健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 消費者委・河上委員長、機能性表示食品の関与成分「慎重な姿勢で」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年09月21日

消費者委・河上委員長、機能性表示食品の関与成分「慎重な姿勢で」

 消費者委員会の河上正二委員長はきょう(21日)開かれた記者会見で、機能性表示食品制度の早急な見直しが必要との見解を示した。

 記者の質問に答え、施行から2年後をメドに実施する制度の見直しに言及。「(昨日の本会議で出た意見のなかで)発売前60日間の情報開示の確保、GMPの義務化は大きいと思う。また、制度的な脆弱性の懸念が払拭されないので、問題が起きる前に見直してほしい」と話した。

 現在開かれている消費者庁の関与成分検討会について、河上委員長は「議論を注視している」と説明。「ビタミン・ミネラルの表示制度(栄養機能食品制度)があるわけで、そこできちんとやらないと、過剰摂取による健康被害も考えられるので、慎重な姿勢で検討を続けてほしい」との所見を述べた。

【木村 祐作】

おススメ記事

雪メグ、家庭用マーガリンのパッケージ変更

 雪印メグミルク(株)(本社:東京都新宿区、西尾啓治社長)は26日、家庭用マーガリン類・ショートニングの全12商品のパッケージデザインを変更すると発表した。新パッケージの商品は5月中旬から順次出荷する。  「雪印メグミル […]

2018年04月27日

ファンケル3月期、大幅な増収増益に

 (株)ファンケル(本社:神奈川県横浜市、島田和幸社長)が26日に発表した2018年3月期決算(連結)は、売上高が1,090億1,900万円(前年比13.2%増)、営業利益が84億4,800万円(同276.4%増)の増収 […]

厚労省、食薬区分を改正

 厚生労働省はこのほど、通知「無承認無許可医薬品の指導取り締まりについて」(46通知)で定める医薬品の範囲に関する基準(食薬区分)を改正した。  「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)リ […]

消費者庁のセカンドオピニオン事業、昨年度は48件実施

<ルテイン、テアニン、グルコサミンなど対象に>  健康食品の機能性などを専門家が検証する消費者庁の「セカンドオピニオン事業」は、2016年度に34件、17年度に48件が実施された。厚生労働省が2月に開催した全国生活衛生・ […]

森永乳業、国連「グローバル・コンパクト」に署名

 森永乳業(株)(本社:東京都港区、宮原道夫社長)は26日、CSRの取り組みを推進するため、「国連グローバル・コンパクト(UNGC)」に署名したと発表した。  UNGCは、各企業・団体が社会の一員として行動し、持続可能な […]