健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品「関与成分」検討会が終了(3)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年11月25日

機能性表示食品「関与成分」検討会が終了(3)

検討会終了後に行われた記者会見の様子

検討会終了後に行われた記者会見の様子

<既に受理された商品にも新ルールを適用>

 報告書(案)では、関与成分が明確でない食品の要件を示したが、既に受理された商品についても、「定性的なパターンが基原に特徴的な成分である場合」には新たな要件を課すことを明記した。この背景には、受理された商品のなかにも、関与成分が明確でないものが含まれていることがある。検討会の議論で、その具体例に「イチョウ葉エキス」や「甘草エキス」が挙げられていた。

 国の関与のあり方については、届出情報の様式やガイドラインの改正、データベースの改修などが必要とした。関与成分が明確でない食品の追加などにより、届け出る情報量が増え、より専門的な内容となる。このため、消費者庁の人員体制の整備も求めた。業界団体に対しては、自ら事後チェックを行うといった努力を要請している。

 また、健康被害情報の収集を推進するため、届出者が有害事象を具体的に判断できる「標準化」を求めた。これにより、消費者庁に確実に報告されるようにする考えだ。合田幸広委員(国立医薬品食品衛生研究所薬品部長)は、「トラブルは最初のうちは小さいが、たくさん出てきて大きくなる。シリアスな事例でなくても、国に報告が上がるようにしてもらいたい」と述べた。

 報告書(案)は、消費者教育のあり方にも言及した。保健機能食品を正しく理解している消費者が少ないことから、「機能性表示食品を含めた保健機能食品に関する消費者の活用能力(リテラシー)を高めていく必要がある」と指摘。バランスの取れた食生活の普及啓発や、保健機能食品制度に対する理解を深めるための取り組みを推進するように求めている。河野康子委員(全国消費者団体連絡会事務局長)は「機能性成分の情報を一般消費者が理解するのは、ハードルが高い。消費者のリテラシーを高める手法も今までのやり方ではなく、知恵が必要」と訴えた。

 

<ガイドライン改正で対応>

 検討会の終了後に行われた記者会見で、消費者庁の担当課は今後のスケジュールを説明した。「今回は届出ガイドラインの改正で対応できると考えている。ガイドラインの見直しは今年度末か、または来年度の初めに示せるだろう」(食品表示企画課)とし、内閣府令の改正は不要との考えを示した。

 また、検討会では一部の委員が、届出内容が複雑になることを踏まえ、モデル事業または試行を通して問題点を改善する作業が不可欠と提言。これを受けて消費者庁は、「原案を作成し、ワークするかどうかを検証して、その後にデータベースを改修する必要がある」(同)と説明。これらの取り組みと同時に、人員体制の整備も進めながら施行する方針という。

(つづく)

【木村 祐作】

おススメ記事

メディカル一光、子会社を合併

 調剤薬局や医薬品卸、介護業などを展開する(株)メディカル一光(本社:三重県津市、南野利久社長)は21日、連結子会社の(株)ヘルスケア一光と(株)ハピネライフケアを合併すると発表した。 合併期日は9月1日としている。   […]

2017年06月22日

キティー、粉末形状のビフィズス菌原料の提案開始

 (株)キティー(本社:東京都新宿区、朝木宏之社長、TEL:03-6457-7990)のバイオ事業部はこのほど、粉末形状の食品原料『ビフィスリム菌KMH001』の提案を開始した。  これはヒト由来のビフィズス菌(Bifi […]

ツルハHD、5月期は大幅増益に

 (株)ツルハホールディングス(本社:北海道札幌市、堀川政司社長)は20日、2017年5月期決算を発表した。売上高は前年比9.4%増の5,770億8,800万円、営業利益は同18.3%増の370億7,100万円、経常利益 […]

2017年06月22日

サプリメントで「タウリン」の広告はNG

 (公社)日本広告審査機構(JARO)はこのほど、最近の審査トピックスとして「タウリンを含むサプリメントの扱いは?」を取り上げた。  タウリンは「専ら医薬品として使用される成分本質(原材料)」のリストに記載されているため […]

愛知県、健康食品「お試し」のトラブル増加

 愛知県はこのほど、2016年度に県内の消費生活センターに寄せられた消費生活相談件数が前年比4.3%減の4万3,101件に上ったと発表した。商品別に見ると、健康食品に関する相談は1,365件で、同47.1%増となった。 […]