健康情報ニュース.com >  化粧品  > 行政・政治 > 消費者庁、連鎖販売取引のIPSコスメティックスに業務停止命令
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年11月04日

消費者庁、連鎖販売取引のIPSコスメティックスに業務停止命令

2016-11-4%e3%80%80%ef%bd%89%ef%bd%90%ef%bd%93%e3%82%b3%e3%82%b9%e3%83%a1%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9-009<疾病治療やダイエット効果を告げて化粧品・健康食品など販売>

 「アトピーが治る」「代謝が良くなり痩せる」などと話し、化粧品や健康食品などを販売していたとして、消費者庁は4日、(株)IPSコスメティックス(所在地:東京都目黒区、森本博代表)に対し、特定商取引法に基づく業務停止命令を出したと発表した。

 同社は連鎖販売取引によって、化粧品『P.P.1エッセンス』、健康食品『ピュレットワン』などを販売。消費者庁によると、今年4月時点の「連鎖会員」は約6万人、商品の「愛用者会員」(勧誘を行わない)は約36万人に上る。

 同社に関する消費者相談は、2015度だけで42件が寄せられていた。典型的な事例として、同社の会員がエステティシャンをしている娘を引き合いに出して、「娘の練習相手になってほしい」と話し、消費者を誘い出していたケースがある。しかし、指定されたアパートに行くと、その会員しかいなくて、後からほかの会員が登場し、商品の説明を開始。「がんが治る」、「アトピーがきれいになる」、「成人病の諸症状に効く」などと告げ、また同社の会員になることを勧誘していたという。

 消費者庁は特商法違反と認定し、同社に対して今月5日~来年2月4日までの3カ月間、一部業務を停止するように命じた。同時に、販売した商品には、疾病の治療・予防などの効果がないことを購入者に通知し、12月4日までに、その結果を消費者庁に報告することなどを指示した。

 取材で同社の担当者は、「(今回の措置を)厳粛に受け止めている。顧問弁護士、社内を含め、今後の対応を検討している。また、社内のコンプライアンス強化も行わなければならないと思っている」とコメントした。

【木村 祐作】

おススメ記事

2018年06月22日

【7/13】食安委「みんなのための食品安全勉強会」

 食品安全委員会は7月13日、一般消費者を対象とした基礎講座「みんなのための食品安全勉強会」をUMEDAI大阪梅田(大阪市北区)で開催する。定員は50人程度。参加費は無料。  食品安全の基本や、食中毒の原因となる細菌やウ […]

2018年06月22日

インデナジャパン、『ベルガモットエキス』を発売

 インデナジャパン(株)は21日、健康食品素材の『ベルガモットエキス』を発売すると発表した。  ベルガモットは、イタリア・カラブリア地方の柑橘類に属する植物であるシトラスベルガミアで、紅茶のアールグレイの香料などに使用さ […]

豪州、3製品から医薬品成分を検出

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所はこのほど、オーストラリア保健省薬品・医薬品行政局(TGA)が医薬品成分を含む健康食品について注意喚起したことを公表した。  『Bulbao Male Enhancer tablets […]

都、乾燥塩トマトの販売業者を食品表示法違反で指示

 乾燥塩トマトを詰め替えて販売する際に、原材料名などを表示しなかったとして、東京都は21日、なかいや農園(東京都中野区、山田一雄氏)に対し、食品表示法に基づく指示を行ったと発表した。  都によると、同事業者は乾燥塩トマト […]

2018年06月22日

ABLによる化粧品のマルチ商法、和解不成立~国センADR

<エステ施術後に勧誘繰り返す>  (独)国民生活センターは21日、「国民生活センターADR(裁判外紛争解決手続)」で和解が成立しなかった事案として、(株)ABL(福岡市)による化粧品の連鎖販売取引をめぐる紛争を公表した。 […]