健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > アントシアニン研究会と八幡物産、機能性表示食品の届出情報をめぐり対立
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年07月12日

アントシアニン研究会と八幡物産、機能性表示食品の届出情報をめぐり対立

 機能性表示食品の届出情報をめぐって、日本アントシアニン研究会(矢澤一良会長)と八幡物産(株)(本社:鳥取県米子市、八幡清志代表)が鋭く対立している。

 日本アントシアニン研究会はこのほど、八幡物産(株)の機能性表示食品『北の国から届いたブルーベリー』の届出情報について、「エビデンスに裏付けられたものではない」との見解を同研究会のホームページ上で公表した。

 同研究会が問題にしたのは、「研究レビューの作成の際に採択した文献で用いられているビルベリーエキスと同品のビルベリーエキスの同等性が根拠付けられていない」、「機能性表示の内容が採択した文献の結論と矛盾している」とする2点。

 同研究会によれば、同品の届出を撤回するように同社に申し入れたが、「実質的な中身のある回答はなく、同品の販売が行われた」ため、八幡物産とのやり取りを公開することを検討するという内容の通知とともに改めて回答を求めたところ、3月31日付で、八幡物産側から東京地方裁判所に公開差し止めの仮処分が申し立てられたとしている。
 その後、5月11・24日、6月16日の3回にわたる審議を経た後、6月24日付で八幡物産が仮処分を取り下げたという。

 一方、取材に対して八幡物産は、「(日本アントシアニン研究会から)学術的な意見や回答をもらったことはなく、ビルベリーエキスの同等性と有効性の持論を一方的に主張されただけ。ホームページ上の主張も一方的な内容」と反論。「同品の届出に関して問題はない。取り下げはしない」と話している。現在、対応について弁護士と協議を進めているという。

1_s

八幡物産(株)『北の国から届いたブルーベリー』(機能性表示食品 届出番号 A164)についての申し入れについて

2_s


日本アントシアニン研究会に関する
お問合せについて

※クリックで拡大

【田代 宏】

おススメ記事

トマト減塩食が減塩評価指標を改善

 カゴメ(株)(本社:名古屋市中区、寺田直行社長)は25日、女子栄養大学との共同研究により、トマト減塩食を摂取することで、減塩効果指標(尿中ナトリウム/カリウム比)が大幅に改善することを確認したと発表した。  試験は、健 […]

2018年04月26日

ポーラ、シワ改善薬用化粧品の海外販売開始

 (株)ポーラ(本社:東京都品川区、横手喜一社長)は25日、シワを改善する薬用化粧品『リンクルショット メディカル セラム』の海外販売を6月15日から開始すると発表した。  同商品は昨年1月に発売され、同社では製造販売後 […]

福岡県、健康食品買上検査 3製品が法違反

 福岡県は25日、健康食品の買上検査を実施したところ、3製品から医薬品成分が検出されたと発表した。  県は昨年11月、インターネット上で販売されていた健康食品15製品を買い上げて、検査を実施。対象製品は痩身系7製品、強壮 […]

2018年04月26日

消費者庁、機能性表示食品の届出2件公表

 消費者庁は25日、機能性表示食品の届出2件を公表した。公表されている届出件数は合計1,348件となった。  ありだ農業協同組合の生鮮食品『有田みかん』はβ-クリプトキサンチンを含有し、「骨代謝の働きを助けることにより、 […]

「全国発酵食品サミット in NAGANO」委託者を募集

 長野県食品製造業振興ビジョン推進協議会は24日、今年11月16~18日まで開催する「全国発酵食品サミット in NAGANO」の業務委託者を公募型プロポーザル方式によって募集すると発表した。5月14日に事前説明会を開く […]