健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 規制改革推進会議WG、機能性表示食品の運用で議論
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年12月14日

規制改革推進会議WG、機能性表示食品の運用で議論

<お粗末な届出資料が受理の迅速化の支障に>

 政府の規制改革推進会議の医療・介護・保育ワーキンググループ(WG)がきょう(14日)開かれ、機能性表示食品の届出から受理までの迅速化をテーマに議論した。(公社)日本通信販売協会(JADMA)と(公財)日本健康・栄養食品協会(JHNFA)がプレゼンテーションを行った。議論は非公開で行われた。

 JADMAは、届出から公表までの期間が不透明と指摘。「現状の見える化」と「改善の工程表の作成」を要望した。JHNFAは「第三者機関による届出資料の事前チェック」や「生鮮食品の届出を増やす取り組み」を求めた。

 内閣府規制改革推進室によると、届出から受理までに時間がかかっている大きな要因として、記載漏れなど初歩的なミスのある届出資料が多いことがあり、この日の会合で業界側も認めたという。「ここをどう考えていくのかが課題」(同推進室)としている。

 同推進室の説明によると、委員からは「届出制ではなく、中身もチェックしているのではないか」などの意見が出た。これに対し、消費者庁の担当課は「ガイドラインなどの要件に適合しているかという形式チェックであり、食べ物であるため、何でもかんでも認めるわけではない」と回答。生鮮食品の届出が少ない点については、「そもそも届出数が少ないため(20件未満)」と説明した。

 また消費者庁は、受理の迅速化に向けた対策を紹介。今年11月から専門知識を持つ政策調査員を6人増加するとともに、指摘事項をわかりやすくした点などを挙げた。

 

<「利益相反」「我田引水」の温床?>

 会合終了後に行われた同推進室の記者説明会で、記者は、同WGの一部委員が利害関係者に該当し、WGの運用面で問題があるのではないかと質問した。

 問題の委員は、森下竜一委員(大阪大学大学院医学系研究科寄付講座教授)と戸田雄三専門委員(富士フイルム(株)取締役副社長・CTO)。

 森下委員は日本抗加齢協会の副理事長を務めるが、同協会は「機能性表示食品制度支援」を展開している。例えば、研究レビューを同協会に委託する場合、150万円などの料金を設定。多数の健康食品企業が支援事業を活用していると言われている。一方、戸田専門委員が副社長を務める富士フイルム(株)は、これまでに機能性表示食品として7件ほど受理されるなど、制度のヘビーユーザーだ。

 記者の質問に対し、同推進室は「あくまでも有識者として意見を述べてもらい、自分の企業に有利になるような発言をしないということで出てもらっている」と説明。「そうした指摘が出たことは(規制改革推進会議などと)共有する」と答えた。

 同会議をめぐっては、従来から「利益相反」「我田引水」が問題視されてきた。今後、機能性表示食品をテーマとする場合、議論の透明性・公平性の観点から、利害関係が深い委員や専門委員を外すといった対応も求められそうだ。

【木村 祐作】

おススメ記事

2018年06月29日

【7/18】消費者行政新未来創造オフィスシンポジウム

 消費者庁は7月18日、「消費者行政新未来創造オフィス・愛媛県・愛媛大学シンポジウム」を愛媛大学・南加記念ホール(愛媛県松山市)で開催する。定員250人、参加費は無料。  プログラムは「食べきり侍 参上!」、「学生が運営 […]

伊藤園、ポケモンパッケージの『ポケットべジ』発売

 (株)伊藤園(東京都渋谷区、本庄大介社長、TEL:0800-100-1100)は7月2日、(株)ポケモン(東京都港区、石原恒和社長)とタイアップし、パッケージにポケモンたちをデザインした野菜・果実ミックス飲料『充実野菜 […]

永谷園、黄金しじみエキス配合のみそ汁を数量限定発売

 (株)永谷園(東京都港区、飯塚弦二朗社長)は7月から、黄金しじみエキスを配合した『1杯でしじみ70個分のちから みそ汁』『――塩分控えめ』を数量限定で順次発売する。黄金しじみは、台湾の花蓮にある水産養殖専業区で育てられ […]

ル・パティシエヨコヤマ、洋菓子を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは28日、(有)ル・パティシエヨコヤマ(千葉県習志野市)による洋菓子の自主回収情報を掲載した。  対象商品は『谷津干潟の卵』。アレルゲン(小麦)の記載漏れのため、自主回収している。連絡先はT […]

2018年06月29日

ビフィズス菌が産生する酸に新たな作用

 協同乳業(株)(東京都中央区、尾崎玲社長)は28日、腸内ポリアミンが複数の腸内細菌の代謝経路を経由して生合成され、その生合成経路はビフィズス菌などが産生する酸によって作動することを確認したと発表した。研究成果は学術誌『 […]