健康情報ニュース.com >  健康食品  > 学術 > ガセリ菌SP株による寿命延命効果の作用メカニズムを研究
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年08月18日

ガセリ菌SP株による寿命延命効果の作用メカニズムを研究

 雪印メグミルク(株)(本社:東京都新宿区、西尾啓治社長)はこのほど、ガセリ菌SP株による寿命延命効果の作用メカニズムを突き止めたと発表した。

 試験は、マウス胎仔繊維芽細胞に酸化ストレス物質のみと、同物質とガセリ菌SP株を添加し、24時間培養後に、細胞生存率と活性酸素の蓄積量を調べた。また、マウス胎仔繊維芽細胞の培養液中にガセリ菌SP株を添加し、Nrf2とNrf2によって制御される遺伝子HO-1、Nqo1、Gclcの発現量の変化を測定した。

 試験では、細胞培養液に酸化ストレス物質を添加すると細胞の生存率が低下し、活性酸素の蓄積が認められた。一方、ガセリ菌SP株を同時に添加すると、生存率の低下と活性酸素の蓄積が抑制された。この結果から、ガセリ菌SP株はマウスの細胞に対し、抗酸化作用を示すことが確認されたとしている。

 また、ガセリ菌SP株は、Nrf2によって制御される遺伝子の発現量を増加させた。この系にJNK阻害剤を作用させると、ガセリ菌SP株によるNrf2の発現量、HO-1、Nqo1、Gclcの発現量の上昇が抑制されたという。

 試験の結果から、ガセリ菌SP株はマウス培養細胞のJNKシグナル伝達経路を介して、転写因子Nrf2による酸化ストレス応答を亢進させる可能性が示唆されたとしている。

おススメ記事

レミスティック東京、お詫び広告を掲載

 (独)国民生活センターは22日、小顔矯正施術の表示で、景品表示法に基づく措置命令を受けたレミスティック東京が、新聞などに「お詫び広告」を掲載したと発表した。  レミスティック東京は、例えば2015年7月7日~16年1月 […]

2018年06月25日

消費者庁、機能性表示食品の届出4件公表

 消費者庁は22日、機能性表示食品の届出4件を公表した。公表件数は合計1,392件となった。  大正製薬(株)はサプリメント3件の届出が公表された。『中性脂肪やコレステロールが気になる方のタブレット』と『コレス&ミドルケ […]

2018年06月22日

【7/13】食安委「みんなのための食品安全勉強会」

 食品安全委員会は7月13日、一般消費者を対象とした基礎講座「みんなのための食品安全勉強会」をUMEDAI大阪梅田(大阪市北区)で開催する。定員は50人程度。参加費は無料。  食品安全の基本や、食中毒の原因となる細菌やウ […]

2018年06月22日

インデナジャパン、『ベルガモットエキス』を発売

 インデナジャパン(株)は21日、健康食品素材の『ベルガモットエキス』を発売すると発表した。  ベルガモットは、イタリア・カラブリア地方の柑橘類に属する植物であるシトラスベルガミアで、紅茶のアールグレイの香料などに使用さ […]

豪州、3製品から医薬品成分を検出

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所はこのほど、オーストラリア保健省薬品・医薬品行政局(TGA)が医薬品成分を含む健康食品について注意喚起したことを公表した。  『Bulbao Male Enhancer tablets […]