健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品検討会、大詰めを迎えた「栄養成分」の議論(1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年09月01日

機能性表示食品検討会、大詰めを迎えた「栄養成分」の議論(1)

1日開催の第8回検討会の様子

1日開催の第8回検討会の様子

<木っ端微塵に砕け散った健康食品産業協議会の提案>

 消費者庁の「機能性表示食品制度における機能性関与成分の取扱い等に関する検討会」は1日、8回目の会合を開き、機能性表示食品制度の対象にビタミン・ミネラルなどの栄養成分を追加するかどうかを議論した。健康食品産業協議会会長の関口洋一委員によるビタミン・ミネラルを制度の対象に加えるという提案は、アカデミア委員や消費者代表委員の猛反発を受け、完全に退けられた。

 ビタミン・ミネラルについて関口委員は、(1)機能性表示食品に(栄養機能食品制度で定める)栄養機能の併記を認める、(2)機能性表示食品で成分の組み合わせによる3次機能の表示を認める、(3)各ビタミン・ミネラルの新たな機能について、栄養機能食品制度の枠組みのなかで検討する――の3点を要望した。

 (1)は、機能性表示食品制度の対象にビタミン・ミネラルを加えた上で、栄養機能食品の上限量と表示内容に従って表記するという提案。(2)は、「複数のビタミンやミネラルの組み合わせ」や「機能性関与成分とビタミン・ミネラルの組み合わせ」による新たな機能を表示するというもの。(3)は、個々(単品)のビタミン・ミネラルについて、栄養機能食品制度の表示内容の拡充を検討するという要望だ。

 (1)の「併記」案に対し、アカデミア委員や消費者代表委員は一斉に反発。座長の寺本民生委員(帝京大学臨床研究センター長)は、「慎重であるべきと思う。(栄養機能食品制度が)混在すると曖昧になるので、気をつけるべきだ」と釘を刺した。田口義明委員(名古屋経済大学教授)は、「関口委員の説明だと、栄養機能食品でないのに栄養機能食品の表示を認めて、しかも機能性表示食品としての表示となる。とても理解できない。消費者にとっては、混乱以外の何者でもない」と痛烈に批判。

 また、梅垣敬三委員(国立健康・栄養研究所情報センター長)は、「消費者のための機能性表示食品制度であり、わかりやすくないといけない。消費者団体(の委員ら)がずっと反対しているのにも関わらず、こうした議論が出てくるのは不思議に思う」と業界の提案に首をかしげた。

(つづく)

【木村 祐作】

 

おススメ記事

日本アムウェイ、『トリプルX』をリニューアル

 日本アムウェイ(合同)(本社:東京都渋谷区、ピーター・ストライダム社長、TEL:0120-123-777)は23日、ニュートリライトブランドのサプリメント『トリプルX』をリニューアル発売した。  厳選した21種類の原料 […]

2017年08月23日

乳酸菌LJ88ラボ、ホームページを開設

 乳酸菌LJ88ラボ(東京都千代田区)はこのほど、人の胃液から発見された乳酸菌「LJ88(ラクトバチルス・ジョンソニィNo.1088)」について解説したホームページ(HP)を立ち上げた。  HPでは、LJ88に関する機能 […]

マルエツの「いーとぴあ」、栄養ケア・ステーションに認定

 (株)マルエツは22日、同社が運営する料理&カルチャー教室「いーとぴあ」(埼玉県蕨市)が、(公社)日本栄養士会が展開する「栄養ケア・ステーション」として認定されたと発表した。スーパーマーケット業界で初の認定となった。 […]

『ヤクルトの国産ケール青汁』を発売

 ヤクルトヘルスフーズ(株)(本社:大分県豊後高田市、筒井博之社長、TEL:0120-929-214)は9月25日、『ヤクルトの国産ケール青汁』(30袋)を発売する。  大分県国東半島とその周辺地域で栽培されたケールを使 […]

2017年08月23日

【9/24】「アドバイザリースタッフ」をテーマにセミナー

 アドバイザリースタッフ研究会は(一財)医療経済研究・社会保険福祉協会(社福協)と共催で9月24日、「アドバイザリースタッフは一般の方に何を提供できるのか~健康食品相談から見えてくる課題~」をテーマとするセミナーを日比谷 […]