誤えんの予防を目的とする。医学的・栄養学的見地から、特別の配慮を必要とするえん下困難者に適当な食品で、えん下困難者への使用実績があるものと規定した。 

 「新しい許可区分」を追加する場合は、販売実績、表示の適用範囲、安全性に関する根拠に基づく許可基準案、分析方法などの書類を添付し、消費者庁に提出する。既存の許可基準の見直しについては、見直し案などの書類を消費者庁に提出するとしている。消費者庁に医師・薬剤師・管理栄養士などで構成する場を設けて、判断する方針だ。

 また、同日付で、登録試験機関の1つである(国研)医薬基盤・健康・栄養研究所の手数料を改正し、告示した。

【越中 矢住子】

おススメ記事

消費者庁長官、ビワ種子の健康茶を引き続き注視

 ビワの種子を使った健康茶や健康食品について、消費者庁の岡村和美長官は20日の定例記者会見で、「現時点で重大事故の報告はないが、引き続き事故情報の収集を行う」と述べた。  (独)国民生活センターが14日に、ビワの種子を含 […]

日清オイリオグループ、鮮度のオイルシリーズ『スヌーピーボトル』発売

 日清オイリオグループ(株)(東京都中央区、久野貴久社長)は7月1日、「鮮度のオイルシリーズ」のラベルにスヌーピーのイラストを施した『スヌーピーボトル』を発売する。  同シリーズには、『日清アマニ油145gフレッシュキー […]

2018年06月20日

美容で「ナッツ類・ドライフルーツ」が人気

 挙式の経験がある、または予定している20~30代女性では、美容のために「ナッツ類・ドライフルーツ」を食べる人が多いことが、ワタベウェディング(株)(京都市下京区、花房伸晃代表)の調査で浮かび上がった。  調査は今年5月 […]

亀田製菓、『柿の種』を自主回収

 亀田製菓(株)(佐藤勇社長、新潟市江南区)は19日、『亀田の柿の種』2品を自主回収すると発表した。  対象製品は『86g 亀田の柿の種』(JOY PACK)(賞味期限2018年9月26日と9月27日)、『90g 亀田の […]

えひめ消費者ネット、18団体目の適格消費者団体に認定

 消費者庁は19日、特定非営利活動法人えひめ消費者ネット(愛媛県松山市、野垣康之理事長)を適格消費者団体として新たに認定した。適格消費者団体は合計18団体となった。  適格消費者団体は一般消費者の利益を守るために、不当な […]