健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品検討会、大詰めを迎えた「栄養成分」の議論(2)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年09月01日

機能性表示食品検討会、大詰めを迎えた「栄養成分」の議論(2)

ビタミン・ミネラル問題について検討

ビタミン・ミネラル問題について検討

<消費者代表委員「非常にトリッキーな提案」と批判>

 ビタミン・ミネラルについて、「複数成分の組み合わせ」による新たな機能性を表示するという健康食品産業協議会の提案に対しても、多数の委員が猛烈に反対した。

 田口委員は「複数成分の組み合わせによる3次機能の表示は、高度な問題である。難しい問題を各社の判断に任せて、届出資料のみをチェックするのは、消費者から見ると極めて危険」と指摘。「このため、ビタミン・ミネラルについては、栄養機能食品制度のなかで専門的に検討することになる」と述べた。さらに、協議会が個々のビタミン・ミネラルについて、栄養機能食品制度の枠組みのなかで検討することを提案しておきながら、「提案(2)(複数成分の組み合わせ)だけを切り離して機能性表示食品制度に入れることは、消費者にとって理解しにくい」と批判した。

 森田満樹委員(消費生活コンサルタント)も、協議会は、個々(単品)のビタミン・ミネラルの新たな機能性の表示を企業責任に委ねることはリスクがあるとしておきながら、複数成分の組み合わせによる新たな機能性の表示を要望することに矛盾を感じると述べた。「単品は懸念するが、マルチのビタミンによる新たな機能ならよいのか」と皮肉った。

 また、合田幸広委員(国立医薬品食品衛生研究所薬品部長)は、「このパターンは特定保健用食品(トクホ)で行うべきである」との見解を示した。寺本座長は「栄養機能食品、トクホを侵食するかたちで機能性表示食品制度に入れると、制度設計がおかしくなる。機能性表示食品制度として持つべき食品の考え方に、もう一度立ち戻った方がよい」と話した。

 協議会の提案内容に怒りを隠せなかったのが、消費者代表委員の河野康子委員(全国消費者団体連絡会事務局長)。「非常にトリッキーな提案だと思う。制度にビタミン・ミネラルを入れるかどうかを議論しているときに、“並列”や“コンビネーション”などのかたちで既成事実として入れることは、(業界側は)『既に栄養機能食品でうたわれていることなので、表示しても何ら問題がない』ということだろうけど、消費者として驚いた。消費者にとって、混乱にしかつながらない提案は、ぜひ考え直してほしい」と訴えた。

 ほかにも、各委員から批判の声が上がった。佐々木敏委員(東京大学大学院医学系研究科教授)は、「食事摂取基準には、推奨量や目安量よりも(ビタミン・ミネラルを)たくさん摂取しても利益がないと書かれている。もし、機能を表示するのならば、それ以上摂取しても健康利益がないことも明記すべきである」と話した。梅垣委員も、「食事摂取基準を崩壊させるような制度になるのは好ましくない」と懸念した。

 3つ目の提案として、関口委員は「ビタミン・ミネラルの新たな表示を事業者の自己責任に委ねることはリスクがある」ことから、栄養機能食品制度の枠組みのなかで検討するように求めた。この提案については、機能性表示食品制度と無関係なことから、大筋で了承された。

 ビタミン・ミネラルについては、次回会合で引き続き議論することとなった。

(つづく)

【木村 祐作】

おススメ記事

昨年度のネット監視、健康食品表示で336業者に改善要請~消費者庁

 消費者庁はきょう(28日)、2016年度に実施したインターネット上の健康食品表示の監視により、合計336事業者に対して表示の改善を要請したと発表した。ショッピングモール運営事業者に対しても、表示の適正化を要請した。   […]

高橋貞光の通販講座第3弾、大阪で開催

 (株)データ・マックスはきょう(28日)、通信販売事業者を対象としたセミナー「成功する通信販売のつくり方」を大阪市内で開催した。通販企業や通販事業の立ち上げ、事業の刷新を考えている川上の事業者などが参加した。  講師を […]

日新製糖、ガラクトオリゴ糖配合商品を発売

 日新製糖(株)(本社:東京都中央区、樋口洋一社長)はこのほど、ガラクトオリゴ糖を主成分とする食品用糖質「カップオリゴ」を配合した液体タイプの『カップオリゴ(500g)』、打錠タイプの『ガラクトオリゴ糖錠剤(270粒)』 […]

ドーム、ホエイプロテインの新商品を発売

 (株)ドーム(本社:東京都江東区、安田秀一代表社長、TEL:0120-106-786)は5月9日、スポーツサプリメントブランドDNSから個包装タイプの『ホエイプロテインSP シングルパック』を発売する。  『――シング […]

カワチ薬品、17年3月期 前期比77%増の大幅増益に

 (株)カワチ薬品(本社:栃木県小山市、河内伸二社長)はこのほど、2017年3月期業績を発表した。売上高は前年比2.2%増の2,664億2,300万円、営業利益は同22.9%増の57億2,300万円、経常利益は同20.2 […]