健康情報ニュース.com >  健康食品  > 八幡物産の回答届く~「同等性の考察に問題なし」「統計解析の解釈の相違」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

八幡物産の回答届く~「同等性の考察に問題なし」「統計解析の解釈の相違」

 日本アントシアニン研究会が13日、ホームページ上で公表した書面「八幡物産株式会社『北の国から届いたブルーベリー』(機能性表示食品届出番号A164)についての申入れに対する同社からの見解について」に対する八幡物産の見解が20日、データ・マックス編集部に届いた。

 同研究会の13日付の書面は、「健康情報ニュース」が12日付でウェブサイトに掲載した「アントシアニン研究会と八幡物産、機能性表示食品の届出情報をめぐり対立」を受けるかたちで、掲載した八幡物産の見解に対する研究会側の考えを述べている。取材に対して八幡物産は20日、研究会のコメントに対する回答を示した。

 回答のなかで八幡物産は、同研究会の「機能性関与成分アントシアニン以外の部分も重要である」とする主張を「まるで同一性を要求されているかのように思われる」とし、「弊社は、ガイドラインに則った観点から、ビルベリーエキスの同等性についての考察を行い、機能性表示食品として届出を行っている。 同等性の考察については問題ない」と研究会の主張を退けている。
 
 また、研究会が八幡物産の採択文献について、「プラセボ群と比較した RCT において、ビルベリーエキスの摂取により、眼精疲労自覚症状について有意に改善されるという推論が否定されている」と主張していることに対しては、八幡側と同研究会側との「統計解析の結果における解釈の相違と考える」とし、同社は「 採用文献の内容を忠実に引用しており、事実に反するものではない」としている。

 さらに、研究会が6月6日付で八幡物産に提出したとされる「全21ページに及ぶ回答書」については、「どこに学術的な誤りや不備があるのかについての具体的な指摘やデータの提示がなく、採用文献に対する解釈の仕方やビルベリーエキスの有効性や同等性などについての批評と主張を繰り返されるのみで、学術的な見解とは受け取れなかった」と判断した上で、「学術的な意見や回答はもらったことはない」とのコメントを出すに至ったと説明している。

 八幡物産は届出の正当性を強く主張する一方で、仮処分命令の申し立てを取り下げた理由は何か。同社は取材に対して、「日本アントシアニン研究会が公表しているような『有効な反論をすることに失敗した』ということではなく、あくまで公表することを差し止める仮処分の取り下げを行っただけで、現在、弁護士と協議を行っている」と回答。「21ページに及ぶ回答書」についても開示しないとしている。

01_s


本年7月13日付の日本アントシアニン研究会HP掲載に関するお問い合わせについて

02_s

八幡物産株式会社「北の国から届いたブルーベリー」(機能性表示食品届出番号A164)についての申入れに対する同社からの見解について

※クリックで拡大

【田代 宏】

おススメ記事

2017年06月27日

JIHFS、GMPテーマに記念講演会を開催

 (一社)日本健康食品規格協会(JIHFS、池田秀子理事長)は26日、第8回定期総会の記念講演会を学士会館(東京都千代田区)で開催した。  同協会顧問でGMP審査会委員長の谷本剛氏が、「健康食品の品質確保等の考え方及びそ […]

サツドラHD、5月期決算を発表

 サツドラホールディングス(株)(本社:北海道札幌市、富山浩樹社長)はこのほど、2017年5月期決算が売上高878億4,400万円、営業利益13億1,800万円、経常利益13億3,300万円、当期利益7億800万円となっ […]

消費者委員会、「課徴金を適格消費者団体の運用に」と要望

 消費者委員会は27日、景品表示法に基づく課徴金制度の運用方法について議論した。出席した委員からは、納付された課徴金の使途を見直すように求める意見が聞かれた。  消費者庁の担当課は、昨年4月の施行後、三菱自動車工業や日本 […]

カネリョウ海藻、天草の海で養殖したワカメ販売

 カネリョウ海藻(株)(本社:熊本県宇土市、高木良樹社長、TEL:0120-37-4008)はこのほど、地元天草の海で養殖した同社オリジナルの塩蔵ワカメ『つなぐわかめ』(200g、20g×10袋入り)を同社の通販「おかげ […]

2017年06月27日

ビーエイチエヌ、「イチョウ葉エキス」で機能性表示食品を提案中

 ビーエイチエヌ(株)(本社:東京都千代田区、石原健夫社長、TEL:03-5281-5661)は、システマティック・レビュー(SR)に対応した機能性表示食品のサポートに力を入れている。  「イチョウ葉エキス」については、 […]