健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > アントシアニン研究会と八幡物産、機能性表示食品の届出情報をめぐり対立
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年07月12日

アントシアニン研究会と八幡物産、機能性表示食品の届出情報をめぐり対立

 機能性表示食品の届出情報をめぐって、日本アントシアニン研究会(矢澤一良会長)と八幡物産(株)(本社:鳥取県米子市、八幡清志代表)が鋭く対立している。

 日本アントシアニン研究会はこのほど、八幡物産(株)の機能性表示食品『北の国から届いたブルーベリー』の届出情報について、「エビデンスに裏付けられたものではない」との見解を同研究会のホームページ上で公表した。

 同研究会が問題にしたのは、「研究レビューの作成の際に採択した文献で用いられているビルベリーエキスと同品のビルベリーエキスの同等性が根拠付けられていない」、「機能性表示の内容が採択した文献の結論と矛盾している」とする2点。

 同研究会によれば、同品の届出を撤回するように同社に申し入れたが、「実質的な中身のある回答はなく、同品の販売が行われた」ため、八幡物産とのやり取りを公開することを検討するという内容の通知とともに改めて回答を求めたところ、3月31日付で、八幡物産側から東京地方裁判所に公開差し止めの仮処分が申し立てられたとしている。
 その後、5月11・24日、6月16日の3回にわたる審議を経た後、6月24日付で八幡物産が仮処分を取り下げたという。

 一方、取材に対して八幡物産は、「(日本アントシアニン研究会から)学術的な意見や回答をもらったことはなく、ビルベリーエキスの同等性と有効性の持論を一方的に主張されただけ。ホームページ上の主張も一方的な内容」と反論。「同品の届出に関して問題はない。取り下げはしない」と話している。現在、対応について弁護士と協議を進めているという。

1_s

八幡物産(株)『北の国から届いたブルーベリー』(機能性表示食品 届出番号 A164)についての申し入れについて

2_s


日本アントシアニン研究会に関する
お問合せについて

※クリックで拡大

【田代 宏】

おススメ記事

新日本製薬、ヨクイニン含有医薬品をリニューアル

 新日本製薬(株)(本社:福岡市中央区、後藤孝洋社長)は8月1日、ヨクイニン配合医薬品『ヨクイニン錠SH』をリニューアル発売する。新たに『オルジェパール』の商品名で販売する。  同品は、ハトムギ由来のヨクイニンから抽出し […]

同文書院、『健康食品・サプリメント 医薬品との相互作用事典』を刊行

 (株)同文書院(本社:東京都文京区、宇野文博社長)はきょう(25日)、日本医師会・薬剤師会・歯科医師会が総監修する『健康食品・サプリメント 医薬品との相互作用事典 2017-2018』を刊行した。  同書は、約 1,2 […]

2017年07月25日

SPORTEC2017、東京ビッグビッグサイトで開幕

 我が国最大のスポーツ・健康産業総合展示会「SPORTEC2017」がきょう(25日)開催された。食と健康をつなぐ食品・飲料・素材専門展「ウェルネスフードジャパン(WFJ)」、介護・リハビリ展「RE-CARE JAPAN […]

福井県、地産地消のスポーツ弁当を募集

 福井県では、弁当の製造販売事業者を対象に、福井米と県産食材で作る弁当を通年で募集している。「福井の地産地消のスポーツ弁当」として県に認定されると、認証のロゴマークを添付できる。  認証基準として、(1)主食に福井県米を […]

カフェイン過剰摂取のページ追加~消費者庁

 消費者庁は24日、食品安全に関する総合情報サイトに「食品に含まれるカフェインの過剰摂取について」のページを追加した。  食品安全委員会、厚生労働省、農林水産省が公表したカフェインの過剰摂取に関する情報などを掲載している […]