健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > ASCON、機能性表示食品の届出90件を評価
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年12月20日

ASCON、機能性表示食品の届出90件を評価

<8製品で「見解不一致」、未成年者を含む論文など問題視>

 (一社)消費者市民社会をつくる会(ASCON、阿南久代表理事)はこのほど、機能性表示食品として受理された90製品の届出について「ASCON科学者委員会」(小川直子委員長)が評価した結果を公表した。そのうち8製品では、事業者側とASCON側の見解が一致しなかった。

 ASCONによる届出の評価は今年5月の実施に続き、2回目となる。今回は届出番号A81~A170を対象に行った(届出を取り下げた製品を除く)。

 アカデミアで組織する同委員会が機能性や安全性を中心に評価した結果、78製品については同委員会が定める評価基準に合致していた。一方、最終的に事業者との間で調整が付かなかった「見解不一致」は、8製品を数えた。また、「照会中」は2製品となっている。

 「見解不一致」となった届出の多くで問題視されたのが、未成年者を含む論文の使用。還元型コエンザイムQ10、難消化性デキストリン、モノグルコシルヘスペリジン、ルテイン・ゼアキサンチンを関与成分とした製品で指摘されている。

おススメ記事

2018年02月23日

【3/3】健康食品に関するリスクコミュニケーション

 消費者庁は3月3日、(一社)日本食品安全協会、徳島県庁と連携して、健康食品に関するリスクコミュニケーション「健康食品との賢い付き合い方~健康食品と健康食品管理士の役割~」を徳島大学長井記念ホール(徳島市庄町)で開催する […]

2018年02月23日

リパミン広報センター、PSの最新動向を紹介

 リパミン広報センター(DKSHジャパン、ビーエイチエヌ、ヘルシーナビ)は22日、健康食品素材「ホスファチジルセリン(PS)」に関するセミナーを都内で開催した。60人を超える関係者が参加した。  Increnovo社(米 […]

2018年02月23日

中日本カプセル、通販ルート好調で前年比6%増

 中日本カプセル(株)(本社:岐阜県大垣市、山中利恭社長)の2017年10月期の売上高は前年比6%増となった。テレビ通販とネット通販向けの伸びが顕著で、インバウンド向けも「専売品として継続している製品は好調」としている。 […]

消費者庁、規格基準型トクホ1件を許可

 消費者庁は22日、規格基準型特定保健用食品(トクホ)として申請された1件について許可したと発表した。  許可されたのは、イオントップバリュ(株)の茶系飲料『国産茶葉使用食物繊維入り烏龍茶』。難消化性デキストリンを配合し […]

国セン、フリマの消費者相談が急増

<酒を購入する未成年者、運営事業者は放置>  (独)国民生活センターは22日、インターネット上で商品の売買を個人間でできる「フリマアプリ」「フリマサイト」といったフリーマーケットサービスに関する消費者相談が、年間3,00 […]