健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品検討会、大詰めを迎えた「栄養成分」の議論(1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年09月01日

機能性表示食品検討会、大詰めを迎えた「栄養成分」の議論(1)

1日開催の第8回検討会の様子

1日開催の第8回検討会の様子

<木っ端微塵に砕け散った健康食品産業協議会の提案>

 消費者庁の「機能性表示食品制度における機能性関与成分の取扱い等に関する検討会」は1日、8回目の会合を開き、機能性表示食品制度の対象にビタミン・ミネラルなどの栄養成分を追加するかどうかを議論した。健康食品産業協議会会長の関口洋一委員によるビタミン・ミネラルを制度の対象に加えるという提案は、アカデミア委員や消費者代表委員の猛反発を受け、完全に退けられた。

 ビタミン・ミネラルについて関口委員は、(1)機能性表示食品に(栄養機能食品制度で定める)栄養機能の併記を認める、(2)機能性表示食品で成分の組み合わせによる3次機能の表示を認める、(3)各ビタミン・ミネラルの新たな機能について、栄養機能食品制度の枠組みのなかで検討する――の3点を要望した。

 (1)は、機能性表示食品制度の対象にビタミン・ミネラルを加えた上で、栄養機能食品の上限量と表示内容に従って表記するという提案。(2)は、「複数のビタミンやミネラルの組み合わせ」や「機能性関与成分とビタミン・ミネラルの組み合わせ」による新たな機能を表示するというもの。(3)は、個々(単品)のビタミン・ミネラルについて、栄養機能食品制度の表示内容の拡充を検討するという要望だ。

 (1)の「併記」案に対し、アカデミア委員や消費者代表委員は一斉に反発。座長の寺本民生委員(帝京大学臨床研究センター長)は、「慎重であるべきと思う。(栄養機能食品制度が)混在すると曖昧になるので、気をつけるべきだ」と釘を刺した。田口義明委員(名古屋経済大学教授)は、「関口委員の説明だと、栄養機能食品でないのに栄養機能食品の表示を認めて、しかも機能性表示食品としての表示となる。とても理解できない。消費者にとっては、混乱以外の何者でもない」と痛烈に批判。

 また、梅垣敬三委員(国立健康・栄養研究所情報センター長)は、「消費者のための機能性表示食品制度であり、わかりやすくないといけない。消費者団体(の委員ら)がずっと反対しているのにも関わらず、こうした議論が出てくるのは不思議に思う」と業界の提案に首をかしげた。

(つづく)

【木村 祐作】

 

おススメ記事

森永製菓、微炭酸の甘酒飲料を発売

 森永製菓(株)(本社:東京都港区、新井徹社長、TEL:0120-560-162)は22日、健康志向の炭酸飲料『スパークリング甘酒』を期間限定で発売する。  国産の酒粕と米麹をブレンドした甘酒を微炭酸に仕立てた。夏場の甘 […]

2018年05月21日

【5/24・25】「あおもりPG商品企画アカデミー」事業説明会

 青森県は24・25日、県内の企業を対象に「あおもりPG商品企画アカデミー」事業説明会を2会場で開催する。  「あおもりPG商品企画アカデミー」は、あおもりPG(プロテオグリカン)を使った健康食品や化粧品などの商品開発に […]

2018年05月21日

ミドリムシ粉末に筋委縮症状抑制作用の可能性

 (株)ユーグレナ(本社:東京都港区、出雲充社長)は18日、九州大学・立花宏文教授と行った動物実験により、ミドリムシ粉末に筋委縮症状の抑制作用があることが示唆されたと発表した。  ミドリムシ粉末を摂取させたマウス(ミドリ […]

新生薬品工業、胃腸薬を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは18日、新生薬品工業(株)(奈良県高市郡)による胃腸薬(第3類医薬品)の自主回収情報を公表した。  対象商品は『甘樫胃腸丸』(ロット:C04、D05・06・07・08・09)。外袋の効能ま […]

2018年05月21日

AIFN、食の安全テーマに記者向けセミナー開く

 国際栄養食品協会(AIFN)は18日、「食の安全を考える記者向け連続セミナー」の第1回目を都内で開催した。「食の安全もガラパゴス化?有機食品、食品添加物、健康食品の海外比較」をテーマに、AIFN関係者などが講演した。 […]