健康情報ニュース.com >  化粧品  > 行政・政治 > 消費者庁、連鎖販売取引のIPSコスメティックスに業務停止命令
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年11月04日

消費者庁、連鎖販売取引のIPSコスメティックスに業務停止命令

2016-11-4%e3%80%80%ef%bd%89%ef%bd%90%ef%bd%93%e3%82%b3%e3%82%b9%e3%83%a1%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9-009<疾病治療やダイエット効果を告げて化粧品・健康食品など販売>

 「アトピーが治る」「代謝が良くなり痩せる」などと話し、化粧品や健康食品などを販売していたとして、消費者庁は4日、(株)IPSコスメティックス(所在地:東京都目黒区、森本博代表)に対し、特定商取引法に基づく業務停止命令を出したと発表した。

 同社は連鎖販売取引によって、化粧品『P.P.1エッセンス』、健康食品『ピュレットワン』などを販売。消費者庁によると、今年4月時点の「連鎖会員」は約6万人、商品の「愛用者会員」(勧誘を行わない)は約36万人に上る。

 同社に関する消費者相談は、2015度だけで42件が寄せられていた。典型的な事例として、同社の会員がエステティシャンをしている娘を引き合いに出して、「娘の練習相手になってほしい」と話し、消費者を誘い出していたケースがある。しかし、指定されたアパートに行くと、その会員しかいなくて、後からほかの会員が登場し、商品の説明を開始。「がんが治る」、「アトピーがきれいになる」、「成人病の諸症状に効く」などと告げ、また同社の会員になることを勧誘していたという。

 消費者庁は特商法違反と認定し、同社に対して今月5日~来年2月4日までの3カ月間、一部業務を停止するように命じた。同時に、販売した商品には、疾病の治療・予防などの効果がないことを購入者に通知し、12月4日までに、その結果を消費者庁に報告することなどを指示した。

 取材で同社の担当者は、「(今回の措置を)厳粛に受け止めている。顧問弁護士、社内を含め、今後の対応を検討している。また、社内のコンプライアンス強化も行わなければならないと思っている」とコメントした。

【木村 祐作】

おススメ記事

農水省、β-クリプトキサンチンの定量法で意見募集

 農水省はこのほど、「ウンシュウミカン中のβ-クリプトキサンチンの定量――高速液体クロマトグラフ法の日本農林規格(案)」について、パブリック・コメントの募集を開始した。2月15日に締め切る。

カゴメと産総研、オープンイノベーションに向け始動

 カゴメ(株)(本社:名古屋市中区、寺田直行社長)と(国研)産業技術総合研究所(産総研)は18日、昨年10月1日付で締結した包括的共同研究契約に基づき、共同研究活動を本格的にスタートさせると発表した。  カゴメは産総研生 […]

2018年01月19日

「葛の花」事件で9社に課徴金納付命令~消費者庁

<課徴金額はステップワールドの4,893万円がトップ>  消費者庁は19日、葛の花由来イソフラボンを配合した機能性表示食品の広告で、事実と異なる痩身効果を標ぼうしていた販売会社9社に対し、景品表示法に基づく課徴金納付命令 […]

データ・マックス新年会、130人の業界関係者が参加

 (株)データ・マックスは18日、「データ・マックス新年会」を都内ホテルで開催した。ヘルスケア業界を中心とする130人の業界関係者が参加。懇親会のほか、国際政治経済学者の浜田和幸氏によるセミナーも行われた。  浜田氏は「 […]

東京都、不適正計量商品の割合 過去10年で最高

 東京都計量検定所は18日、年末期の商品量目立入検査結果を発表した。検査対象となったスーパーなどの158事業所中、不適正商品率が5%を超える事業所は23件(14.6%)、対象商品6,674点のうちラベル不適正商品は150 […]