健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品シンポ、阿南氏・森下氏・矢澤氏が意見交換
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年08月02日

機能性表示食品シンポ、阿南氏・森下氏・矢澤氏が意見交換

制度の課題と今後について意見交換が行われた(2日)

制度の課題と今後について意見交換が行われた(2日)

 機能性表示食品シンポジウムがきょう(2日)、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催中の「ウェルネスフードジャパン2016」の会場内で開かれ、前消費者庁長官の阿南久氏(消費者市民社会をつくる会代表理事)、規制改革会議委員の森下竜一氏(大阪大学大学院教授)、「日本を健康にする!」研究会会長の矢澤一良氏(早稲田大学教授)によるパネルディスカッションが行われた。

 制度を育て上げるために、矢澤氏は「行政には検証事業にもっと力を入れてほしい。企業にはサイエンスに対する高いモラルを求めたい」と要望。アカデミアの立場から、「(届出情報の)おかしな点については目をつぶるわけにはいかない。研究者からの発信を事業者は受け止めてほしい」と求めた。

 森下氏は、「機能性表示食品制度は事後規制への挑戦である。事後規制は『消費者は賢い』という考え方を前提としたもの」とし、行政のあり方で新たな時代を迎えたと指摘した。

 これに対して阿南氏も、「消費者自身も事後チェックを行う1人になれる。制度を育てる点で、消費者が主役となる方向へのターニングポイントとなった」と同様の考え方を示した。消費者の適切な商品選択のために、「店頭での販促や企業の宣伝の仕方が大切となる。ガイドラインの枠を外れずに宣伝している情報はよいと思う」と述べた。

【木村 祐作】

おススメ記事

2017年05月29日

健康食品産業協議会、木村会長が再登板

<4分科会で機能性表示食品制度に対応>  (一社)健康食品産業協議会は26日、総会後の講演会で、新たに就任した木村毅会長をトップとする新体制と、2017年度の活動方針を発表した。  木村氏(サプリメント・エブセクティブ会 […]

2017年05月29日

【7/22】データ・マックス、通販ビジネス6カ月集中講座(レベル2)キックオフ

 (株)データ・マックスは7月22日、高橋貞光の通販講座シリーズを都内で開講する。本講座は「成功する通信販売のつくり方 6カ月集中講座(レベル2)」。3月23日(東京)、4月28日(大阪)、5月15日(福岡)で開催した実 […]

2017年05月29日

マツモト交商、乳清由来の新原料「ラクトセラム」を発売

  (株)マツモト交商(本社:東京都中央区、松本俊亮社長、TEL:03-3241-5164)はこのほど、健康食品原料の『ラクトセラム』の供給を開始した。  同原料は、かつて第3類医薬品として使用されていたが、2011年の […]

消費者庁、無資格の医業類似行為に警鐘

 消費者庁は26日、「整体」「カイロプラクティック」などの法的な資格制度がない医業類似行為の手技による事故情報が1,483件寄せられていると発表した。治療期間が1カ月以上となる神経・脊髄の損傷などの深刻な事故も240件を […]

今村彰啓著の電子書籍『できる男のスキンケア・ヘアケア』が発刊

<男性の肌・髪の10大悩みを化粧品で解決>  ごきげんビジネス出版(運営元:スターティアラボ(株)、北村健一社長)はきょう(29日)、男性向けスキンケア・ヘアケアの対処法をまとめた電子書籍『できる男のスキンケア・ヘアケア […]