健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 消費者委員会、機能性表示食品制度で批判続出
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年09月20日

消費者委員会、機能性表示食品制度で批判続出

きょう(20日)開催された消費者委員会の本会議

きょう(20日)開催された消費者委員会・本会議

<制度の早急な見直しを要望>

 消費者委員会はきょう(20日)、機能性表示食品制度の運用状況をテーマに、消費者庁の担当課と意見交換した。出席した委員からは、受理された商品をめぐって多数の疑義情報が出ていることから、早急に制度の見直しを求める意見が相次いだ。

 阿久澤良造委員(日本獣医生命科学大学名誉教授)は、消費者庁が実施した機能性関与成分と研究レビューに関する2つの検証事業により、受理された商品の多くで“問題あり”と指摘されたことに言及。「分析方法の情報を提出させて再現できることを前提としているのならば、それを満たさない届出を行った時点で、表示は許されないのではないか」との見解を示した。

 これに対し、消費者庁食品表示企画課の赤﨑暢彦課長は「まず、分析方法について事業者に確認している。それを見た上で、必要な措置を取りたい」と説明した。

 池本誠司委員(弁護士)も、検証事業について「具体的な作業の流れが見えない」とし、消費者庁に対応状況の開示を求めた。

 中原茂樹委員(東北大学大学院法学研究科教授)は、機能性表示食品制度の法的基盤が脆弱と指摘し、「速やかに検討を願いたい」と要請。これに対し、消費者庁の赤﨑課長は「現時点で直ちに食品表示法が根拠として不十分かどうか、それが原因で制度の適正さが担保されていないとまでは考えていないが、問題意識を持ちながら検討したい」と回答した。

 このほか、GMP導入の義務化を要望する意見や、受理後60日間の情報開示の確保を求める意見などが寄せられた。

 河上正二委員長は「制度そのものの信頼が崩れると意味がない」とし、「表示値を下回っていることは食品表示法違反となり、過剰に摂取させている場合は健康被害が明らかであり、憂慮すべき事態」と懸念した。また、「(委員会として)事後チェック機能が働いているのかという疑問を禁じ得ない」と述べ、早急に制度の見直しに入るように要望した。

【木村 祐作】

おススメ記事

2018年06月22日

【7/13】食安委「みんなのための食品安全勉強会」

 食品安全委員会は7月13日、一般消費者を対象とした基礎講座「みんなのための食品安全勉強会」をUMEDAI大阪梅田(大阪市北区)で開催する。定員は50人程度。参加費は無料。  食品安全の基本や、食中毒の原因となる細菌やウ […]

2018年06月22日

インデナジャパン、『ベルガモットエキス』を発売

 インデナジャパン(株)は21日、健康食品素材の『ベルガモットエキス』を発売すると発表した。  ベルガモットは、イタリア・カラブリア地方の柑橘類に属する植物であるシトラスベルガミアで、紅茶のアールグレイの香料などに使用さ […]

豪州、3製品から医薬品成分を検出

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所はこのほど、オーストラリア保健省薬品・医薬品行政局(TGA)が医薬品成分を含む健康食品について注意喚起したことを公表した。  『Bulbao Male Enhancer tablets […]

都、乾燥塩トマトの販売業者を食品表示法違反で指示

 乾燥塩トマトを詰め替えて販売する際に、原材料名などを表示しなかったとして、東京都は21日、なかいや農園(東京都中野区、山田一雄氏)に対し、食品表示法に基づく指示を行ったと発表した。  都によると、同事業者は乾燥塩トマト […]

2018年06月22日

ABLによる化粧品のマルチ商法、和解不成立~国センADR

<エステ施術後に勧誘繰り返す>  (独)国民生活センターは21日、「国民生活センターADR(裁判外紛争解決手続)」で和解が成立しなかった事案として、(株)ABL(福岡市)による化粧品の連鎖販売取引をめぐる紛争を公表した。 […]