健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 消費者委員会、機能性表示食品制度で批判続出
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年09月20日

消費者委員会、機能性表示食品制度で批判続出

きょう(20日)開催された消費者委員会の本会議

きょう(20日)開催された消費者委員会・本会議

<制度の早急な見直しを要望>

 消費者委員会はきょう(20日)、機能性表示食品制度の運用状況をテーマに、消費者庁の担当課と意見交換した。出席した委員からは、受理された商品をめぐって多数の疑義情報が出ていることから、早急に制度の見直しを求める意見が相次いだ。

 阿久澤良造委員(日本獣医生命科学大学名誉教授)は、消費者庁が実施した機能性関与成分と研究レビューに関する2つの検証事業により、受理された商品の多くで“問題あり”と指摘されたことに言及。「分析方法の情報を提出させて再現できることを前提としているのならば、それを満たさない届出を行った時点で、表示は許されないのではないか」との見解を示した。

 これに対し、消費者庁食品表示企画課の赤﨑暢彦課長は「まず、分析方法について事業者に確認している。それを見た上で、必要な措置を取りたい」と説明した。

 池本誠司委員(弁護士)も、検証事業について「具体的な作業の流れが見えない」とし、消費者庁に対応状況の開示を求めた。

 中原茂樹委員(東北大学大学院法学研究科教授)は、機能性表示食品制度の法的基盤が脆弱と指摘し、「速やかに検討を願いたい」と要請。これに対し、消費者庁の赤﨑課長は「現時点で直ちに食品表示法が根拠として不十分かどうか、それが原因で制度の適正さが担保されていないとまでは考えていないが、問題意識を持ちながら検討したい」と回答した。

 このほか、GMP導入の義務化を要望する意見や、受理後60日間の情報開示の確保を求める意見などが寄せられた。

 河上正二委員長は「制度そのものの信頼が崩れると意味がない」とし、「表示値を下回っていることは食品表示法違反となり、過剰に摂取させている場合は健康被害が明らかであり、憂慮すべき事態」と懸念した。また、「(委員会として)事後チェック機能が働いているのかという疑問を禁じ得ない」と述べ、早急に制度の見直しに入るように要望した。

【木村 祐作】

おススメ記事

2018年02月23日

リパミン広報センター、PSの最新動向を紹介

 リパミン広報センター(DKSHジャパン、ビーエイチエヌ、ヘルシーナビ)は22日、健康食品素材「ホスファチジルセリン(PS)」に関するセミナーを都内で開催した。60人を超える関係者が参加した。  Increnovo社(米 […]

2018年02月23日

中日本カプセル、通販ルート好調で前年比6%増

 中日本カプセル(株)(本社:岐阜県大垣市、山中利恭社長)の2017年10月期の売上高は前年比6%増となった。テレビ通販とネット通販向けの伸びが顕著で、インバウンド向けも「専売品として継続している製品は好調」としている。 […]

消費者庁、規格基準型トクホ1件を許可

 消費者庁は22日、規格基準型特定保健用食品(トクホ)として申請された1件について許可したと発表した。  許可されたのは、イオントップバリュ(株)の茶系飲料『国産茶葉使用食物繊維入り烏龍茶』。難消化性デキストリンを配合し […]

国セン、フリマの消費者相談が急増

<酒を購入する未成年者、運営事業者は放置>  (独)国民生活センターは22日、インターネット上で商品の売買を個人間でできる「フリマアプリ」「フリマサイト」といったフリーマーケットサービスに関する消費者相談が、年間3,00 […]

動脈硬化の原因となるリポタンパク質を発見

 秋田県立大学は21日、生物資源科学部の小西智一准教授らの研究グループが、動脈硬化の原因となり得るリポタンパク質「LAC」を発見したと発表した。研究成果は20日、国際学術誌『PLOS ONE』に掲載された。  研究グルー […]