健康情報ニュース.com >  健康食品  > 八幡物産の回答届く~「同等性の考察に問題なし」「統計解析の解釈の相違」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

八幡物産の回答届く~「同等性の考察に問題なし」「統計解析の解釈の相違」

 日本アントシアニン研究会が13日、ホームページ上で公表した書面「八幡物産株式会社『北の国から届いたブルーベリー』(機能性表示食品届出番号A164)についての申入れに対する同社からの見解について」に対する八幡物産の見解が20日、データ・マックス編集部に届いた。

 同研究会の13日付の書面は、「健康情報ニュース」が12日付でウェブサイトに掲載した「アントシアニン研究会と八幡物産、機能性表示食品の届出情報をめぐり対立」を受けるかたちで、掲載した八幡物産の見解に対する研究会側の考えを述べている。取材に対して八幡物産は20日、研究会のコメントに対する回答を示した。

 回答のなかで八幡物産は、同研究会の「機能性関与成分アントシアニン以外の部分も重要である」とする主張を「まるで同一性を要求されているかのように思われる」とし、「弊社は、ガイドラインに則った観点から、ビルベリーエキスの同等性についての考察を行い、機能性表示食品として届出を行っている。 同等性の考察については問題ない」と研究会の主張を退けている。
 
 また、研究会が八幡物産の採択文献について、「プラセボ群と比較した RCT において、ビルベリーエキスの摂取により、眼精疲労自覚症状について有意に改善されるという推論が否定されている」と主張していることに対しては、八幡側と同研究会側との「統計解析の結果における解釈の相違と考える」とし、同社は「 採用文献の内容を忠実に引用しており、事実に反するものではない」としている。

 さらに、研究会が6月6日付で八幡物産に提出したとされる「全21ページに及ぶ回答書」については、「どこに学術的な誤りや不備があるのかについての具体的な指摘やデータの提示がなく、採用文献に対する解釈の仕方やビルベリーエキスの有効性や同等性などについての批評と主張を繰り返されるのみで、学術的な見解とは受け取れなかった」と判断した上で、「学術的な意見や回答はもらったことはない」とのコメントを出すに至ったと説明している。

 八幡物産は届出の正当性を強く主張する一方で、仮処分命令の申し立てを取り下げた理由は何か。同社は取材に対して、「日本アントシアニン研究会が公表しているような『有効な反論をすることに失敗した』ということではなく、あくまで公表することを差し止める仮処分の取り下げを行っただけで、現在、弁護士と協議を行っている」と回答。「21ページに及ぶ回答書」についても開示しないとしている。

01_s


本年7月13日付の日本アントシアニン研究会HP掲載に関するお問い合わせについて

02_s

八幡物産株式会社「北の国から届いたブルーベリー」(機能性表示食品届出番号A164)についての申入れに対する同社からの見解について

※クリックで拡大

【田代 宏】

おススメ記事

ナリス化粧品、『食べるシェイクPLUS』発売

 (株)ナリス化粧品(本社:大阪市福島区、村岡弘義社長、TEL:0120-71-9000)は5月21日、スーパーフードが入った『食べるシェイクPLUS 味わい抹茶』、『――香ばしカフェオレ』、『――クリーミー苺』(33g […]

2017年04月28日

消費者庁、機能性表示食品で2件受理

 消費者庁は27日、機能性表示食品で新たに2件の届出を受理した(総受理件数883件)。受理されたのは、(株)山城物産のインスタントルイボスティー『Sleepルイボスティー』『――スティック』。  2件ともGABAを関与成 […]

2017年04月27日

大栄トレーディング、田七人参の販売に注力

 大栄トレーディング(株)(本社:東京都豊島区、海南真太郎社長)は、田七人参の販売に注力する。販売を開始して今年で20周年を迎えた。同社では「提携農場で栽培、収穫し、中国・昆明の自社工場で製造しているため、栽培から加工販 […]

2017年04月27日

機能性表示食品「えんきん」シリーズの売上高68億円を計画~ファンケル

 (株)ファンケル(本社:神奈川県横浜市、島田和幸社長)はきょう(27日)、決算説明会を都内で開き、2017年3月期決算が増収増益になったと発表した。栄養補助食品事業は機能性表示食品『えんきん』などが牽引し、今期も10品 […]

2017年04月27日

キューサイ、新社長就任による新体制の裏側に何が?

 キューサイ(株)(本社:福岡市中央区)はこのほど、代表取締役の藤野孝氏ほか取締役全員が辞任。前執行役員通販統括部担当兼通販統括部長の神戸聡氏が代表取締役に就く新体制を敷いたことで、業界内では物議を醸している。  取締役 […]