健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > アントシアニン研究会、八幡の届出撤回に見解示す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年11月29日

アントシアニン研究会、八幡の届出撤回に見解示す

 日本アントシアニン研究会(矢澤一良会長)はこのほど、八幡物産(株)(本社:鳥取県米子市、八幡清志代表)が25日付で機能性表示食品『北の国から届いたブルーベリー』の届出を撤回したことについて見解を発表した。

 同研究会は、「取り下げの経緯について不明な点はある」としながらも、受理された商品が届出情報に基づき「自由に批判、検討が行われ、その監視活動が事後的なチェック機能として作用する制度本来の趣旨に則った結果」として、機能性表示食品制度を評価している。新制度をめぐる学術界の役割についても言及している。

 以下に全文を示す。

 「当研究会は、八幡物産、『北の国から届いたブルーベリー』(機能性表示食品届出番号A164)の機能性表示食品としての届出内容への疑念を公的機関を含む関係各所と共有してまいりました。取り下げの経緯について不明な点はございますが、サイエンスを利用することで得られる国民の利益を確保するために、消費者庁歴代長官、及び少人数にて大変な思いで対応している消費者庁の人材が、誠実で質の高い仕事をしていることは強く推測されます。

 機能性表示食品については、届出情報等を基に、内容について自由に批判、検討が行われ、その監視活動が事後的なチェック機能として作用するという機能性表示食品本来の制度趣旨に則った結果につながったものであり、これは歓迎すべきことであります。今後、本制度を国民福祉と産業振興とに利益を与えるべく運営していく上で、学術界がどのような役割を担っていくべきかを考えさせる貴重な先例になったものと考えています」

【田代 宏】 

おススメ記事

2017年11月22日

健康食品の広告問題、「業界紙」の広告を問う(1)

 健康食品の業界紙が“無法地帯”と化している。主要な業界紙の企業広告には、「ガン予防」「血流改善」「抗アレルギー」などの宣伝文句が躍る。違法広告のオンパレードだ。業界の健全化を啓蒙する立場にある業界紙自らがこの様である。 […]

2017年11月22日

消費者庁長官、「厚労省と協議する仕組みづくりに対応」

 消費者庁の岡村和美長官は22日の定例記者会見で、「明らか食品」の機能性表示食品を対象に、食薬区分の運用を弾力化する方針が固まったことを受けて、厚生労働省と協議する仕組みを整備する考えを示した。  岡村長官は「消費者庁と […]

2017年11月22日

【12/5】奇跡の森研究所、うなぎの卵を商品化

 (株)伊藤沖縄奇跡の森研究所(本社:沖縄県大宜味村、伊藤周治社長)は12月5日、うなぎの完全養殖とうなぎの卵のサプリメント化について都内で記者発表会を開催する。  同社は50年余りの研究の末、天然ウナギと同寸法の卵の産 […]

2017年11月22日

【12/13】リスコミ「健康食品に関する最近の話題」

 消費者庁は12月13日、食品に関するリスクコミュニケーション「健康食品に関する最近の話題~健康食品との付き合い方を考える~」を日本教育会館(東京都千代田区)で開催する。定員250人、参加費は無料。  基調講演「健康食品 […]

2017年11月22日

【11/28】データ・マックス通販塾を開催

 (株)データ・マックスは28日、通信販売事業をテーマにしたセミナー「データ・マックス通販塾」を開催する。  今回は「通販事業における業務効率化」と題し、(株)ジンテック ソリューション営業本部 マネージャーの和田卓也氏 […]