健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品検討会、大詰めを迎えた「栄養成分」の議論(4)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年09月02日

機能性表示食品検討会、大詰めを迎えた「栄養成分」の議論(4)

業界側の提案に対して反対意見が相次いだ

業界側の提案に対して反対意見が相次いだ

【解説】

<消費者の神経を逆なでする業界団体の提案>

 健康食品産業協議会が提案したビタミン・ミネラルを機能性表示食品制度に追加するという提案は、跡形も残らないくらいに“袋叩き”にあった。同じようなシーンをこれまでに何度見たことだろう。

 アカデミア委員や消費者代表委員の反発を食らうのは、提案内容がお粗末なためだ。ビタミン・ミネラル(単品)の新たな機能の表示を企業責任に委ねることはリスクがあると懸念しながら、その一方で、複数のビタミン・ミネラルの組み合わせについては表示を認めてほしいと要望。森田委員が批判したように、矛盾に満ちた提案だ。

 マルチビタミンのような複数のビタミン・ミネラルを配合した商品は、売れ筋となっている。「ビタミンA」や「ビタミンE」といった単品の商品をあきらめる代わりに、売れ筋である複合成分を組み合わせた商品を機能性表示食品として売りたい、という思惑が透けて見えてきそうだ。

 また、食事摂取基準に基づく栄養機能食品制度と、企業責任による機能性表示食品制度をミックスさせると、消費者が混乱するのは必至。このため、消費者代表委員らは制度の対象にビタミン・ミネラルを加えることに強く反対してきた。アカデミア委員も健康・栄養政策や制度設計の面から、各制度の役割を重視しながら丁寧に検討してきた。すでに議論が尽くされた感がある。

 それでも今回、協議会は栄養機能の「併記」を要望したわけである。消費者側やアカデミア側の神経を逆なでするような提案を続けて、果たして業界の利益につながるのかという疑問も湧いてくる。これに加え、業界関係者が政治家に手を回して政治圧力をかけたことで、消費者側・アカデミア側の反発はいっそう強まっている。

 ビタミン・ミネラルについては、大多数の委員が反対姿勢を鮮明にしている。業界代表委員は手を変え品を変えてお粗末な提案を続けてきたが、もはや見苦しいだけだ。同時に、業界団体としての能力を露呈したようにも見える。

 機能性表示食品制度のさらなる規制緩和に対し、多くの委員が警戒を強めているが、その土壌を生み出したのは健康食品業界であるとみられる。問題のある届出を行う企業が後を絶たないために、健康食品企業に対する信頼は高まらない。1日の会合では、企業の自己責任に、健康・栄養政策に直結する重要な問題を委ねるわけにはいかないとする意見も聞かれた。

 検討会では、ビタミン・ミネラルを制度に入れるべきではないという意見が圧倒的。そうした状況を作ったのは、不適切な提案を続けた業界団体だと言えそうだ。

(了)

【木村 祐作】

おススメ記事

雪メグ、家庭用マーガリンのパッケージ変更

 雪印メグミルク(株)(本社:東京都新宿区、西尾啓治社長)は26日、家庭用マーガリン類・ショートニングの全12商品のパッケージデザインを変更すると発表した。新パッケージの商品は5月中旬から順次出荷する。  「雪印メグミル […]

2018年04月27日

ファンケル3月期、大幅な増収増益に

 (株)ファンケル(本社:神奈川県横浜市、島田和幸社長)が26日に発表した2018年3月期決算(連結)は、売上高が1,090億1,900万円(前年比13.2%増)、営業利益が84億4,800万円(同276.4%増)の増収 […]

厚労省、食薬区分を改正

 厚生労働省はこのほど、通知「無承認無許可医薬品の指導取り締まりについて」(46通知)で定める医薬品の範囲に関する基準(食薬区分)を改正した。  「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)リ […]

消費者庁のセカンドオピニオン事業、昨年度は48件実施

<ルテイン、テアニン、グルコサミンなど対象に>  健康食品の機能性などを専門家が検証する消費者庁の「セカンドオピニオン事業」は、2016年度に34件、17年度に48件が実施された。厚生労働省が2月に開催した全国生活衛生・ […]

森永乳業、国連「グローバル・コンパクト」に署名

 森永乳業(株)(本社:東京都港区、宮原道夫社長)は26日、CSRの取り組みを推進するため、「国連グローバル・コンパクト(UNGC)」に署名したと発表した。  UNGCは、各企業・団体が社会の一員として行動し、持続可能な […]