健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 板東長官、「研究レビューの質が制度の根幹を成す」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年07月04日

板東長官、「研究レビューの質が制度の根幹を成す」

200人以上の関係者が参加

200人以上の関係者が参加

<事後確認は食品表示法の「指示」「命令」などで対応>

 消費者庁の板東久美子長官は4日、都内で開かれたフォーラムで、機能性表示食品で届け出された研究レビューの検証事業に言及し、「研究レビューの質が制度の根幹を成す」と述べ、問題があれば法律に基づく行政処分を行う考えを示した。

 板東長官は、第37回社福協健康食品フォーラム「施行1年、機能性表示食品制度を振り返る」に講師として招かれ、「機能性表示食品制度の現状と展望」をテーマに講演した。

 機能性表示食品の事後確認について、(1)届出資料を基に寄せられる疑義情報、(2)届け出られた研究レビューの検証事業――などを踏まえて実施すると説明。問題が見つかれば、食品表示法に基づく指示・命令や、届出資料の修正などを指導するかたちで対応すると話した。

 研究レビューの検証事業の結果にも触れ、「PRISMA声明チェックリストに基づいた検証」では、不十分な研究レビューが半数以上を占めたことなどを紹介。また、機能性関与成分の定性確認に関する分析法や、定量確認に関する届出情報が不十分な場合には、追加資料を求めることも検討するとした。

 

<生鮮食品の機能性表示食品、初出荷価格が2割高に>

 農林水産省農林水産技術会議事務局研究推進課の高橋仁志課長は、「農林水産物の機能性表示食品に関する課題と展望」をテーマに講演。機能性表示食品の農林水産物の初出荷価格が、例年の2割弱高となったことを明らかにした。流通サイドから安定供給の要望があるため、今後は安定供給体制の確立にも取り組む考えを示した。

                            【越中 矢住子】

おススメ記事

2017年07月20日

【8/7】消費者行政新未来創造オフィス設立記念シンポジウム

 消費者庁と(独)国民生活センターは8月7日、「消費者行政新未来創造オフィス設立記念シンポジウム」を徳島グランヴィリオホテル(徳島市万代町)で開催する。  プログラムは基調講演「行政経済学、フィールド実験、消費者政策―― […]

ファンケル、発芽米のカレーセットを発売

 (株)ファンケル(本社:神奈川県横浜市、島田和幸社長、TEL:0120-750-210)は20日、『発芽米のために作ったカレーセット』(3食入り)を通信販売と直営店舗で発売する。数量限定で取り扱う。  発芽米のパックご […]

2017年07月20日

日本食品化工、低糖質ニーズで提案先を総菜・外食にも拡大

 日本食品化工(株)(東京都千代田区、鈴木慎一郎社長)は、食品素材の難消化性グルカン『フィットファイバー♯80』の提案先を惣菜・外食にも拡大する方針を示している。食物繊維に期待される“糖質低減”の役割がクローズアップされ […]

農水省、「GIマーク」使用ガイドラインを公表

 国が認定した食品に付与される「地理的表示(GI)マーク」の適正利用に向けて、農林水産省は19日、GIマークの使用に関するガイドラインを公表した。GIマークを広告やインターネット通販、外食メニューなどに使用する場合のルー […]

2017年07月20日

【7/25】RDサポート、WFJで無料セミナー開催

 (株)RDサポート(本社:東京都千代田区、大澤裕樹社長)は25日、特別セミナー「ウェルネスキャリアサミット~次代のビジネスパーソンに求められる資質とキャリア戦略~」を東京ビッグサイト(東京都江東区)の「ウェルネスフード […]