健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > ASCON、機能性表示食品「届出」評価 第2弾を実施
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年09月12日

ASCON、機能性表示食品「届出」評価 第2弾を実施

機能性表示食品制度のあり方について、意見交換が行われた

機能性表示食品制度のあり方について、意見交換が行われた

<A81~170を対象に届出企業に照会中>

 機能性表示食品制度のあり方をテーマに、(一社)消費者市民社会をつくる会(ASCON、阿南久代表理事)は9日、「ASCON科学者委員会の報告と意見交換会」を都内で開催した。科学者委員会では現在、届出番号A81~170までの届出情報について評価を終了し、届出企業に照会していることを明らかにした。

 科学者委員会副委員長の鈴木勝士氏は、公表済みのA1~80までの届出に対する評価結果を説明した。照会した届出企業のなかには、「届出を受理したことは、消費者庁が届出の内容の正当性を認めたことだという間違った主張もあった」と報告。評価の結果、「多数の企業が制度の趣旨に沿って届出を行っているが、一部の企業では届出ガイドラインの解釈が、科学者委員会や多数の企業と異なることもわかった」と述べた。

 鈴木氏は第2弾として、A81~170までを対象に進めていることを公表。既に評価を終了し、現在は届出企業に照会していると説明した。

 

<森田氏、業界団体の広告自主基準を批判>

 消費生活コンサルタントの森田満樹氏は、機能性表示食品制度をめぐる直近の動向を報告した。業界団体が公表した「『機能性表示食品』適正広告自主基準」に対し、「広告も問題があり、研究レビューのグラフを広告に使用するケースもある。それも、広告自主基準に入っていたりする」と批判。さらに、委員として参加している関与成分検討会について言及し、「こんなに問題が起きているのに、なぜ、業界は規制緩和を求めているのだろうか、という気持ちで検討会に参加している」と心情を明かした。

 森田氏は制度をめぐる問題点として、「品質にばらつきがある」、「科学的根拠の弱い商品が受理されている」、「分析方法が明らかにされず、第三者が確認できない」、「一般向け公開情報がわかりにくい」などを列挙した。

 このほか、科学者委員会の評価対象となったキリン(株)などの関係者も参加。届出企業の立場から、ASCONの取り組みなどに対するコメントを寄せた。

【木村 祐作】

おススメ記事

コカ・コーラ、『リアルゴールド』に新フレーバー

 全国のボトリング会社と(株)日本コカ・コーラ(東京都渋谷区、ホルヘ・ガルドゥニョ社長、TEL:0120-308509)で構成するコカ・コーラシステムは7月2日、乳性フレーバーをミックスした『リアルゴールド スーパーリフ […]

2018年06月21日

【7/25】「健全な市場流通を考える会」が公開討論会

 「健康食品・サプリメントの健全な市場流通を考える会」(唐木英明会長)は7月25日(午前10時から午後0時30分)、公開討論会「健康食品の健全な発展のために我々は何をしたらいいのか?」を東京ビッグサイト・西ホール会場内( […]

2018年06月21日

キリン、巨人軍とオフィシャル乳酸菌飲料サプライヤー契約

 キリン(株)(東京都中野区、磯崎功典社長)とキリンビバレッジ(株)(東京都中野区、堀口英樹社長)は20日、(株)読売巨人軍とオフィシャル乳酸菌飲料サプライヤー契約を締結したと発表した。乳酸菌を配合した飲料の提供により、 […]

2018年06月21日

全健協、通常総会・懇親会を開催

 特定非営利活動法人全日本健康自然食品協会は20日、通常総会・懇親会を如水会館(東京都千代田区)で開催した。参加者は約50人。通常総会で再任された杢谷正樹理事長は「変化の多いなか、明日への可能性を見つめて進展していく」と […]

成人年齢引き下げ、高校の消費者教育事例集を公表~消費者庁

<ネットトラブル、悪質商法、薬・食品などテーマに>  改正民法の施行により、成人年齢が18歳へ引き下げられることを踏まえ、消費者庁は20日、高校生向けの消費者教育教材「社会への扉」の活用事例集を公表した。2020年度まで […]