健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品検討会、関与成分が明確でない食品の方向性(中)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年08月04日

機能性表示食品検討会、関与成分が明確でない食品の方向性(中)

<関与成分以外のものを入れない点も要件に>

 消費者庁は管理指標の要件(案)として、(1)複数の成分を設定できる、(2)当該食品に特徴的な成分である、(3)少なくとも1つの管理指標について、機能性に関する作用機序が考察されている――ことを提示。

 エキス(抽出物)の定性確認で求められる方策として、「規格の設定」と「複数ロットでの分析」を挙げた。最終商品の定性確認で求められる方策は、「パターン分析などの実施」と「複数ロットでの分析」。また、定量確認で必要な方策として、「最終商品における管理指標の分析方法の妥当性を検証」、「最終商品における複数ロットでの分析」、「最終商品を用いた試験の実施」を列挙した。

クラス1・2を制度の対象に加える方向で検討された

クラス1・2を制度の対象に加える方向で検討された

 梅垣委員は「(関与成分以外の)複数のものが入ると、管理指標が意味を成さなくなる。管理指標は関与成分の1つでなければならないと明記しないと、後で管理指標を添加することもできる」と指摘。「エキスの場合、関与成分以外のものを入れないことを規定しないと、パターン分析もできなくなってしまう」と懸念した。合田委員も、賦形剤以外の使用を認めないこととし、「消費者を誤認させるものは入れられないというルールを明確化すれば、ある程度のコントロールも可能」と述べた。

 これらの議論を踏まえて、寺本民生座長(帝京大学臨床研究センター長)は、「最終商品で安全性が確認されることが大切なポイントとなる。また、関与成分以外のものが入っていないことも重要」とまとめた。

 

<届出様式を厳格化、受理された商品も修正届出を>

 試験で用いた食品と最終商品の安全性・機能性の同等性を確保するための方策も議題に上った。合田委員は「サプリメント形状の食品であっても、システマティック・レビューによる場合には、溶出試験を行わないとまずい。ホールで議論する場合には、溶出のパターンまで同一といえることが大事」と主張。加えて、含量均一性試験の議論も必要とした。

 また各委員から、厳しい品質管理が要求されることに合わせて、エキス(抽出物)の届出様式についても、現行よりも厳格な内容を求める意見が聞かれた。寺本座長は「現行制度とクラス1・2を分離させて、(両者が)違うということになる」との認識を示した。

 迫和子委員(日本栄養士会専務理事)は、「既に受理されている商品(のうちクラス1・2に該当するもの)についても、検討会で決まった内容を補充させるべき」と要望。消費者庁の担当課は、「品質管理で何を求めるのかが決まれば、変更届出を出してもらうことになる」と答えた。

 このほか、業界代表委員からは、健康食品GMPの取り組みを強化する考えが示された。これに対し、合田委員は「機能性の観点も加えたGMPで(届出を)出してもらうことが重要」と注文を付けた。

(つづく)

【木村 祐作】

おススメ記事

2018年06月29日

【7/18】消費者行政新未来創造オフィスシンポジウム

 消費者庁は7月18日、「消費者行政新未来創造オフィス・愛媛県・愛媛大学シンポジウム」を愛媛大学・南加記念ホール(愛媛県松山市)で開催する。定員250人、参加費は無料。  プログラムは「食べきり侍 参上!」、「学生が運営 […]

伊藤園、ポケモンパッケージの『ポケットべジ』発売

 (株)伊藤園(東京都渋谷区、本庄大介社長、TEL:0800-100-1100)は7月2日、(株)ポケモン(東京都港区、石原恒和社長)とタイアップし、パッケージにポケモンたちをデザインした野菜・果実ミックス飲料『充実野菜 […]

永谷園、黄金しじみエキス配合のみそ汁を数量限定発売

 (株)永谷園(東京都港区、飯塚弦二朗社長)は7月から、黄金しじみエキスを配合した『1杯でしじみ70個分のちから みそ汁』『――塩分控えめ』を数量限定で順次発売する。黄金しじみは、台湾の花蓮にある水産養殖専業区で育てられ […]

ル・パティシエヨコヤマ、洋菓子を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは28日、(有)ル・パティシエヨコヤマ(千葉県習志野市)による洋菓子の自主回収情報を掲載した。  対象商品は『谷津干潟の卵』。アレルゲン(小麦)の記載漏れのため、自主回収している。連絡先はT […]

2018年06月29日

ビフィズス菌が産生する酸に新たな作用

 協同乳業(株)(東京都中央区、尾崎玲社長)は28日、腸内ポリアミンが複数の腸内細菌の代謝経路を経由して生合成され、その生合成経路はビフィズス菌などが産生する酸によって作動することを確認したと発表した。研究成果は学術誌『 […]