健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 【検証】八幡物産『北の国から届いたブルーベリー』届出撤回の顛末(10)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月14日

【検証】八幡物産『北の国から届いたブルーベリー』届出撤回の顛末(10)

 日本アントシアニン研究会は6月6日付の主張書面(1)で、八幡物産の主張書面(2)(3)に対し、全面的に否認して争う姿勢を打ち出した。

 同研究会は、(1)「アントシアニン」には目の疲労感やピント調節機能の低下を緩和する、などの機能は報告されていない、(2)研究レビューで採択された文献は、届出人(八幡物産)が使用している成分と同等でない成分を対象に論述した論文である、(3)「目の疲労感の緩和」に有効という説は、引用文献で否定的な結果が示されている――の3点について、(2)の同等性に関する主張はさておき、(1)と(3)の指摘が「いずれも真実性を有することは明らか」と主張している。

 その根拠について、八幡物産が研究レビューで機能性表示の根拠として採択している論文「VDT作業負荷による眼精疲労自覚症状および調節機能障害に対するビルベリー果実由来アントシアニン含有食品の保護的効果」の159ページ2段目の記述を引用して説明している。

 当該記述は、「各被験者におけるVDT作業負荷に対する眼精疲労自覚症状および調節機能の反応性」を評価した部分で、VAS法(視覚的評価スケール)によってプラセボ摂取群とビルベリー由来アントシアニン含有食品(BA食品)摂取群のVDT作業負荷感性被験者の負荷の影響が28日間の介入期間中にどのように変化したかを観察・評価した試験である。

 論文の記述をそのまま引用すると「day-0,day-14,およびday-28の3つの時点で評価した症状VASスコアの負荷前後の変化量についての各時点での群間比較からは、いずれの時点でも有意な差は認められなかった」と、目の疲労感の緩和について否定的な記述がなされている。

 論文中の「VDT作業負荷前後の症状VASスコアの測定結果」を示すグラフでも、P値(有意確率)が、day-0でP<0.056、day-14でP<0.588、day-28でP<0.531と有意水準を示す0.05を大幅に上回っている。

 ただし筆者の見解として、(2)の同等性については、現状のガイドラインでは原材料の同一性までは要求していないため、論文で用いられた試料と商品に用いられた原材料が同じものである必要がないことを断っておく。

 これに対して八幡物産は、主張書面(4)で「アントシアニンの機能性がエキス全体で効くのか、それともアントシアニン成分で効くのか」、「(研究会の主張どおり)郡内比較(BA食品の摂取前と摂取後の比較)だけで有意差があるに過ぎないとなると、論文は『目の疲労感の緩和』を否定する文献ということになるのではないか」、「機能性表示食品の届出を行っているほかの製品についてもすべて否定されてしまうのではないか」などと反論し、裁判所が提示した和解についても「議論が深まったとはいえない現時点において、到底応じられる内容ではない」と一蹴している。

 しかし、「BA食品がビルベリーエキス全体で効くこと」、「原著論文が『目の疲労感の緩和』について肯定していない」点については、論文の著者もすでに認めていることだし、「ほかの届出受理製品の正当性」については、当該事件とは直接関係のない話である。

(つづく)

【田代 宏】

おススメ記事

2018年06月29日

【7/18】消費者行政新未来創造オフィスシンポジウム

 消費者庁は7月18日、「消費者行政新未来創造オフィス・愛媛県・愛媛大学シンポジウム」を愛媛大学・南加記念ホール(愛媛県松山市)で開催する。定員250人、参加費は無料。  プログラムは「食べきり侍 参上!」、「学生が運営 […]

伊藤園、ポケモンパッケージの『ポケットべジ』発売

 (株)伊藤園(東京都渋谷区、本庄大介社長、TEL:0800-100-1100)は7月2日、(株)ポケモン(東京都港区、石原恒和社長)とタイアップし、パッケージにポケモンたちをデザインした野菜・果実ミックス飲料『充実野菜 […]

永谷園、黄金しじみエキス配合のみそ汁を数量限定発売

 (株)永谷園(東京都港区、飯塚弦二朗社長)は7月から、黄金しじみエキスを配合した『1杯でしじみ70個分のちから みそ汁』『――塩分控えめ』を数量限定で順次発売する。黄金しじみは、台湾の花蓮にある水産養殖専業区で育てられ […]

ル・パティシエヨコヤマ、洋菓子を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは28日、(有)ル・パティシエヨコヤマ(千葉県習志野市)による洋菓子の自主回収情報を掲載した。  対象商品は『谷津干潟の卵』。アレルゲン(小麦)の記載漏れのため、自主回収している。連絡先はT […]

2018年06月29日

ビフィズス菌が産生する酸に新たな作用

 協同乳業(株)(東京都中央区、尾崎玲社長)は28日、腸内ポリアミンが複数の腸内細菌の代謝経路を経由して生合成され、その生合成経路はビフィズス菌などが産生する酸によって作動することを確認したと発表した。研究成果は学術誌『 […]