健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > ASCON、機能性表示食品「届出」評価 第2弾を実施
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年09月12日

ASCON、機能性表示食品「届出」評価 第2弾を実施

機能性表示食品制度のあり方について、意見交換が行われた

機能性表示食品制度のあり方について、意見交換が行われた

<A81~170を対象に届出企業に照会中>

 機能性表示食品制度のあり方をテーマに、(一社)消費者市民社会をつくる会(ASCON、阿南久代表理事)は9日、「ASCON科学者委員会の報告と意見交換会」を都内で開催した。科学者委員会では現在、届出番号A81~170までの届出情報について評価を終了し、届出企業に照会していることを明らかにした。

 科学者委員会副委員長の鈴木勝士氏は、公表済みのA1~80までの届出に対する評価結果を説明した。照会した届出企業のなかには、「届出を受理したことは、消費者庁が届出の内容の正当性を認めたことだという間違った主張もあった」と報告。評価の結果、「多数の企業が制度の趣旨に沿って届出を行っているが、一部の企業では届出ガイドラインの解釈が、科学者委員会や多数の企業と異なることもわかった」と述べた。

 鈴木氏は第2弾として、A81~170までを対象に進めていることを公表。既に評価を終了し、現在は届出企業に照会していると説明した。

 

<森田氏、業界団体の広告自主基準を批判>

 消費生活コンサルタントの森田満樹氏は、機能性表示食品制度をめぐる直近の動向を報告した。業界団体が公表した「『機能性表示食品』適正広告自主基準」に対し、「広告も問題があり、研究レビューのグラフを広告に使用するケースもある。それも、広告自主基準に入っていたりする」と批判。さらに、委員として参加している関与成分検討会について言及し、「こんなに問題が起きているのに、なぜ、業界は規制緩和を求めているのだろうか、という気持ちで検討会に参加している」と心情を明かした。

 森田氏は制度をめぐる問題点として、「品質にばらつきがある」、「科学的根拠の弱い商品が受理されている」、「分析方法が明らかにされず、第三者が確認できない」、「一般向け公開情報がわかりにくい」などを列挙した。

 このほか、科学者委員会の評価対象となったキリン(株)などの関係者も参加。届出企業の立場から、ASCONの取り組みなどに対するコメントを寄せた。

【木村 祐作】

おススメ記事

2018年04月27日

オリザ油化、「イサダオイル」を開発

 オリザ油化(株)(本社:愛知県一宮市、村井弘道社長、TEL:0586-86-5141)はこのほど、日本国産オキアミとして知られるイサダ(ツノナシオキアミ)を原料とした食品用クリルオイル素材「イサダオイル」を開発した。 […]

雪メグ、家庭用マーガリンのパッケージ変更

 雪印メグミルク(株)(本社:東京都新宿区、西尾啓治社長)は26日、家庭用マーガリン類・ショートニングの全12商品のパッケージデザインを変更すると発表した。新パッケージの商品は5月中旬から順次出荷する。  「雪印メグミル […]

2018年04月27日

ファンケル3月期、大幅な増収増益に

 (株)ファンケル(本社:神奈川県横浜市、島田和幸社長)が26日に発表した2018年3月期決算(連結)は、売上高が1,090億1,900万円(前年比13.2%増)、営業利益が84億4,800万円(同276.4%増)の増収 […]

厚労省、食薬区分を改正

 厚生労働省はこのほど、通知「無承認無許可医薬品の指導取り締まりについて」(46通知)で定める医薬品の範囲に関する基準(食薬区分)を改正した。  「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)リ […]

消費者庁のセカンドオピニオン事業、昨年度は48件実施

<ルテイン、テアニン、グルコサミンなど対象に>  健康食品の機能性などを専門家が検証する消費者庁の「セカンドオピニオン事業」は、2016年度に34件、17年度に48件が実施された。厚生労働省が2月に開催した全国生活衛生・ […]