健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > ASCON、機能性表示食品「届出」評価 第2弾を実施
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年09月12日

ASCON、機能性表示食品「届出」評価 第2弾を実施

機能性表示食品制度のあり方について、意見交換が行われた

機能性表示食品制度のあり方について、意見交換が行われた

<A81~170を対象に届出企業に照会中>

 機能性表示食品制度のあり方をテーマに、(一社)消費者市民社会をつくる会(ASCON、阿南久代表理事)は9日、「ASCON科学者委員会の報告と意見交換会」を都内で開催した。科学者委員会では現在、届出番号A81~170までの届出情報について評価を終了し、届出企業に照会していることを明らかにした。

 科学者委員会副委員長の鈴木勝士氏は、公表済みのA1~80までの届出に対する評価結果を説明した。照会した届出企業のなかには、「届出を受理したことは、消費者庁が届出の内容の正当性を認めたことだという間違った主張もあった」と報告。評価の結果、「多数の企業が制度の趣旨に沿って届出を行っているが、一部の企業では届出ガイドラインの解釈が、科学者委員会や多数の企業と異なることもわかった」と述べた。

 鈴木氏は第2弾として、A81~170までを対象に進めていることを公表。既に評価を終了し、現在は届出企業に照会していると説明した。

 

<森田氏、業界団体の広告自主基準を批判>

 消費生活コンサルタントの森田満樹氏は、機能性表示食品制度をめぐる直近の動向を報告した。業界団体が公表した「『機能性表示食品』適正広告自主基準」に対し、「広告も問題があり、研究レビューのグラフを広告に使用するケースもある。それも、広告自主基準に入っていたりする」と批判。さらに、委員として参加している関与成分検討会について言及し、「こんなに問題が起きているのに、なぜ、業界は規制緩和を求めているのだろうか、という気持ちで検討会に参加している」と心情を明かした。

 森田氏は制度をめぐる問題点として、「品質にばらつきがある」、「科学的根拠の弱い商品が受理されている」、「分析方法が明らかにされず、第三者が確認できない」、「一般向け公開情報がわかりにくい」などを列挙した。

 このほか、科学者委員会の評価対象となったキリン(株)などの関係者も参加。届出企業の立場から、ASCONの取り組みなどに対するコメントを寄せた。

【木村 祐作】

おススメ記事

データ・マックス、東京支店を移転

 (株)データ・マックス(本社:福岡市博多区、児玉直社長)は5月27日、業務拡充にともない東京支店を移転する。5月29日から新オフィスで業務を開始する。セミナールームを常設し、今後は各種セミナーや勉強会などにも注力する。 […]

カネリョウ海藻、海産物2品を通販で発売

 カネリョウ海藻(株)(本社:熊本県宇土市、高木良樹社長、TEL:0120-37-4008)はこのほど、長崎県産のタイを使用した自然食品『鯛の昆布〆』(5切れ(58g)×2P)と、熊本県産の黒磯のりを使用した同『黒磯旨の […]

2017年04月24日

JIHFS、溶出試験の実習セミナーを開催

 (一社)日本健康食品規格協会(JIHFS、池田秀子理事長)は22日、JIHFS GMPセミナー「溶出試験の理論と実際(実習付)」を都内で開催した。約30人の業界関係者が出席した。  池田秀子理事長は挨拶のなかで「崩壊試 […]

2017年04月24日

ダーボン・オーガニック・ジャパン、コロンビア産有機ショートニングの販売強化

 ダーボン・オーガニック・ジャパン(株)(本社:東京都品川区、レオン・ファン・ハゥヴェリンゲン社長)は、コロンビア産パーム油由来「有機ショートニング」の販売を強化する。2016年の売上高は前年比17%増と伸長。引き続き日 […]

2017年04月24日

GNG、日本製サプリの「中国進出」判断サービスを開始

 (株)グローバルニュートリショングループ(本社:東京都豊島区、武田猛代表)はこのほど、(株)クロスボーダーエイジ(本社:東京都千代田区、春山祥一代表)と共同で、日本製サプリメントを対象に、中国の保健食品市場へ進出する際 […]