健康情報ニュース.com >  自然食品  > 企業 > カネリョウ海藻、カンボジア産有機パームシュガーの販路拡大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年03月07日

カネリョウ海藻、カンボジア産有機パームシュガーの販路拡大

幸せの黄色いお砂糖 500g ボトル

 カネリョウ海藻(株)(本社:熊本県宇土市、高木良樹社長)は、カンボジアで精製・加工された有機JAS認定のパームシュガー『幸せの黄色いお砂糖』(ボックスタイプ5g×25袋、ボトルタイプ500g)の販路拡大に注力する。昨年10月、自社ホ ームページでの通信販売を開始。広島三越などの百貨店に流通しているが、今後は自然食品店などへも提案する考えだ。  

 同商品は、カンボジアでオーガニック栽培によって育てられたパルミラヤシの花蕾の液を煮詰めて製造される。総ミネラルはメイプルシュガーの約2.6倍、ココナッツシュガーと同量(同社調べ)。銅やポリフェノールが多く、とくにヒドロキシメチルフルフラール(HMF)を多く含む。

 上品な甘さと雑味がなくスッキリとした味わいが特徴。料理雑誌で高級レストランシェフに「いろいろと使ってみたい」と評価されるなど、じわじわと存在感を示し始めているという。業務用は20kgと500gの2タイプを供給する。グルタミン酸が多く含まれることから、低味改善にも利用できる。

幸せの黄色いお砂糖 5g×25袋入り

 同社の担当者は、「オーガニックのパームシュガーを年間20tは輸入できる。現地に新工場も建設中で、生産能力も2~3倍に向上する」と話している。同品の売上金の一部は、生産国であるカンボジアの教育支援として寄贈される。

おススメ記事

消費者庁、遺伝子組み換え表示の見直しで初会合(後)

<安全性の問題は過去の話> 【解説】  遺伝子組み換え表示制度は2001年4月に施行された。食品表示を所管していた農林水産省は1997年に、制度導入に向けて検討会を発足。当時、検討会を傍聴して感じたのは、会合を何度重ねて […]

消費者庁、遺伝子組み換え表示の見直しで初会合(前)

<来年3月めどに結論>  遺伝子組み換え食品の表示制度を見直すため、消費者庁はきょう(26日)、「遺伝子組換え表示制度に関する検討会」の初会合を開き、検討作業に着手した。来年3月をめどに結論を取りまとめる。  検討会は学 […]

ディーフット、季節限定のスキンケアスプレー発売

 (株)ディーフィット(東京都新宿区、立川真由美代表)は26日、季節限定のスキンケア商品『アウトドアでも優しくお肌を守ってくれるスキンスプレー』を発売する。  ラベンダー油やユーカリ油などの天然製油を配合。蚊や虫が多く出 […]

たかくら新産業、オーガニック素材使用の犬用歯磨き粉を発売

 (株)たかくら新産業(本社:東京都港区、高倉健社長)は25日、オーガニック素材を用いた犬用の歯磨き粉『オーガニック ホワイトニング トゥースペースト ピーチ味』を発売した。  同品はアロエベラの液汁をベースに、オリーブ […]

2017年04月26日

キューサイ、機能性表示食品『ハツラツQ10』を発売

 キューサイ(株)(本社:福岡市中央区、神戸聡社長、TEL:0120-327-831)は5月1日、機能性表示食品のサプリメント『ハツラツQ10』(460mg×30粒)を発売する。  関与成分は還元型コエンザイムQ10。「 […]