健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 消費者庁、SR検証事業「報告書」を公表(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年07月08日

消費者庁、SR検証事業「報告書」を公表(後)

<PICOに基づく結果を表示に反映>

 報告書では、システマティック・レビュー(SR)を適正に行うための注意事項を取りまとめた。その1つに、「多重検定」の問題を挙げた。メンタルの健康状態などでは、主要アウトカムのほかに多数の下位項目(例えば疲労など)があり、どれかの項目で偶然に有意差が生じることがあるという。偶然に有意差が出た副次アウトカムを主要アウトカムとして扱い、レビューが行われる可能性があると指摘。それを回避するためにも、SRの事前登録が必要としている。

 SRで採用する文献の研究デザインにも注意を促した。採用文献にランダム化クロスオーバー比較試験を含める場合は、1期目の介入の結果を持ち越す(キャリーオーバー)可能性があるため、留意するよう呼びかけた。

 検索のあり方については、不都合な一次研究を除外するために、検索式を工夫してヒットさせないように操作できる点に言及した。このため、機能性関与成分に対応したシソーラス(統制語)などを用いて、幅広く網羅できる検索を実施することが望ましいと提言している。

 機能性表示の内容にも留意するよう求めた。PI(E)COに基づいて得られた結果を表示に正確に反映させることが、もっとも重要と強調。「P(対象者)」であれば、性・年齢・身体特性など、レビューした一次研究からどのような対象と言えるのか。「O(アウトカム)」であれば、評価項目と表示内容が一致するかどうか、拡大解釈をしていないか、といった点に注意すべきとしている。

 また、利益相反の情報が記載されない場合、SRの結果を適切に解釈できなくなると懸念。報告の偏りを防ぐために、SRに関与した研究者の実名を掲載することが望ましいとした。監修料や指導料といった金銭の授受が生じたかどうかも、利益相反に関係するという。

 

<PRISMA声明チェックリストの項目番号などを本文に>

 報告書では、改善のためのポイントとして、適正な記述方法に言及。届出を検討する事業者に対し、PRISMA声明チェックリストの項目番号と項目名を本文中に入れることを奨励した。これにより、報告の質が確実に上がるとしている。

 さらに、SRでもプロトコール(研究計画)を適正に立てることが重要と指摘。これによって、研究の質が決定すると説明した。

 検証事業を通じて、これまでに受理された届出のSRには、問題を抱えるものが多数含まれることがわかった。今回取りまとめられた報告書は、制度の見直しに向けた検討や監視業務に、大きな影響を与えると予想される。

(了)

【木村 祐作】

おススメ記事

雪メグ、家庭用マーガリンのパッケージ変更

 雪印メグミルク(株)(本社:東京都新宿区、西尾啓治社長)は26日、家庭用マーガリン類・ショートニングの全12商品のパッケージデザインを変更すると発表した。新パッケージの商品は5月中旬から順次出荷する。  「雪印メグミル […]

2018年04月27日

ファンケル3月期、大幅な増収増益に

 (株)ファンケル(本社:神奈川県横浜市、島田和幸社長)が26日に発表した2018年3月期決算(連結)は、売上高が1,090億1,900万円(前年比13.2%増)、営業利益が84億4,800万円(同276.4%増)の増収 […]

厚労省、食薬区分を改正

 厚生労働省はこのほど、通知「無承認無許可医薬品の指導取り締まりについて」(46通知)で定める医薬品の範囲に関する基準(食薬区分)を改正した。  「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)リ […]

消費者庁のセカンドオピニオン事業、昨年度は48件実施

<ルテイン、テアニン、グルコサミンなど対象に>  健康食品の機能性などを専門家が検証する消費者庁の「セカンドオピニオン事業」は、2016年度に34件、17年度に48件が実施された。厚生労働省が2月に開催した全国生活衛生・ […]

森永乳業、国連「グローバル・コンパクト」に署名

 森永乳業(株)(本社:東京都港区、宮原道夫社長)は26日、CSRの取り組みを推進するため、「国連グローバル・コンパクト(UNGC)」に署名したと発表した。  UNGCは、各企業・団体が社会の一員として行動し、持続可能な […]