健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品「関与成分」検討会が終了(1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年11月25日

機能性表示食品「関与成分」検討会が終了(1)

きょう(25日)開かれた検討会で報告書(案)が了承された

きょう(25日)開かれた検討会で報告書(案)が了承された

<ビタミン・ミネラル問題が完全決着>

 消費者庁の「機能性表示食品制度における機能性関与成分の取扱い等に関する検討会」(寺本民生座長)はきょう(25日)、機能性表示食品制度の対象に、「糖質・糖類」「関与成分が明確でない食品」の一部を追加する方針を示した報告書(案)を了承した。文言を修正し、報告書を公表する。これを受けて、消費者庁は届出ガイドラインやデータベースを修正し、来春をめどに施行する計画だ。

 報告書(案)は、ビタミン・ミネラルについて「現時点において本制度の対象としないことが適当」と明記。ビタミン・ミネラル問題は完全決着となった。

 検討会では「過剰摂取となる心配がある」、「国の健康・栄養政策と合致しない」、「栄養機能食品制度と整合性が取れない」などの理由から、ほとんどの委員が対象に加えることに反対した。このため、ビタミン・ミネラルついては今後、栄養機能食品制度のなかで検討することとなった。

 

<エネルギー源とならない糖質・糖類を対象に>

 一方、糖質・糖類については、制度の対象に追加する方針が示された。対象とするのは、エネルギー源とならない糖質・糖類に限定。ブドウ糖や果糖をはじめ、ガラクトース・ショ糖・乳糖・麦芽糖・デンプンなどは対象外となる。

 届出資料にエネルギー量を記載することを必須とする。また、関与成分の糖質・糖類が、ブドウ糖や果糖とともにシロップの原材料になっている場合は、過剰摂取の注意喚起を表示することとした。これらは、食事摂取基準に基づく健康・栄養政策との整合性を念頭に置いた措置だ。

 安全性の確保を優先するため、特定保健用食品(トクホ)の関与成分として安全性審査が行われていない糖質・糖類については、届出事業者に現行制度よりも厳格な対応を求める。喫食実績による安全性評価に加え、最終商品または関与成分に関する安全性試験の既存情報によって安全性を評価する。既存情報が不十分なケースでは、喫食実績による評価に加え、安全性試験の実施を求める考えだ。

 品質管理を担保するために、糖質・糖類の分析方法は、妥当性が検証されていることが必須となる。査読付き論文や公定法など、客観的に評価された方法が望ましいと指摘した。

 また、関与成分の定量確認と定性確認の分析方法は現行制度では非開示となっているが、「原則公開とすることが適当」との考えを示した。企業秘密に関わる部分は非公開資料として届け出るが、消費者庁が調査する場合には分析機関に開示できるようにする。

(つづく)

【木村 祐作】

おススメ記事

母乳中のオステオポンチン濃度、産後日数にともない低下

<日本・中国・韓国・デンマークの4カ国による共同研究>  雪印ビーンスターク(株)(本社:東京都新宿区、平田公孝社長)は21日、日本・中国・韓国・デンマークの4カ国間の共同研究で、母乳中のオステオポンチン(OPN)濃度が […]

2018年05月22日

25-ヒドロキシビタミンD3摂取で風邪の症状軽減

 (株)ファンケル(本社:横浜市中区、島田和幸社長)は21日、「25OHDを考える会」との共同研究で、ビタミンDの代謝物である25-ヒドロキシビタミンD3(25OHD)の摂取により、風邪(上気道感染症)の症状が軽減する可 […]

2018年05月22日

イチョウ葉エキスと抗うつ薬で昏睡状態に

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は21日、素材情報データベースに、イチョウ葉エキスの安全性情報を掲載した。  イタリアでアルツハイマー型認知症の女性(80歳)が、イチョウ葉エキス(80mgを1日2回)を摂取中に、抗う […]

エバラ食品工業、「エ・バ・ラ、焼肉のたれ」のサウンドが音商標に

 エバラ食品工業(株)(本社:神奈川県横浜市、宮崎遵社長)は21日、テレビCMなどで使用している「エ・バ・ラ、焼肉のたれ」のサウンドを「音商標」として登録出願し、特許庁から許可されたと発表した。  音商標は2015年4月 […]

組み換え表示の見直しでしょうゆメーカーに公開質問状

 食の安全・監視市民委員会は21日、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンなどと共同でしょうゆメーカーに送った「遺伝子組み換え表示」に関する公開質問状の結果を公表した。  6社はキッコーマン(株)、ヤマサ醤油(株)、正 […]