健康情報ニュース.com >  化粧品  > 学術 > ヒアルロン酸が紫外線による炎症を抑制
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年03月17日

ヒアルロン酸が紫外線による炎症を抑制

 ロート製薬(株)(本社:大阪市生野区、吉野俊昭社長)ロートリサーチビレッジ京都は16日、ヒアルロン酸が紫外線による炎症を抑制することを確認したと発表した。ヒアルロン酸には紫外線による皮膚の炎症や色素沈着に関わる炎症因子の産生を抑制する作用があり、シミの原因となるメラニンの産生抑制も期待できると報告している。

 紫外線を浴びた皮膚では、表皮細胞で炎症因子が産生される。炎症因子は皮膚の炎症を引き起こすだけでなく、色素細胞に働きかけ、メラニンの産生を活性化させる。今回の研究は、ヒアルロン酸の紫外線による皮膚へのダメージに対する作用を検証するため、代表的な炎症因子であるプロスタグランジンE2とインターロイキン1aに着目して実施した。

 紫外線を照射した表皮角化細胞にヒアルロン酸を添加し、各炎症因子量を測定。その結果、ヒアルロン酸を加えると、紫外線照射によるプロスタグランジンE2とインターロイキン1aの産生が抑制されることを確認したという。

おススメ記事

メディカル一光、子会社を合併

 調剤薬局や医薬品卸、介護業などを展開する(株)メディカル一光(本社:三重県津市、南野利久社長)は21日、連結子会社の(株)ヘルスケア一光と(株)ハピネライフケアを合併すると発表した。 合併期日は9月1日としている。   […]

2017年06月22日

キティー、粉末形状のビフィズス菌原料の提案開始

 (株)キティー(本社:東京都新宿区、朝木宏之社長、TEL:03-6457-7990)のバイオ事業部はこのほど、粉末形状の食品原料『ビフィスリム菌KMH001』の提案を開始した。  これはヒト由来のビフィズス菌(Bifi […]

ツルハHD、5月期は大幅増益に

 (株)ツルハホールディングス(本社:北海道札幌市、堀川政司社長)は20日、2017年5月期決算を発表した。売上高は前年比9.4%増の5,770億8,800万円、営業利益は同18.3%増の370億7,100万円、経常利益 […]

2017年06月22日

サプリメントで「タウリン」の広告はNG

 (公社)日本広告審査機構(JARO)はこのほど、最近の審査トピックスとして「タウリンを含むサプリメントの扱いは?」を取り上げた。  タウリンは「専ら医薬品として使用される成分本質(原材料)」のリストに記載されているため […]

愛知県、健康食品「お試し」のトラブル増加

 愛知県はこのほど、2016年度に県内の消費生活センターに寄せられた消費生活相談件数が前年比4.3%減の4万3,101件に上ったと発表した。商品別に見ると、健康食品に関する相談は1,365件で、同47.1%増となった。 […]