健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品検討会、大詰めを迎えた「栄養成分」の議論(3)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年09月01日

機能性表示食品検討会、大詰めを迎えた「栄養成分」の議論(3)

糖質・糖類については制度に追加する方向となった

糖質・糖類については制度に追加する方向となった

<「糖質・糖類」は追加へ、安全性評価など検討>

 1日開催の第8回検討会では、機能性表示食品制度の対象に「糖質・糖類」を追加する方向で議論が進んだ。消費者庁(案)で、対象とする糖質・糖類の範囲や、安全性評価の方法などが示された。

 制度の対象とする糖質・糖類の範囲は、主にエネルギー源となる成分を除いたものとしている。具体的には、デンプン・ブドウ糖・果糖・ガラクトース・ショ糖・乳糖・麦芽糖を対象から除外する方針。これらに加えて、吉田宗弘委員(関西大学化学生命工学部教授)が指摘したグリコーゲンも除外する方向となった。また、「合成物質を除くことを前提としてほしい」(合田委員)との意見も出た。

 消費者庁(案)では、食品安全委員会で安全性が評価されていない糖質・糖類の安全性の評価方法を提示。「喫食実績による食経験の評価+既存情報による安全性試験の評価」または「喫食実績による食経験の評価+安全性試験の実施による評価」を要件とする考えを示した。

 この案に対し、各委員からは「『または』ではなくて、『および』にしてほしい」(森田委員)、「錠剤・カプセルとその他の食品を明確に分けるべき」(梅垣委員)など、多様な意見が寄せられた。

 品質管理や表示事項は原則、現行制度と同様の要件とする方向となった。ただし、関与成分の糖質・糖類が、ブドウ糖などとともにシロップ原料となっている場合、過剰摂取を招かないように摂取上の注意事項として、「毎日の暮らしのなかで食べるものと置き換える」などと表示する考えだ。

 情報開示のあり方では、関与成分(糖質・糖類)の定量分析方法に関する資料の開示、または、分析方法に関する査読付き論文や公定法を届出資料として開示する案が示された。これに対し、合田委員は「できれば原料と最終商品の両方の方法を公開することが望ましい」と求めた。業界代表の関口委員も「その方向で考えている」と説明した。

 寺本座長は「今回の意見を整理して、最終報告案を作りたい」と締めくくった。

(つづく)

【木村 祐作】

おススメ記事

消費者庁、SAKLIKITに景表法に基づく措置命令

 下着を着用するだけで、短期間に著しい痩身効果を得られると誤認させる広告を行ったとして、消費者庁は14日、(株)SAKLIKIT(大阪市中央区、安井由佳代表)に対し、景品表示法に基づく措置命令を出した。  同社は自社のウ […]

2017年12月14日

【2018/2/5】愛媛県が食品表示・安全講習会

 愛媛県は来年2月5日、食品表示・安全に関する講習会をテクノプラザ愛媛テクノホール(愛媛県松山市)で開催する。定員200人、参加費は無料。  プログラムは、県からの情報提供「食べ物の安全性について~リスクとうまく付き合う […]

鹿児島くみあい食品、賞味期限切れの漬物を自主回収

 (一財)食品産業センターの食品事故情報告知ネットは13日、鹿児島くみあい食品(株)による漬物の自主回収情報を掲載した。  今月9日に開催されたイベントの「屋外特設テント」で、賞味期限が切れた『寒干し かつお風味たくあん […]

2017年12月14日

大塚製薬、コーポレートサイトを刷新

 大塚製薬(株)は13日、使いやすさと見やすさを向上させるため、コーポレートサイトを全面リニューアルしたと発表した。  レスポンシブウェブデザインを採用し、パソコンやスマートフォン、タブレットなど多様なデバイスの画面サイ […]

島根県、若者のマルチ商法被害で注意喚起

 島根県消費者センターは13日、若者の間でマルチ商法による被害が広がっていることを受けて、「親しい間柄でもはっきりと断る」ことが必要とする注意喚起を行った。  相談事例として、20代の女性が大学時代の先輩に勧められて、浄 […]