健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 規制改革推進会議WG、消費者庁が施策を提示(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月28日

規制改革推進会議WG、消費者庁が施策を提示(後)

<WGや業界団体の提言、消費者の信頼失う結果に>

【解説】

 同WG委員からは、「届出制度なので、簡単なチェックだけにして受理すべき」という旨の発言が聞かれた。しかし、届出を右から左へと受理してしまうと、インチキな機能性表示食品が市場に溢れることにつながる。

 他省庁では、機能性表示食品制度に対して厳しい見方をする官僚が多い。が、「制度が維持されているのは、国がしっかりとチェックしているからだろう」との見方で一致。消費者委員会の河上委員長は「信頼されないなら、制度そのものが意味を持たなくなる」と警鐘を鳴らす。制度が定着するかどうかの正念場にあると見ているわけだ。企業関係者の間でも、「まずは制度を育てることが重要」と指摘する声が増えている。

消費者目線に立たない議論を展開

 一方、そうした危機感も薄く、規制緩和ばかり求めているのが、健康食品の業界団体だ。制度を慎重に育てなければならない時期に、その責任を負う業界団体が注力しているのは、関与成分の拡大や受理の迅速化などである。消費者の目線に立って、制度の信頼性を高めていくという姿勢は伝わってこない。

 また同WGでは、機能性表示食品について利益相反が疑われる委員が複数参加している。彼らによって制度が都合よくいじられると、制度に対する消費者の不信感はますます強まるだろう。

 同WGには、日本健康・栄養食品協会(JHNFA)と日本通信販売協会(JADMA)が提案書を提出している。そのなかに、受理までの時間を短縮させる方策の1つとして、第三者機関が届出の事前チェックを実施する案がある。

 例えば、その受け皿を要望者のJHNFAや、規制改革推進会議の森下竜一委員が副理事長を務める日本抗加齢協会が担うことになれば、どうなるのか。両機関とも、機能性表示食品の届出支援ビジネスを展開していることから、事前チェックの第三者機関と認定された場合、文字通りの“我田引水”“利益相反”となる。また、健康食品業界と関わりのある他団体が受け皿となっても、同様の危険性が生じる。

 そうしたケースでは、制度の信頼性を損なうのは必至だ。幸いにも同WGで、この提案は議論にならなかったようだ。もし、事前チェックが必要と考えるならば、国とは無関係に、JHNFAもJADMAも今すぐに実施すべきである(ただし、この場合“旨み”はないだろう)。

 制度がよちよち歩きの現時点で、同WGや業界団体が主張する内容を施策に反映させた場合、消費者の信頼を失うだけだ。その結果、だれにも相手にされない制度に成り下がる可能性がある。そうならないように業界関係者には、団体活動のあり方を見直すとともに、同WGの動きを注意深く見守ることが求められそうだ。

(了)

【木村 祐作】

おススメ記事

消費者庁、SAKLIKITに景表法に基づく措置命令

 下着を着用するだけで、短期間に著しい痩身効果を得られると誤認させる広告を行ったとして、消費者庁は14日、(株)SAKLIKIT(大阪市中央区、安井由佳代表)に対し、景品表示法に基づく措置命令を出した。  同社は自社のウ […]

2017年12月14日

【2018/2/5】愛媛県が食品表示・安全講習会

 愛媛県は来年2月5日、食品表示・安全に関する講習会をテクノプラザ愛媛テクノホール(愛媛県松山市)で開催する。定員200人、参加費は無料。  プログラムは、県からの情報提供「食べ物の安全性について~リスクとうまく付き合う […]

鹿児島くみあい食品、賞味期限切れの漬物を自主回収

 (一財)食品産業センターの食品事故情報告知ネットは13日、鹿児島くみあい食品(株)による漬物の自主回収情報を掲載した。  今月9日に開催されたイベントの「屋外特設テント」で、賞味期限が切れた『寒干し かつお風味たくあん […]

2017年12月14日

大塚製薬、コーポレートサイトを刷新

 大塚製薬(株)は13日、使いやすさと見やすさを向上させるため、コーポレートサイトを全面リニューアルしたと発表した。  レスポンシブウェブデザインを採用し、パソコンやスマートフォン、タブレットなど多様なデバイスの画面サイ […]

島根県、若者のマルチ商法被害で注意喚起

 島根県消費者センターは13日、若者の間でマルチ商法による被害が広がっていることを受けて、「親しい間柄でもはっきりと断る」ことが必要とする注意喚起を行った。  相談事例として、20代の女性が大学時代の先輩に勧められて、浄 […]